100円ショップの材料のみで、ハロウィンリースを手作りしました

ハロウィンリース
かわいいオバケたちと秋らしい色が街を盛り上げてくれるハロウィン。今ではクリスマスと同様に、日本でも欠かせないイベントの一つとなっていますね。キュートなハロウィン飾りを作って、楽しいハロウィンを送ってみてはいかが?

広告

ハロウィンとは?

ハロウィンとは

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

Wikipedia より引用

ハロウィンはアメリカの一般的な行事として知られていますが、もともとはヨーロッパの古代ケルト人が始めたお祭り。10月31日に死者がこの世に帰ってくると言われており、日本で言うお盆にあたるような一日なのです。
ご先祖様と一緒に悪い魂たちもこの世に来てしまうので、魔女やゾンビなどに扮して悪霊の仲間と思わせ、悪さされたり取り憑かれたりしないようにします。仮装はそのためだそうですよ。

本来そういった意味を持つハロウィンですが、今では賑やかなお祭りやパーティーをする日として定着しています。日本でも近年ものすごい勢いで人気が上昇し、渋谷を始め各地で仮装する人々が多く見られますね。日本人ってコスプレ好きだよね、うん。

100円ショップのハロウィン素材

ハロウィンリース材料
大手100円ショップでは、毎年これでもかと言うほどたくさんのハロウィングッズが販売されます。魔女好きとしては見過ごすわけにはいきません!あまりのかわいさに全部買い占めたくなるほど。見ているだけでワクワクしますね!

ハロウィンと秋の素材をミックスしてリースを作ろうと思い、ダイソーとセリアで材料を買い集めてきました。いやー、100円ショップって偉大。逆になかったらどこで買えばいいんだ…。材料はリースに付けることができ、自分がかわいいと思ったものなら何でも良し!自分だけのオリジナルリースを作ってみよう!

分解して材料に使う

材料を分解
ミニポットに入っていて、それだけでもかわいい置いて飾れるアイテムは分解して使います。カボチャやらまつぼっくりやら秋の素材が盛り込まれているので、一つ買えばリース素材としてかなり使えますよ。これをいくつか買えば、それだけでリースが作れそう。残ったポットも、違う雑貨作りに再利用できそうです。

材料をワイヤーで固定

リース作り
リースとなる土台は、大きさも色も多種多様に販売されているのでお好みのものを。
材料に使う造花は、ピックになっているものや針金のものは土台の間に挿し込むだけで固定できますよ。まつぼっくりなどは素材にワイヤーをつけ、リースの隙間に通して固定します。

ダイソーの光るジャック・オ・ランタン

カボチャオブジェ
リースのメインに大きなジャック・オ・ランタンを探していて、見つけたのがダイソーの光るオブジェ。陶器でできているため重くて割れやすいので扱いには注意しなければなりませんが(作る前に一つ割ってしまって買い直しました)、大きさがちょうど良くかわいかったのでこちらを使用。

本当は電池を入れれば光るのですが、光らせる必要がなかったのと、底を外してワイヤーを入れたかったので、電気になっている部分は取り除いてしまいました。底が抜けたので、その部分と見えない後ろの隙間にワイヤーを入れてリースに固定。このアイテムは重いので、しっかりとくっつけなければなりません。意外とこの作業に時間がかかってしまいました。

ワイヤーを隠して見栄え良く

リース飾り付け
小さなアイテムはボンドやグルーガンを使って直接リースにくっつけていきます。この時、巻きつけたワイヤーが見えてしまっていたら、上から他の材料などをつけて隠していくように配置すると見栄えが良くなります。

リース完成!

ハロウィンリース完成
秋の実とハロウィン素材のリースが完成!人それぞれ好みはありますが、色数を絞ると統一感があるリースが出来上がりますよ。まつぼっくりや紅葉した葉っぱなど、秋っぽいものを存分に使って作るのもかわいいかもしれませんね。

トリック オア トリート!

ハロウィンリースを飾る
我が家の玄関は、今までに作ったハロウィンオブジェでいっぱいになってきました。ハロウィンのダークさの中にあるキュートな感じがたまりません。
季節イベントごとに違ったアイテムを作るのはとても楽しいですよ。次はクリスマスリースかな。DIYで季節を感じてみよう!

カッティングボートと黒板ペイントでハロウィンサインプレートをDIY
トリックオアトリート! いつの間にか日本でも恒例のイベントとなったハロウィン。ただの仮装パーティーのように盛り上がるのは好きではありませんが、魔女好きの私としては欠かせないイベントなのです!今年もハロウィン雑貨をDIYしてみよう!
100円ショップの材料のみで、ハロウィンリースを手作りしました
かわいいオバケたちと秋らしい色が街を盛り上げてくれるハロウィン。今ではクリスマスと同様に、日本でも欠かせないイベントの一つとなっていますね。キュートなハロウィン飾りを作って、楽しいハロウィンを送ってみてはいかが?
使用した材料
  • リース
  • ジャック・オ・ランタンオブジェ
  • ほうきオブジェ
  • 造花
  • まつぼっくり
  • リボン
  • ワイヤー
  • グルーガン
広告
トップへ戻る