ダイソーのアイアンハンギングネットで作る、宙を飾るフライングリース

アイアンハンギングネットリース
ダイソーで購入したアイアンハンギングネットを活用して、天井から吊るして飾れるフライングフラワーリースを手作りしました。普段の生活に少し植物を取り入れるだけで、部屋の雰囲気が明るくなった気がしますよ。

スポンサーリンク

ダイソーのアイアンハンギングネット

ダイソーアイアンハンギングネット
アイアンハンギングフックと同じシリーズとして、ダイソーで販売されているハンギングネット。アイアンなので安っぽさもなく、部屋の飾りに使おうと購入しました。
ちなみに以前ハンギングフックの方も購入しており、玄関にドライフラワーを掛けて現在も飾ってあります。

ダイソーのハンギングフック(ドライフラワーハンガー)でシックに飾ろう
シックで落ち着いた風合いのドライフラワー。生花の生き生きした花とは違った独特な魅力があります。素朴で温かみのあるドライフラワーをインテリアに使って、部屋をおしゃれに優しく彩ってみませんか?

花を乗せたりして使うもの

花を乗せて飾る
ハンギングフックの方はドライフラワーやスワッグなどを掛けて飾るのものだとすぐ分かるけれど、ハンギングネットはイマイチ使い道が分かりづらい…。

自分なりにアレンジして使えば良いのですが、写真のようにアレンジメントやプリザーブドフラワーなどを乗せて飾っておくのが通常の使い方のようですね。
ただこれだと、高い位置に飾る場合下から見上げるので花がよく見えません。ですので今回は、見上げても楽しめるフライングリースを作りました。

造花とプリザーブドフラワーを使用

100均の造花
リースを作る時はいつも、ドライフラワーとプリザーブドフラワーをメインに使っているのだけど、それに加えてセリアの造花も使ってみることにしました。蔦のようなものが欲しかったので、フェイクグリーンを2つ購入。

1. 蔦を巻きつける

造花を巻きつける
フェイクグリーンを外枠に沿って全体に巻きつけます。結婚式で使うようなカッチリとしたリースではなく、ナチュラルでラフなものが作りたかったので、下に垂らす感じで適当に巻きつけました。針金やビニールタイで所々に固定します。

2. 下部に花を取り付ける

花の取り付け
壁に掛けるリースではなく天井から吊るすフライングリースなので、下から見上げた時に1番見える底面が重要となってきます。この部分にアジサイのプリザーブドフラワーを取り付けていきました。

3. 全体を花で覆う

花の取り付け
ハンギングネットのネットの部分が隠れるぐらいに、たくさんの花を取り付けていきます。私はアジサイをメインに他のドライフラワーなども少し付け足し、色とりどりの花で覆うように作りました。

そうそう、先ほどからフライングリースと何度も言っていますが、今回はリースのように円の回りの部分だけではなく円全体のものだから、正確にはリースではないかもしれませんね…。ご容赦を。

4. リボンなどで装飾

装飾する
花だけ使っても十分ナチュラルな感じになるけれど、他にリボンやレース、ラベルなどの装飾をつけても可愛く仕上がると思います。飾る場所に合った雰囲気で作ると浮くことなく部屋に馴染んでくれるのではないでしょうか。

無造作に仕上げました

垂らすように取り付け
最後に形などを整えたら完成です。グリーンを垂らしたことで無造作になって、部屋の中でも目立つ存在になってくれそうです。

花や色などを変えるだけでガラリと違ったものになるので、いくつか作って飾ると華やかになることでしょう。きっと部屋の素敵なインテリアとして活躍してくれるはず。

空中を華やかに飾るフライングリース

天井から飾る
以前にもフライングリースを作ったことがあり、そこに並べて飾ってみました。雑貨屋さんのようにたくさんの植物雑貨を並べて飾るのが私の夢。

置いて飾るものや壁掛けのものよりスペースを取らず、宙を華やかに演出してくれるのでインパクトもありますよ。

下から見上げるリース!?吊るして宙に飾る空飛ぶフライングリース
季節の花を使ったリースや季節イベントのリースなど、今までたくさんのリースを作ってきましたが、この形は初めての挑戦です。天井や壁から吊るして飾るフライングリース。正面からだけではなく、色々な角度から見て楽しめるリースです。
使用した材料
  • アイアンハンギングネット
  • 造花
  • プリザーブドフラワー
  • ドライフラワー
  • リボン・レースなど
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました