ダイソーやセリアなどの100円ショップで購入できる植木鉢・プランター

スポンサーリンク

100均植木鉢
ガーデニングをする時に絶対必要となってくる植木鉢。せっかくであれば、鉢にもこだわって花を育てたいですね。100円ショップでも見た目がおしゃれな鉢がデザイン豊富に販売されていますよ。コスパ良く素敵な植木鉢をご紹介します。

スポンサーリンク

素焼きの鉢(テラコッタ)

テラコッタ
植木鉢の定番とも言える素焼きの鉢。シンプルでナチュラルな雰囲気にも合わせやすくてどんな花とも相性が良いのが特徴ですね。

ダイソーにはいくつかサイズがあり、育てる植物によって使い分けることもできますよ。小さいものであれば3つで100円と言うものも販売されていました。さすが、コスパ最強!

また、色や形がシンプルなので、リメイクやアレンジがしやすいのも特徴です。私も今までいくつもリメイクしてきました。現在も庭に飾っていますよ。100円なので失敗を恐れることなく、リメイクに挑戦しやすいですね!

【リメイク鉢】 ダイソーの素焼きの鉢をアンティーク風にリメイク!
100円ショップダイソーでも販売されている素焼きの鉢。そのまま使うのも良いですが、自分流にアレンジして素敵にリメイクしてみませんか?ザラザラ質感のアンティーク鉢の作り方をご紹介します。

陶器鉢

陶器鉢
ダイソーで見つけた時は、これも100円かと驚いてしまいました。大きさも割とあり、真っ白でおしゃれな陶器の鉢。これだけ大きさがあれば多肉だけでなく普通の草花も育てられます。模様も何種類かありました。

室外でももちろんOKですが、優しく温かみがあるのでインテリアとしても合いそうな鉢ですね。表面にツヤがあるので、汚れが付きにくく見た目が綺麗。

食器のような鉢

陶器鉢
こちらも陶器ですが、上記のものよりフレンチっぽいデザインの植木鉢です。食卓に並んでいても違和感のない食器のようなデザインになっているけれど、底穴があいているので植木鉢です。

ロゴ違いでいつくか種類があったので並べて飾ると雑貨のようで可愛いと思いますよ。可愛いので植物より植木鉢に目が行ってしまいそう。

ブリキ鉢

ブリキ鉢
テラコッタや陶器のような重厚感には欠けるものの、可愛いデザインのものが多く、ナチュラルだけでなくジャンク系の庭や男前系のインテリアにも合わせやすいブリキ鉢。

100円ショップには多数ブリキ製品が販売されており、鉢として販売していなくても、穴をあければプランターとして使うことができますよ。陶器などと違い、簡単にドリルなどで底穴をあけることが出来ます。

我が家にはたくさんのブリキ鉢があり、寄せ植えなどを楽しんでいますよ。多肉などの寄せ植えもブリキとの相性が良さそうですね。

庭に飾りたいアンティークなブリキの寄せ植えとブリキ雑貨のすすめ
最近の私のマイブームはブリキの寄せ植え。ブリキ鉢はジャンク系の観葉植物や多肉に似合うイメージがあるかもしれませんが、色とりどりのかわいい花を飾ってもとても素敵に仕上がりますよ。たくさんの花をブリキ鉢に飾り、庭に飾っています。

掛けるブリキ鉢

掛けるブリキ鉢
置く場所が限られている庭にお勧めなのが、掛けるタイプの植木鉢です。壁やフェンスに引っ掛けるので場所を取らずに植物を育てることが出来ますよ。

ダイソーで見つけたフック付きのブリキ鉢は200円商品ですが、これがかなり優秀でいくつか購入しました。フックが長いのでどこでも掛けやすく、しっかりと掛かって安定してくます。

通りに面したフェンスなどに掛けて飾れば目立つこと間違いなしですね!

プラスチック鉢

プラスチック鉢
色、サイズ、形共に、各100円ショップからたくさんの種類が販売されているプラスチック鉢。何個かで100円のものから受皿付きで100円のものまで様々。テラコッタに比べれば安っぽさはありますが、ガーデニングの定番でもあります。

柄や模様が入っておしゃれなものも多いのでそのまま使うのも良いですが、プラ鉢はリメイクするのも楽しいですよ。どうしても他と同じになりがちなプラ鉢を、自分だけのオリジナル鉢に変えることが出来ます。

写真はセリアのプラ鉢に木目調の模様を施したもの。トールペイントやステンシル、デコパージュなどで、リメイク鉢を楽しんでみてはいかが?

100円の鉢が高級な木製に変身!【木目風塗装 Part 2】
100円ショップで買ったプラスチック製の鉢を塗装して、ちょっと高級で光沢のある、マホガニーな木製風の鉢に変えてみました。木目塗装の方法を覚えれば、身近なものを簡単に木製風のものに変えることができるのです。

木製鉢

木製鉢
自然で素朴な雰囲気がナチュラルガーデンにぴったりの木製鉢。ダイソーの200円商品、300円商品でよく見かけます。私もよく使ってはいるのだけど、他の素材と違って腐敗に気をつけなければなりません。

本当は鉢カバーなどとして使うと良いですが、直接花を植える場合は防腐剤を塗ったり麻布を敷いたりちょっとした工夫が必要になってきます。

とは言え、やはりナチュラルな庭に木製品は欠かせません。植物だけでなく、雑貨などを入れて飾っておくだけでも庭のアクセントになりますよ。

ハンギングバスケット

ハンギングバスケット
ダイソーにはハンギングバスケットも200円、300円で販売されています。吊るすタイプのものと掛けるタイプのものがありますよ。ホームセンターなどで購入するより格安で、中に敷くパームマットとセットでいつも購入しています。

ビオラを使ったハンギングをいくつも作る私にとってはとても重宝しており、インパクトのあるハンギングを作るには最適な商品。植木鉢は置くだけでなく、空中を彩るタイプのものもあるのです。

ビオラを使ったこんもりハンギングバスケットの作り方 【Part 1】
限られたスペースでも花を飾ることができるハンギングバスケット。花壇やプランターと違い、空中を華やかに演出してくれます。冬を代表する花ビオラを使って、こんもりかわいいハンギングバスケットを作ってみました。
ビオラを使ったこんもりハンギングバスケットの作り方 【Part 2】
ヨーロッパの町並みを飾っているような、可憐で豪華なハンギングバスケット。宙を鮮やかに彩るバスケットは見る人を楽しませます。ビオラを使った簡単にできるハンギングバスケットの作り方をご紹介します。

壁掛けプランター

壁掛けプランター
S字フックなどを使って壁に掛けて使えるプランター。苗をいくつか植えられるような大き目のものも販売されていました。壁掛けのものは、グリーンを垂らして飾ってもおしゃれかもしれませんね。

写真のものはダイソーの茶色いプラスチックのプランターだけど見た目が庭に合わなかったので、白くシャビー風に塗装して使っています。なんとなく雰囲気に合わないようなものは、色を変えるだけでも随分イメージが変わって使いやすくなることもありますよ。

100均鉢でおしゃれな庭を目指そう!

植木鉢種類
現在の100円ショップは本当にすごい!100円商品だからと言ってダサかったり粗悪だったりするわけではなく、庭に飾っても浮くことがなく、おしゃれで可愛らしいものがたくさんありますね。その時の流行のものもたくさん販売されています。

今回ご紹介した鉢の多くは、室外だけでなくインテリアとして利用することもできますよ。多肉や小さめの観葉植物などを育てても良いかもしれませんね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました