漆喰塗料と絵の具で質感を表現 【アイアン風塗装 Part 2】

アイアン風塗装
重厚感が魅力的なアイアン(鉄製)雑貨。インテリアにもガーデニングにもアイアン雑貨はよく使われ、一つあるだけでアンティークでおしゃれになります。家に飾ってある小物を、アイアン風にチェンジしてみませんか?

広告

専用塗料なしで作ります

漆喰プラスター
塗るだけでアイアンになる塗料が販売されていますが、それを使わずに表現してみたいと思います。
まず使ったのはダイソーの漆喰プラスター。これを塗れば漆喰の質感を表現できます。家にあった小さな鉢に塗りました。

塗るだけで漆喰の質感を表現できる漆喰プラスターの使い方
塗り跡を残すことでナチュラルな雰囲気に変わる漆喰。室内の壁を漆喰にしている方も多いのではないでしょうか。独特な質感に憧れます。塗るだけで、そんな漆喰風を簡単に表現できる塗料があるのをご存知ですか?

STEP1. 漆喰プラスターで下塗り

2度塗り
鉢全体が隠れるように漆喰プラスターを2度塗りします。これはアイアンのボコボコした感じを表現するため。漆喰プラスターは塗り方によって完成が大きく変わってくるので、少し厚めに塗って塗り跡が残るようにすると、質感も似せることができますよ。

STEP2. スポンジで塗装

アクリル絵の具塗装
漆喰の下地が完全に乾くまで待ち、その上から色付けをしていきます。使ったのはアクリル絵の具。黒をメインに茶色や赤色も少しだけ混ぜて全体を塗装します。筆跡が残ってしまうと鉄のようには見えなくなってしまうと思い、スポンジに絵の具をつけてポンポンたたいて塗装しました。ステンシルを塗るようなやり方で。

自作ステンシルで矢印型ガーデンサインピックを手作り!
自分好みの文字や模様などを自由自在に施すことができるステンシル。自作したステンシルを使って、ガーデン用のサインピックを手作りしました。これを使えばかわいい文字を書くのだって簡単にできるのです!


鉄風塗装
漆喰風塗料で立体感を出しているので、全体的に黒に塗るだけでだいぶ鉄に近づいて見えます。

STEP3. エイジング加工

錆び加工
黒に塗った上から、長年使い込んだようなエイジング加工を施します。茶色や赤色の絵の具をスポンジに軽く乗せ、かすれるぐらいに軽くポンポンとたたいて錆びをつけていきましょう。

赤錆
やり過ぎると汚くなってしまうのでバランスを見ながら適度に。錆びやすい端を中心に塗っていきます。

STEP4. シルバーのスプレーをかける

アイアン塗装
このままでも良いのですが、シルバーのスプレーを吹きかけることによって、更に鉄の質感を表現できます。かけ過ぎるとキラキラとしたクリスマス飾りのようになってしまうので注意。試し塗りをしてから使うことをお勧めします。
アクリルスプレーは100円ショップでも販売されており、安価で手に入れることができますよ。

STEP5. 完成

アイアン塗装完成
少し古くなって錆びてしまったようなアイアン風鉢の出来上がり!この方法を使えば、木でもプラスチックでも鉄風の雑貨にチェンジできそう。なんだかずっしり重そうに見えます。

アンティークなアイアンはナチュラルガーデンにももちろん似合いますが、男前インテリアやジャンクガーデンなど、広範な分野で活躍してくれそうな素材ですね。

鉄の質感をアクリル絵の具で表現 【アイアン風塗装 Part 1】
ナチュラルテイストからジャンクテイストまで、どんな庭や部屋にも合わせられるクラシックなアイアン雑貨。専門のアイアン塗料を使わずにアクリル絵の具を使って、鉄の質感を表現してみました。
使用した材料
  • セリア植木鉢
  • 漆喰プラスター
  • スポンジ
  • アクリル絵の具(黒)
  • アクリル絵の具(茶)
  • アクリル絵の具(赤)
  • アクリルスプレー(シルバー)
広告
トップへ戻る