ブログタイトルを「ガーデンDIY図鑑」に変更しました
スポンサーリンク

庭のバラが満開に!『チェリーガーデンバラコレクション1』~バラの種類と特徴~

チェリーガーデンバラ
我が家の庭チェリーガーデンには、60本ほどのバラを植えています。何年もかけコツコツと育ててきたバラたちが美しく咲く時期はパラダイス!誰が何と言おうと自慢の庭です。まだまだ増やす予定ですが、現在チェリーガーデンに咲くバラの一部をご紹介します。

アイスバーグ

アイスバーグ
トゲが少なく丈夫なため、初心者でも育てやすいバラがアイスバーグです。フロリバンダ系で木立性とつる性のものがあり、チェリーガーデンではつる性のものをアーチにしています。多花性なので次から次へとたくさんの花を咲かせてくれるので、アーチにも向いているバラですよ。

花の形はシンプルですが真っ白で清楚さがあり、気品がある品種。世界バラ会議でも殿堂入りしているほど、世界中で愛されているバラです。

レイニーブルー

レイニーブルー
昨年苗を購入したばかりなのでまだまだ小さいけれど、今年初めての花を付けてくれました。徳永英明さんの歌と同じ名前の京成バラ園のつるバラ、レイニーブルー。

紫色のバラが欲しくて探していたところ、優しいヴァイオレットカラーのレイニーブルーに一目惚れ。色がとても美しいバラです。花びらはロゼット状に咲きとてもエレガント。甘さと大人っぽさを兼ね揃えたところが、レイニーブルーの魅力です。

エンジェルフェイス

エンジェルフェイス
フロリバンダ系の四季咲きのバラ、エンジェルフェイス。こちらも木立性とつる性のものがあり、チェリーガーデンでは木立性のものを2株育てています。

波打つような八重咲きの花びらは、パッと目を引くラベンダーピンク色。名前の通り、天使を連想させるような優雅な姿です。香りが強く、切り花にも向いています。

スパニッシュビューティー

スパニッシュビューティー
ゆるくウェーブがかった花びらが可愛らしい大輪のバラ、スパニッシュビューティー。色姿共に、まるで宮殿の庭にありそうでお姫様を連想させるようなバラです。

枝がよく伸び花の重みでうつむくので、高い場所のパーゴラや壁面に誘引すると見事に咲き誇りますよ。我が家では、隣との境界のフェンス一面に這わせてあります。白いウッドフェンスとの相性も抜群!

ピエールドゥロンサール

ピエールドゥロンサール
アイスバーグと同様、世界バラ会議で殿堂入りしている世界中で愛されるピエールドゥロンサール。別名エデン・ローズと言うだけあり、神話の世界に登場するような大輪の優雅で美しいバラです。
トゲが少なく丈夫で花付きも良い、もう文句なしの殿堂入りですね。初心者の方でも育てやすいバラです。

外側の白色から中側のピンク色へのグラデーションの色調も美しく、上品さがあります。アーチや壁面へ誘引して育てると豪華になりますよ。

ホットココア

ホットココア
赤茶色のフロリバンダ系の木立性バラ、ホットココア。珍しいアンティークな花色が気に入り購入しました。ひらひらとした波打つような花びらも美しく特徴的です。

気温や湿度などの環境に順応しやすい強健種と言われており、耐病性にも優れています。特にうどんこ病にも強いので、育てるのが難しいバラの中でも比較的育てやすい方ではないでしょうか。

唯一難点を言うとすれば、トゲがものすごく鋭いこと。パンクの人が付けているトゲトゲぐらい鋭いです。お手入れの際はケガに注意!

フッタカーシュリンローズ

フッタカー シュリンローズ
インターネットで見つけて気に入り、もう何年も前に購入したつる性のバラです。我が家は淡い色のバラが多いのですが、フッタカーシュリンローズは紫がかった濃いピンクで鮮やかな色合いが特徴。

豪華なカップ咲きでしなやかに咲くため、フェンスや壁面などを美しく飾ってくれますよ。チェリーガーデンでも白いフェンス一面に咲き誇っています。

ボレロ

ボレロ
オールドローズのような花形で、白いバラの定番と言ったら何を隠そうボレロです。ピエールドゥロンサール同様、とても人気が高いフロリバンダ系のバラです。

ボレロの特徴は、まずは何と言っても強い香り。まるでフルーツのような濃厚な香りを放っています。バラは見た目だけでなく香りも楽しみの1つですからね。フロリバンダ系は強い香りの品種は少ないと言われていますが、ボレロはとても良い香りがしますよ。

また花付きが良く、黒点病などの病気にも強い。美しさも強さも兼ね揃えたバラです。

花霞

花霞
フロリバンダ系の日本原産のバラ、花霞(はながすみ)。一面に咲いた桜の花が、遠くから見ると霞がかったように見えることを花霞と言いますが、花霞はまさに名前の通り。株いっぱいにたくさんの花を付ける姿は霞んで見えるほど景色を染め上げます。

白色の下地にピンクの縁取りが入っている美しいセミダブルの花。明るく可愛い印象です。

シーザー

シーザー
今年新たに購入した美しいつるバラ、シーザー。白色に薄いピンク色をミックスしたような、優しい色合いがなんともアンティークでクラシカルな雰囲気。春だけの一気咲きですが、ロゼット咲きで豪華さがあり見ごたえ十分。

耐病性があるバラで、うどんこ病などの病気にも強い品種で育てやすいですよ。

レオナルドダヴィンチ

レオナルドダヴィンチ
やや濃い目のピンク色が鮮やかなバラ、レオナルドダヴィンチ。もちろん名前は、ルネッサンス時代の天才芸術家であるレオナルドダヴィンチから付けられました。

小輪だけどカップ咲きなので、1輪1輪が華やかです。ぎっしり詰まった花びらはしっかりしており、大変花持ちが良いのが特徴。最後まで形を崩すことなく美しく咲いてくれます。

ブルーフォーユー

ブルーフォーユー
青系(紫系)のバラってなぜこんなにも魅惑的なのでしょうか。ミステリアスで個性的な色合いが魅力のブルーフォーユー。「あなたのための青色」と言う意味が込められたバラです。

どんなバラも美しいですが、私個人的にはとても気に入っているバラです。フロリバンダ系で大きな房咲きとなり、とても花付きが良いんですよ。我が家は玄関アプローチに植えており、とても目立つ存在となっています。青系のバラの心地よい香りもあります。

センチメンタル

センチメンタル
白と赤のマーブル模様が印象的で、1度見たら忘れない印象的なバラ、センチメンタル。赤が多いもの、白が多いものと1つずつ模様が違い、味わい深くじっくりと楽しめるバラです。絞りが入っているとついつい見てしまいますよね。

耐病性があり丈夫に育つので、誰でも育てやすいバラです。切り花としても向いている花ですよ。

アンジェラ

アンジェラ
小輪でピンクの四季咲きのツルばらアンジェラ。ツルがよく伸びしなやかで誘引しやすいため、初心者でも扱いやすいバラです。壁面やフェンスなどに誘引して花を咲かせます。チェリーガーデンではオベリスクに誘引していますが、一面に咲き誇った姿は圧巻!

強健種なのでよく成長してくれ、花付きも抜群。ピエールドゥロンサールにも負けないほど美しく、人気が高い品種ですよ。

しのぶれど

しのぶれど
淡い藤色が特徴的な、しっとりと落ち着いた京成バラ園のバラ、しのぶれど。花は大輪で、1房に4~5輪咲かせます。日本国産なだけあって奥ゆかしさがあり、どことなく和風を感じさせる色と形ですね。

しのぶれどとは平兼盛の和歌で百人一首にもなっており、「人に知られないよう心に秘めてきた」と言うような意味があるそうです。ネーミングからしてとても深く、そこからもやはり日本人らしさを感じさせるバラです。

セプタードアイル

セプタード アイル
カップ咲きが可愛らしいイングリッシュローズの名花、セプタードアイル。シェイクスピアの戯曲であるリチャード2世の台詞にちなんで名づけられました。王の島、と言うような意味があるそうです。

花びらは外側から内側へ向かってだんだん濃くなり、濃淡があります。香りもとても良く、王立バラ協会のヘンリー・エドランド賞を受賞しています。多花性で花付きが良く病気にも強い、もはやパーフェクトに近いイングリッシュローズではないでしょうか。

パレード

パレード
四季咲きツル性の鮮やかなショッキングピンクのバラ、パレード。色がとても明るいため、壁面など一面に誘引するととても目立つ存在となります。

少々トゲが多いので誘引するのも苦労するかもしれませんが、とても花持ちが良く長い間花を楽しめるのでお勧めのバラですよ。チェリーガーデンの外壁を鮮やかに彩ってくれています。

美しさだけでなく耐病性、耐陰性もあり育てやすいので、植えて良かったと思える品種だと思いますよ。

二コル

ニコル
白色にピンクの縁取りがくっきりと鮮やかなバラ、ニコル。ロマンチックで愛らしい花色が特徴的。咲き進むにつて、縁のピンクが広がっていきます。

木立ちで四季咲きの、フロリバンダ系のバラです。花弁の数は多くありませんが、花付きが良く、1枝にたくさんの花を付けてくれますよ。

切り花としてもよく使われ、鉢植えで育てるのにも向いているバラ。株は強健で耐病性があるので、初心者にもお勧め!

ニュードーン

ニュードーン
他の品種が終わりがけに咲き始める遅咲きのバラ、ニュードーン。世界バラ会議で初めて殿堂入りしたアメリカのつるバラです。薄いピンク色のカップ咲きの花形がとても可愛らしいですよ。柔らかい雰囲気があり、他のバラとも合わせやすい品種。

枝がよく伸びるので、我が家では玄関入り口にトンネルのように誘引しています。大きなアーチなどに誘引しても、見ごたえたっぷりになるでしょう。

耐陰性があるので、日が当たりにくい北側などでも育てることができます。それに加え耐病性にも優れており、育てやすいバラです。

まだまだあります!

バラの種類
これで終わらせる予定でしたが、写真を撮っているうちにまだまだご紹介したくなったので次回に続きます。バラの時期は短いので、もっともっと楽しまねばなりませんね!短い開花期間のためだけに1年間世話するわけだけど、この美しい庭を見るだけで報われる気がします。続く。

庭のバラが満開に!『チェリーガーデンバラコレクション2』~バラの種類と特徴~
バラが満開になり、庭が華やかで贅沢な空間になりました。バラは古くから人々を魅了し続けている特別な花です。我が家の庭チェリーガーデンでもたくさんのバラを植えているので、そのバラの一部をご紹介します。前回の続き。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました