【リメイク鉢】 ダイソーの素焼きの鉢をレンガ調にリメイク!

レンガの鉢
リメイク鉢やリメイク缶は自由なアイディアで多種多様なものが作れます。様々な方法がありますが、今回は粘土を使ったレンガ調の鉢を作ってみることにしました。ナチュラル系にも男前系にも似合うレンガ鉢の作り方です。

広告

1. 木粉粘土を貼り付ける

粘土を貼り付ける
まず始めにレンガの部分を作ります。レンガの部分は木粉粘土を使用しました。石粉粘土も混ぜると更に丈夫になるかも。
このようにきれいに伸ばすには必ず麺棒を使います。向きを変えながら麺棒でゴロゴロ。厚みが均等になったらボンドで鉢に貼り付けます。いらない部分はカッターできれいに切り落としました。

2. カッターを使ってレンガを描く

レンガを描く
カッターやヘラ、マイナスドライバーなど先が尖っている物を使って、レンガの模様を粘土に描き込みます。レンガの大きさは自由で。

3. やすりがけ

やすりがけ
粘土に線を入れると角がガタガタになったり不自然になったりする場所があるので、乾かしてからやすりがけをします。細かい目のやすりを使ってそういったところを削り、表面を滑らかにしましょう。

4. レンガ調塗装

レンガ風塗装
塗装にはアクリル絵の具を使います。茶、こげ茶、赤、黄色、黒の5色で色を作りながら、細い筆を使って1マスずつ地道に色を塗りました。はみ出ないように丁寧に塗っていくこの作業は意外と大変で、これだけでも1時間以上はかかっています…。

もう少し明るい色合いのレンガにすれば良かったのですが全体的に暗くなってしまったので、目地を白色で塗り少し明るさをプラスしました。

5. 鉢全体を塗装

ザラザラ塗装
粘土を貼っていない他の部分を塗装します。レンガを目立たせるためにこちらは白色に。
塗料は、漆喰プラスター、アクリル絵の具の白色、石灰を混ぜて作ったものをペタペタと押し付けるようにスポンジで塗装しました。こうすることによって厚みのあるザラザラな質感を表現できるからです。詳しい塗装の仕方は過去の記事に掲載しています。

【エイジング加工】 石灰を使ってザラザラ質感の古びた塗装をする方法
表面がデコボコしていてザラザラした質感の小物や雑貨。漆喰風で室内の壁でも見かけることのある塗装方法です。こういったテクスチャを作るのは意外と簡単で、専門の塗料がなくても石灰で作ることができますよ。実際に素焼きの鉢を使って塗装してみました。

6. レンガに被せるように塗装

塗装全体様子
レンガがピタッと直線で貼り付いているよりも塗装の間から少し見えているようなイメージで作りたかったので、レンガの縁にも垂らすように塗料を塗りました。塗装が分厚くなると乾くのに時間がかかるのでここで1日乾かします。

7. アンティークメディウムで古びた汚れを出す

アンティークメディウム
完全に乾いたところで、アンティーク感を出すためにアンティークメディウムを使って長年使った汚れや錆を表現しました。古びた感じを出したかったので、結構大胆に汚れを入れています。
アンティークメディウムは私の作品では何度も活躍しており、アンティーク品を作るのには欠かせない塗料ですよ。

塗るだけで使い古されたアンティーク風に!アンティークメディウムの使い方
汚れやくすみが良い味を出し、古びた雰囲気が素敵なアンティーク品。ミルクペイントやダイソーから販売されている「アンティークメディウム」を使えば、誰でも簡単に、そんなアンティーク感を出すことができますよ。

8. 白い汚れを付ける

レンガを汚す
レンガの上にラベルを貼ります。周りの白色の部分だけ汚れていてレンガだけきれいだと不自然なので、今度はアクリル絵の具の白色を使って汚れを出します。ラベルはコーヒー染めと縁を燃やすことでアンティーク感を出していますよ。

【リメイク鉢】 ダイソーの素焼きの鉢をアンティーク風にリメイク!
100円ショップダイソーでも販売されている素焼きの鉢。そのまま使うのも良いですが、自分流にアレンジして素敵にリメイクしてみませんか?ザラザラ質感のアンティーク鉢の作り方をご紹介します。

9. ニスでコーティング

ニスコーティング
粘土や紙を使っているので、ニススプレーを3度重ね塗りして全体をコーティングしました。私は庭で使いますが、心配な人は室内用の鉢として利用するのが良いかもしれませんね。

10. レンガ調鉢完成!

完成品
レンガ調の鉢が完成!目指すところはアンティークだったのだけど、なんだかアメリカ(ブルックリン)っぽい感じになったような。男前的な…。

花を植えました

レンガ風鉢DIY
リメイクするには素焼きの鉢が作りやすくてお勧めです。ダイソーでも購入することができますよ。リメイクした鉢には、現在私の大好きなパンジーを入れて飾ってあります。

人気種から変り種まで…パンジー・ビオラの世界【チェリーガーデンコレクション】
寂しくなりがちな冬の庭を彩る花と言えばパンジーとビオラ。丈夫で開花期間が長く、初心者でも育てやすい花です。我が家の庭(チェリーガーデン)でもたくさんのパンジーとビオラを育てていますよ。

レッツ リメイク!

リメイク鉢色々
たかが鉢、されど鉢。色々な手作り鉢が庭に飾られていると、遊び心たっぷりでなんだか楽しくなってきませんか?最初からかわいい鉢を買うのも良いですが、自分好みの世界に1つしかない鉢を作ってみるのも楽しいものですよ!

使用した材料
  • 木粉粘土
  • アクリル絵の具 レンガの色
  • アクリル絵の具 白
  • アンティークメディウム
  • 漆喰プラスター
  • 石灰
  • ラベル
  • コーヒー
  • ニススプレー
  • カッター
広告
トップへ戻る