GWに見られる色とりどりのチューリップ 「ひるがの高原牧歌の里」へGO!

牧歌の里チューリップ
岐阜県郡上市の標高1,000mの場所にある「ひるがの高原牧歌の里」。都会の喧騒から離れた自然豊かな広大な体験型テーマパーク。日々のめまぐるしく過ぎる生活が嘘かのように、ここではゆったりとした時間が流れていました。

広告

牧歌の里とは

大自然
近くにゲレンデなどが多くあり、寒冷地で豪雪地帯のひるがの高原。そのため冬季は休業していますが、春から秋にかけては季節の花や動物たちとのふれあいが楽しめるテーマパークとなっています。

寒いため平地よりも少し遅く春が来るので、毎年ゴールデンウィーク頃にチューリップが見頃を迎えますよ。

雄大な自然の中で

牧歌の里園内バス
園内からは霊峯白山の雄大な姿が望め、最高のロケーションを味わえます。名前の通り、まさに牧歌的。これほどのどかな空間があるのかと言うほど、静かで癒される場所でした。この居心地の良さは何と表現したら良いのか分からないほど、私にとって格別なものでした。

約30万球30品種のチューリップ

牧歌の里チューリップ
寒いひるがの高原の冬を乗り越えて咲いたチューリップの花。待ちに待った春の到来ですね!
園内奥の方が花畑となっており、そちらに約30万球30品種のチューリップとムスカリが植えられています。色とりどりに咲いた満開のチューリップは、地面を覆う鮮やかな絨毯のようでした。


牧歌の里チューリップ
他では終わってしまったチューリップをもう1度見られるなんて、なんだか贅沢な気分。ゴールデンウィークのお出かけにもピッタリです。現実離れしたメルヘンチックな景色に、終始癒されっぱなし。

ハートのチューリップ

牧歌の里ハートチューリップ
ハートのチューリップ登場!高い場所から見ると、見事にチューリップでハートが描かれていました。なんと可愛らしい!
こんな素敵なところで恋人との記念撮影なんていかがですか?デートにもお勧めのスポットですよ。家族連れが多いけれど、カップルでもまったりとしたデートを楽しめることでしょう!

春の花盛りだくさん!

芝桜やスイセンの花
チューリップだけでなく、芝桜やスイセンの花などもきれいでした。春は花の季節。他にもスズランやコブシ、ライラック、桜、ツツジなどを園内で見ることができるそうです。様々な花が楽しめる名所でもありますね。

かわいい動物と遊ぼう!

牧歌の里の動物たち
牧歌の里は牧場でもあるので、たくさんの動物たちも飼育されています。やぎ、羊、牛、馬、モルモット、うさぎ、アルパカ(そういやアルパカって初めて見たな)…見ているだけでもとてもかわいい動物たちですが、ここでは様々な体験も行っています。


牧歌の里の牛たち
引き馬体験、乗馬体験、乳しぼり体験、えさやり体験など、子供たちに大人気の体験が盛りだくさん。動物と一緒に遊べることは、子供たちにとってもとても貴重な体験になりますね。

動物の体験だけでなくその他にも、パン作りやキャンドル作り、押し花小物作りなどの体験もありますよ。

レストランやお土産屋さんも

牧歌の里のお店
園内には飲食店やショップもたくさんあります。高原の牧場なのでやっぱりソフトクリームやパンがお勧めですね!ハイジになった気分でなんだかチーズが食べたくなりました。
そんないくつかショップの中でも私のお気に入りは、フローラルハウスポプリ。


ポプリのドライフラワー
店内に一歩足を踏み入れると、フワッと花のいい香りが漂っています。そして最初に目に入るのが、天井から吊り下げられた数え切れないほどたくさんのドライフラワー。サシェやアロマ、フラワーアレンジメントなどが販売されているお店です。
どれも可愛らしく素敵で、いつの間にかいくつも購入してしまいました。まあ、これも思い出です。

楽しかったよ、牧歌の里

牧歌の里クラウン
牧歌の里では毎日、クラウン(ピエロ)によるショーが行われています。こちらも楽しく、普段引きこもっている私にとっては絵に描いたような素晴らしい休日となりました。心が浄化された気分です。満開になったラベンダーの季節に、またぜひ訪れたいです。

ひるがの高原 牧歌の里

住所 : 岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756-2
営業時間 : 10:00~17:00 (土日は9:00~17:00)
定休日 : 冬季休業(開園シーズンは無休) 
入場料 : 大人1,130円 / 中・高校生920円 / 4才以上小学生610円
駐車場 : 有り(無料)
関連URL : ひるがの高原 牧歌の里

広告
トップへ戻る