四季折々の花と緑がいっぱい!春の「138タワーパーク」に行ってきました

138タワーパーク
2つのアーチを持つタワーが目印の、木曽三川公園の1つ「138タワーパーク」。無料で入れる広大な敷地を持つ公園で、市民の憩いの場として人気があります。四季折々の花を楽しめる公園と言うことで、花を見に行ってきました。

広告

東海地方にまたがる木曽三川公園

フラワーガーデン
木曽三川公園は東海地方(愛知・岐阜・三重)に点在する13ヶ所の公園の総称で、以前ご紹介した岐阜県海津市の木曽三川公園センター、愛知県江南市の江南フラワーパークなどもその1つです。どこも花と緑が多くのどかな雰囲気で、季節ごとのイベントなどの催し事も開催されていますよ。

150品種16万球の春の絶景「木曽三川公園センターチューリップ祭」
岐阜県海津市にある「木曽三川公園センター」の一大イベントと言えば、毎年春に行われるチューリップ祭です。園内に色とりどりのチューリップが一面に咲き誇る光景は、まさに絶景ですよ!
花と緑に囲まれたうるおい空間!「フラワーパーク江南」で春を先取り
愛知県、岐阜県、三重県の東海地方に点在する国営木曽三川公園の1つである「フラワーパーク江南」。駐車場、入園料共に無料の広大な憩いの公園です。四季折々に咲く花々に癒されるのどかなスポットですよ。

138タワーパークとツインアーチ138

春の138タワーパーク
138タワーパーク。読み方はいちのみやタワーパーク。公園が愛知県一宮(いちのみや)市にあることから、語呂合わせで138タワーパークとなりました。

ちなみに138タワーパークのシンボル的存在のツインアーチ138はその数字にちなみ、138メートルの高さがあります。(こちらはツインアーチいちさんはちと読むそう。)
アーチ式のタワーとしてはアメリカのゲートウェイ・アーチに次ぐ高さがあるそうですよ。近くで見ると意外と大きく迫力があります。

タワーの中は展望台になっており、有料で上ることができます。

春の花盛りだくさん!

季節の花
春は花の季節。広大な園内のいたるところで、様々な春の花を見ることができました。チューリップ、ビオラ、ネモフィラ、ムスカリ、芝桜などなど、色とりどりの花壇が作られています。

桜が終わって少しもの悲しくなってしまった4月中旬、まだまだ春を実感することができましたよ。

巨大鯉のぼり出現

鯉のぼり
端午の節句に向け、無数の鯉のぼりが上がっていました。小さなたくさんの鯉のぼりの下には実は!巨大な鯉のぼりがいるのです。(大きすぎて写真に納まりませんでした。)もうそんな季節かあ。この間まで寒かったのに、季節が巡るのはなんて早いのかしら。とか考えたり。

バラが咲くローズストリーム

バラの庭
9品種約4000株のバラが咲くローズストリームがあります。バラ好きの私として1度拝見したかったのですが、バラが咲くにはまだ1ヶ月ほど早かったですね。バラの季節が楽しみですね。ぜひもう1度来たい!

子供にも大人気の公園

つどいの広場花壇
美しい花や花壇はもちろん、広大な芝生広場、フワフワドームやわくわくスライダーなどの遊具、野外ステージなど様々な施設を兼ね揃えています。お子様連れのファミリーは1日楽しめる公園ではないでしょうか。

ネモフィラのお花畑に感動!

ネモフィラ花壇
そして今回訪れて1番きれいだった場所は、園内中央辺りにあるネモフィラが咲くお花畑。ここでは季節ごとに違った花が見られるそうです。4月中旬から5月中旬頃まではネモフィラが一面を覆うように美しく咲きますよ。

ネモフィラと言うとひたち海浜公園が有名で澄んだブルーのイメージが強いですが、実は白や黒もあります。ここのネモフィラはほとんどが白。一面白いじゅうたんのようで言葉に表せないほど美しかったです。

イルミネーションなど季節のイベントを楽しもう!

138タワー
休日を、花を見ながらのんびり過ごすのに最適な138タワーパーク。
クリスマスには毎年イルミネーションも開催されており、無料で大規模なイルミネーションを見られるスポットとあってこちらも大人気。季節ごとに色々なイベントが開催されているので、何度も訪れたくなる公園です。

ツインアーチ138

住所 : 愛知県一宮市光明寺浦崎21−3
開園時間 : 9:30~17:00(※季節・イベントにより変更あり)
休園日 : 毎月第2月曜日 (8月・12月を除く/休日の場合は直後の平日) 
入園料 : 無料
駐車場 : 有り(無料)
関連URL : ツインアーチ138

広告
トップへ戻る