カッティングボートと黒板ペイントでハロウィンサインプレートをDIY

ハロウィン雑貨完成
トリックオアトリート! いつの間にか日本でも恒例のイベントとなったハロウィン。ただの仮装パーティーのように盛り上がるのは好きではありませんが、魔女好きの私としては欠かせないイベントなのです!今年もハロウィン雑貨をDIYしてみよう!

広告

土台はカッティングボード

100均カッティングボード
100円ショップで販売されている、木製のカッティングボード。もともとはキッチン用品であったこの商品を、収納ボックスやトレイ、さらにはスマホ置きとしてをアレンジし、利用しているのをネットでよく見かけます。誰が考えたのか知らないけれど、天才。

と言うことで私も便乗させていただき、このカッティングボードを利用しました。お店側もDIYで人気があることを知っているためか、サイズが豊富にありましたよ。こんなにいらないだろと言うほどに。

STEP1. 黒板ペイントを塗る

黒板塗装
メッセージボードにするために、カッティングボードを黒板ペイントで塗ります。黒板ペイントも同じく100円ショップで買うことができ、塗るだけで簡単に黒板になると言う優れもの。これがあれば何でも黒板に変えることができるのです。黒板ペイントは2度塗りし、完全に乾くまで待ちます。

塗ったところがたちまち黒板に!魔法のような黒板ペイントの使い方
カフェ風インテリアやナチュラルガーデンなどに人気のある黒板雑貨。手描きのメッセージボードとして利用でき、ちょっとしたところに使うだけでおしゃれ感がぐっと増します。そんな黒板を簡単に作れる塗料があるのをご存知ですか?

STEP2. 造花を飾り付ける

ハロウィン飾り
いろいろ組み合わせて自分で飾り付けしようかとも思ったんですが、セリアにハロウィン用(秋用)のカボチャや葉がセットになったかわいい造花があったので、これを一つだけ使用することに。U字になった又釘を棒の部分などに何ヶ所か打ち込み、造花を固定します。(カッティングボードは木製で釘も入りやすい。)

STEP3. 持ち手部分に麻ひもを巻く

麻ひもで巻く
カッティングボードの持ち手の部分に麻ひもをぐるぐると巻きます。壁掛けとして利用したい場合は、穴にひもを通しておいても良いかも。私はナチュラルな感じを出すために麻ひもを使いましたが、かわいいリボンやハロウィン用のリボンを使うと、また違った雰囲気になると思います。

STEP4. 文字や絵を描いて完成

ハロウィン雑貨
黒板になっているので、好きな文字やメッセージを書けば完成です。黒板なので何度でも書き直し可能。手描き風なオブジェを作りたい時に黒板ペイントは重宝しますよ。

違った花やオブジェをつければ、クリスマスやお正月などのサインプレートとしても使えます。誕生日のメッセージボードとしても良いかも。季節イベントごとに、色々とアレンジしても面白いかもしれませんね。

手作り雑貨でハロウィンを楽しもう!

ハロウィンサインプレート
水に弱いので屋外では使えないのが残念ですが、玄関の雨に濡れない場所に掛けておこうかなと思っています。
ハロウィングッズをいくつか並べたらとてもかわいいですよね。オレンジと紫と黒の、あのなんとも言えないかわいいダークな感じ…たまりません。

使用した材料
  • カッティングボード
  • 黒板ペイント
  • 秋の造花
  • 麻ひも
広告
トップへ戻る