最初に揃えておきたい、ガーデニングに必要なアイテム

ガーデニングアイテム
それほどお金をかけなくても楽しめるガーデニングですが、植物を育てる・庭を作るとなると、何かと道具が必要となってきます。最初からあれもこれもと買うのではなく、最低限必要なものだけ揃えれば始めることができますよ。

広告

テラコッタ鉢
地植え(地面に直接植物を植えること)以外の場合は、当然鉢が必要となってきます。小さな庭やベランダガーデンなどでは特に必要なアイテムです。鉢がなければガーデニングの基本の植物を植えることができませんから。
鉢にはいろいろと種類があり、自分のガーデンスタイルや植える植物によって使い分けなければなりません。鉢の素材によっても特徴は様々なので、少しだけでも知っておくと、植物を育てる上で役立つことでしょう。

どれに植えればいいの?植木鉢の素材や種類の違いについて
飾る場所や栽培環境に合わせて使い分けたい植木鉢。しかしいざ花や木を植えようと思っても、どんなものを買っていいのやらと迷ったことはありませんか?植木鉢の素材の違いについて見ていきましょう。

ジョウロ

水やり
植物の水やりに欠かせないジョウロ。シャワーになった口の部分が取り外せるものを選ぶと良いですよ。口を上向きにするのと下向きにするのでは水の強さが変わり、上向きにすると柔らかく水が出るので、小さな苗でも傷つけることなく水やりができます。
購入する時はカラなので分かりませんが、水を入れるとかなり重くなります。ですのであまり大き過ぎてもバランスが取れずにこぼれてしまったりします。適度なサイズのものを選びましょう。

散水ホース

ホース
ジョウロと同じく水やりの必需品。広くて多くの植物を育てている庭には、やはりジョウロより散水ホースの方が効率が良いでしょう。
水やりは毎日のことなので、スムーズにホースの巻き取りができるもの、そして持ち運べる軽量型のボックスのものがおすすめ。シャワー・キリ・ストレートなど、ノズルを変えられるものだとより便利です。

シャベル・スコップ

シャベル
先が尖っているものを「剣先スコップ」、先が四角いものを「角形スコップ」と言います。どちらもあると便利ですが、私がよく使うのは剣先スコップ。花壇を作る時やレンガ敷きで掘り下げる時など、先端が土にささるので掘りやすいです。また、株を移植する時などにも使います。
角形スコップは、土を平らにならしたり、土を運んだりする時に使います。もともと重労働の時に使うことが多いので、なるべく丈夫で軽量のものがおすすめです。我が家のシャベルは重くて疲れます。

移植ゴテ

移植ゴテ
所謂小さなシャベルのことで、上記で言うシャベル(スコップ)とは別で花を植える時の必需品のこと。土を掘ったり耕したり、植物を植える時には絶対必要となってきます。ガーデニングでは花を植えることが多いため、非常によく使うものです。何よりも早く用意したいものかもしれません。物によって使い勝手や握り具合が変わってくるので、自分に合ったものを一つ用意すると良いでしょう。

一説ではシャベルは足を掛ける部分があるもの。スコップは足を掛ける部分がないもの。つまりシャベルは大きいもので、スコップは小さいものと言われています。
しかし地域によっても意味合いが違い、西日本ではシャベルが大きいもの、スコップが小さいもの。東日本だとその逆と言う説も。ちなみにショベルカーのショベルは、土砂や砂利を持ち上げることからシャベルの意味があります。

ガーデニング用バサミ

ガーデニングはさみ
植物の茎を切ったり、野菜の収穫に使ったり、ガーデニングにハサミは必須アイテム。土の袋や紐を切ったりする場合一つにしてもハサミは使います。出番が多いので用途によって使い分けなければなりません。
植物を切る場合には園芸用バサミ、剪定を行う場合は専用の剪定バサミ、直径1cmほどの枝を切るなら植木バサミ、庭木の枝などを切るなら刈り込みバサミなど、それぞれ違った役割があります。全て揃える必要はありませんが、何にせよ、植物を傷つけてしまうような切れ味の悪いものは避けましょう。

グローブ

ガーデニンググローブ
土を触ることが多いガーデニングでは、グローブが必要となってきます。汚れやケガの防止になります。
土を掘り返したりする時には軍手でこと足りますが、トゲがあるバラなどを触る時には布では通り抜けるので意味がありません。バラ用の皮製のグローブが販売されています。私も何度バラのトゲにやられていることか…。バラを育てるのであれば、丈夫な皮のグローブを必ず用意してください。ホームセンターに行けば、多種多様に並んでいますよ。

ガーデニングウェア

ガーデンウェア
土などで汚れることが多いので、ガーデニングする時専用の服を作ると良いですよ。ポケットがたくさんあり、ガーデンアイテムを入れるのにも汚れ防止にも便利なウェストエプロンは人気がありますね。夏は熱中症対策にも日よけの帽子は欠かせません。膝をついての作業も多いので、膝当てがあると便利。
ケガや虫さされ、日焼けなどから肌を守るためにも長袖長ズボンで作業するのがおすすめです。しかし暑い夏は長袖なんかでやってらんない!と言う時もあるのはしょうがないので、ケガには十分気をつけて作業しましょう。ちなみに私の作業着は常にジャージかつなぎ。

まとめ

きれいな花
もちろんこだわっていけば、もっとたくさんのガーデニングアイテムがあります。しかし最初は本当に必要な物だけ揃え、あとはその都度必要になった時に購入しても問題ないと思います。最初から急いで揃える必要は何もありません。
ただ、ちょっとでもどんなアイテムがあるのか知っていれば、困った時にあんなのがあったなと助けになるはず。ホームセンターを見ているだけでも発見になります。自己流であろうとも、やっていくうちにだんだんと分かっていくことも多いことでしょう。日々発見を繰り返すことが、ガーデニングの楽しみでもありますよ。

広告
トップへ戻る