新幹線をバックに咲き誇るコスモス「大垣コスモス畑2018」

新幹線とコスモス
暑かった夏が既に懐かしく思える今日この頃。いつの間にか長袖で厚着をするようになり、季節の移り変わりを感じます。大垣市平町会場のコスモスもすっかりピークを迎え、一面に咲くコスモスたちが秋の訪れを告げていました。

広告

秋を彩るコスモスの花

平町コスモス
秋の花と言えばやはりコスモス。日本では秋桜と呼ばれるほど、秋を彩る花の代表になっていますね。ここ平町会場は、休耕田を利用した約0.5haの土地でコスモスが栽培されています。種類はコスモスの代名詞であるセンセーションだと思います。それほど広い畑ではありませんが、びっしり咲いてとてもきれいでしたよ。

夏にはひまわり畑に

大垣ひまわり畑
毎年夏には同じ場所がひまわり畑になり、大変多くのお客さんで賑わいますよ。私も必ずお盆に見に行っています。コスモスよりひまわりの時の方が栽培している面積や本数が多く、お客さんにも人気がある気がしますが、どちらも違った美しさがあります。
いずれにせよ、花を見て季節を感じることができるのは幸せですね。どんなに忙しくても怒っても悲しんでも、そういう気持ちを死ぬまで忘れたくないです、私は。

新幹線とひまわりの絶景。長期間楽しめる「大垣ひまわり畑2018」
8月中旬から9月初旬にかけ見頃を迎え、長い間楽しむことができる岐阜県大垣市にあるひまわり畑。毎年恒例の夏のイベントとなっており、12万本ものひまわりが訪れる人の目を楽しませていますよ。私も毎年お盆の連休に必ず見に行っています。

たおやかなコスモスの花

コスモスの花
今年は台風が多かったため若干開花が遅れたそうですが、無事咲き揃ったので良かった良かった。これほど華奢でたおやかなのに、台風や強い風にも負けずに花をつけると言う強い一面もあります。それもコスモスの魅力の一つなのでしょう。

コスモスについて

大垣市のコスモス
日本ではこちらのセンセーションが定番のものですが、現在は20種類を越える品種があるそうですよ。元々コスモスはメキシコの高原に咲いていた野花で、それが改良されて世界中に広まりました。花言葉は「調和」「美麗」「乙女の純真」など。花だけでなく花言葉まで美しく女性にピッタリ!

新幹線とコスモスのコラボ

新幹線とコスモスの花
平町会場の特徴と言えば、やはり新幹線をバックに写真が撮れると言うこと。せっかく来たのであれば、ぜひ新幹線が通るまで待っていてください。コスモス畑の後ろに新幹線の線路が通っているので、コスモスと新幹線のコラボを見ることができます。運が良ければドクターイエローも見られるかも!ひまわりの時期は「黄色×黄色」で撮影しようと、多くの方がカメラを構えて待つそうですよ。

天気が悪くて残念!

大垣コスモス
色とりどりのコスモスは、秋のスカッと晴れた高い青空の下で見るのが一番だと思いますが、この日は時雨れており、天気が悪く風が強かった。コスモス日和とはいかなく残念。この時期は時折寒い日があると、冬がもう目の前まで来ているのを実感しますね。せっかくなのでゆっくりと見たかったのだけど、あまり長居はできませんでした。来年リベンジあるのみ。

大垣ひまわり畑2018

住所 : 岐阜県大垣市平町地内(東前町955-1付近)
入場料 : 無料
例年の見頃:10月中旬~10月上旬
駐車場 : 有り(無料)
関連URL : 大垣コスモス畑

広告
トップへ戻る