ブログタイトルを「ガーデンDIY図鑑」に変更しました

DIYで夢の庭を!女性1人でも初めてでもできるレンガの敷き方

レンガ敷きDIY
いつもの庭に少しレンガを取り入れるだけで、洋風の雰囲気が出てぐっとおしゃれ感が増します。しかし実際にレンガを敷こうと思っても、難しそうで諦めてしまっていませんか? ― いえいえ、コツさえ覚えれば意外とレンガを敷くのは簡単。1人で出来るレンガの敷き方をご紹介します。

スポンサーリンク

レンガを敷く場所

レンガを敷く場所
敷地内にある兄の家と我が家の間にある砂利のスペース。愛犬が庭で遊ぶ時に通るスペースでもあったので、砂利からレンガへ変更することに。

あまり大きなスペースをレンガに変えるのは大変な作業ですけど、1mぐらいの広さにレンガを敷くのであれば、慣れていなくても1日もあれば出来ることでしょう。女性1人で作ることも可能です。

1. 地面を10cm掘り下げる

10cm掘る
レンガを敷くためにはまず、地面を掘り下げることから始めます。掘る深さは約10cm。正確にはレンガの厚み+5cmほど。私が使うアンティークレンガが5cmだったので、それに5cm足して10cm平らに掘り下げました。

私はピッタリに作っていますが、本当は地面より少しだけ高くなるようにするのが理想的だそうなので、少しだけ浅めに掘っても良いかもしれません。

実際に掘ってみると、配管があったりコンクリートが埋まっていたりすることもあるので、事前にレンガを敷ける場所なのか掘っておくと良いと思います。ちなみに私も電気の線が通っていたけれど、ちょうど深さ10cm辺りだったのでセーフでした。

2. 砕石(さいせき)を3cm敷く

砕石を敷く
掘ったところに砕石を敷きます。砕石(さいせき)とは読んで字の如く細かく砕いた石のことで、これを敷くことによって地盤を安定させる役割を持っています。
時間が経つと雨などによって土が沈下していくため、そのままレンガを敷いてしまうとレンガが傾いたり埋まったりすることがあるので、必ず砕石を敷いてレンガを固定させなければなりません。

たくさん敷くほど安定度も増しますが、それほどたくさんの量も購入できないので、とりあえず3cmほど砕石を敷きました。これだけでも結構しっかりと固定されることでしょう。

3. 防草シートを敷く

防草シートを敷く
砕石の上に防草シートを被せました。本当は砕石の下に敷こうと思っていたのだけどうっかり忘れてしまっていて、ここで被せておきました。

砂利の下に敷いてあったので一応使い回しただけで、私的にはあったら便利だけれどなくても良いかなと思います。もちろん定期的な草むしりは必要になるかもしれないけれど、それほど生えまくると言うことはないと思うので…。

4. 砂を2cm敷く

砂を敷く
平滑にするために砂を敷きます。ホームセンターで1袋150円~200円程度で販売されているものを使用しています。
ここでしっかりと足で踏み均したりして砂を固め、尚且つ水平器を使ってできるだけ水平になるように敷きます。2cmほど敷き、砕石と足して5cmほどの基盤が出来ました。

5. 水平を取りながらレンガを並べる

レンガを並べる
ここからいよいよレンガ敷き。レンガには様々な敷き方のパターンがありますが、今回は1列ごとにレンガ半個ずつずれるランニングボンドと言う定番のパターンで敷くことにしました。難しくなく、初めての方には敷きやすい形です。

 
水平を取る
縦、横、それぞれ水平器を使って1個ずつレンガを並べていきます。砂が水平でないと水平にはならないので、先にしっかりと水平を測っておくことが必要です。
水平が取れない時は砂を付け足したり減らしたりしながら、しっかりと水平を取ります。少しずつずれていくと、最終的には斜めの地面になってしまうこともあるのでご注意を!

6. 端を残して全て敷く

レンガ並べる
1個まるごとレンガが入らないような端の部分は残し、並べられるところだけ先に全て並べておきます。レンガの道を作るような場合には、端をつけずに敢えてこのような形にする場合もありますが、今回は長方形のスペース全てにきっちりとレンガを入れていきます。

7. 小さいサイズのレンガを作る

レンガの割り方
ここで、端用の小さいサイズのレンガ作り。使うものは、金槌とレンガを切るためのレンガタガネと言う工具。

レンガの切りたい場所に線を描き、レンガタガネを当てて金槌で叩きます。これは意外と難しく、すんなりと綺麗に割れてくれないことが多いです。

1度に力を入れて割ろうとすると変な部分で割れてしまうことが多々あるので、4面全てに軽く溝をつけておき、その後その溝に垂直にレンガタガネを当て金槌で叩くと割と綺麗に割れると思います。最初は何度も失敗して、いくつも無駄にしてしまいました…。

8. 端用のレンガを埋め込む

レンガの隙間
レンガタガネがあれば思い通りのサイズのレンガを作ることができますね!これで端のあいていた部分を埋めていきます。パズルのようにピッタリと入る感覚はとても気持ちいい!

9. レンガ敷き完了

全面に敷いたレンガ
隙間なくピッタリとレンガとレンガをくっつけて作っても良いのですが、私は隙間を少しずつあけながら全面にレンガを敷いていきました。

10. 目地砂を入れる

目地砂
レンガを置いただけでは固定されていないので、目地砂を使ってレンガをきっちりと固定していきます。ほうきなどを使い、レンガとレンガの隙間(目地)に入れていきます。目地砂はとても粒が細かいため、目地にサラサラッと入り込んでくれますよ。

モルタルや固まる砂などを使って作る方法もあるけれど失敗した時にやり直しがきかないので、初めての方には目地砂を使う方法がお勧めです。

11. 水をかけて何度か繰り返す

水で固める
目地砂が目地に入ったら水をかけて固めます。そして上から再び目地砂を撒いて目地に流し込み、水をかけて固めます。この作業を何度か繰り返して、目地砂をしっかりと目地に入れます。

強い雨が降ると目地砂が流れて目地がスカスカになってしまうことがあるので、定期的に目地砂を入れるメンテナンスをすると良いでしょう。何年もすれば安定してくるとは思いますけれど。

12. 乾いたら完成!

簡単レンガ敷き方
レンガの上に乗って、ガタついたり沈んだりすることがなければ完成!気になるところがあれば、1度抜いて砂を調整したりしながら直すことも可能ですよ。

意外と簡単に出来るレンガ敷き

簡単レンガ敷き
少しのスペースであれば、レンガを敷くことはそう難しいことではありません。素人でも1日で作ることができます。土を掘ったり水平を取ったり大変な部分はありますが、精通した人にしか出来ないようなことは何もないと思います。

何より、自分で作ると出来上がった時の喜びは何にも変え難いものがありますよ。専門業者に頼むよりも格安で出来ますし、自分の好きなように作ることが出来ます。まずは、小さなスペースから始めてみてはいかが?

以前作ったレンガの小道

レンガの小道DIY
今回は広範囲ではなかったので1日で出来ましたが、以前庭にレンガの小道を作った時はとても大変で1ヶ月ほどかかりました。全長9m近くあったので出来上がりまでの道のりは険しく、ひたすら無我夢中・一心不乱に作り続けたことを覚えています。もう2度とやりたくないほどに…。

1から全て1人で作ります!憧れだったレンガの小道をDIY
「庭にレンガの小道が欲しい。」そう、それは私の積年の夢でした。しかしエクステリア関連は、外構屋さんに頼もうと思うとなかなか高額で、簡単なことではありません。…だったら作れば良いのでは?そう思い、夢を叶えるためにレンガの小道をDIYしました。

ですが今では良い思い出です。憧れのレンガの道が庭に出来たことも嬉しいですし、自分の思い描いている庭に1歩近づけたことが何より嬉しい。夢の庭になるまでにはまだまだ時間がかかるでしょうけど、これからもセルフで庭作りを楽しみたいと思います。女1人で孤独に頑張るぞー!

使用した材料
  • レンガ
  • 砕石
  • 目地砂
  • レンガタガネ
  • 水平器
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました