お城をバックに桜を愛でる「墨俣一夜城・犀川(さいかわ)堤の桜」

墨俣一夜城と桜
美しい桜はどこで見ても美しさに変わりはありませんが、お城と組み合わさるといつにも増して最強の絶景になると思いませんか?この組み合わせ、日本ならではの最強コンビです。そんな絶景を楽しめる墨俣一夜城の犀川堤の桜を見に行ってきました。

広告

岐阜県で人気の高いお花見スポット

墨俣さくらまつり
私が毎年必ず訪れているこちらの墨俣一夜城の桜並木は、岐阜県屈指の桜の名所でお花見スポットとしてとても人気の高い場所です。そのため満開時の休日ともなると県内外から多くの花見客が訪れるため、堤防沿いが大混雑します。周辺の道を通りたかっただけなのに渋滞にはまってしまったことも何度か……。

駐車場から続く桜並木

桜並木
堤防下の広場が広い駐車場となっていますよ。そちらから既に桜並木が続いており、車を降りればまるで別世界のよう。満開になり美しく咲き誇る桜並木は、言葉では表せないような美しさがありますね。

2km続く約1,000本の桜並木

一夜城と桜
墨俣一夜城と周辺には約1,000本のソメイヨシノが植栽されており、堤防沿い2kmに渡って桜並木の道が続いていますよ。
日本全国どこでもそうですが、お城がある桜の名所は特に人気が高いですよね。ここも例外ではなく、やはりこの季節のお城が一番輝いて見えます。

墨俣一夜城の逸話

春の一夜城
ところでこの墨俣一夜城、築城したのは豊臣秀吉と言われています。名前の通り、一夜(または短期間)で作り上げたことから、墨俣一夜城と言われているのです。

…だがしかし!実際にはそんな記述は残っていないらしく、江戸時代に作られた創作だと言う説もあるんですって。また、実際に建てていたとしてもプレハブ(ほったて小屋)のような簡素なものだったとか。あー。だから1日で建てることができたのか。納得。

なんて言う、今現在ある立派な天守とは全く違うものだったと言うのが真実かもしれませんが、復元する時に少し(?)誇張してくれたことによって、桜とお城との絶景が生まれたわけです。

お城の中は歴史資料館

犀川堤の桜
お城の入り口には豊臣秀吉の像や、秀吉の馬印であるひょうたんなどが飾られており、当時のお城と見た目は違えど秀吉ゆかりの地だと言うことが分かります。お城の中は歴史資料館となっており、天守閣からは桜の景色が一望できますよ。

桜のトンネルをのんびり歩こう!

墨俣一夜城桜並木
墨俣城の南側へ行くと犀川堤の桜並木が続きます。桜の時期は歩行者天国になっており、のんびりと歩きながら桜を見ることができます。道路の両側から覆うように桜が咲いており、見事な桜のトンネルを作り出していますよ。圧巻の光景ですね。

実際、花より団子的なとこもあるよね

桜まつり
おまつりには欠かせない屋台もたくさん出て、桜まつりの会場はとても盛り上がっていました。屋台からの良い匂いに誘われて、一瞬桜のことが完全に頭から抜けましたね。生フランクと揚げもちゲットだぜ。

すのまた桜まつり

桜の花
すのまた桜まつりの日は、ステージイベントやバザー、お茶席なども行われるそうです。更に人が増えそうな予感。
日本は四季折々のおまつりやイベントがあってとても楽しいですね。私たちはそういったイベントや咲く花々を見て、季節の移り変わりを実感していくのかもしれません。

幻想的な夜桜も

墨俣一夜城址公園・犀川堤
墨俣一夜城犀川堤は夜桜も人気がある場所で、桜まつりの期間中は日没からお城と桜がライトアップされます。私も以前一度だけ見たことがありますが、夜の闇の中光に照らされた桜がとても幻想的でした。まあ個人的には青空バックの桜の方が好きだけど。

遠くまで歩いて行けます

墨俣桜並木
墨俣一夜城から南の方へ離れれば離れるほど人は減っていきます。屋台もなく駐車場からも遠いからだと思いますが、静かにしっとりとお花見をしたい人にはお勧めですよ。どこまでも続く桜並木の下を歩いていると、幻想の中を歩いている気さえします。


桜
私は、桜の木の下にレジャーシートを敷いて皆で盛り上がる!と言うサザエさんに出てくるような典型的なお花見をしたことがないので、そういったものも良いなあと思うけれど、一人で行動するのが好きなので、こういう場所で1人静かに歩いているとなんだかとても癒されました。

桜をたっぷり堪能!

墨俣桜並木
1年ぶりに見る桜は相変わらずとても美しく、改めて日本人で良かったと感じさせられました。散ってしまう寂しさもまた、儚く美しいですよね。来年もまた見に来よう。今度は1人花見ではなく誰かと。

新境川堤の桜並木

新境川堤の桜まつり
岐阜県にはたくさん桜の名所がありますが、墨俣一夜城近隣のお花見人気スポットと言えば「新境川堤の桜並木」があります。河の両岸から咲き誇る桜はまさに絶景。百十郎桜と呼ばれ、古くから愛されている名所ですよ。ぜひこちらの記事も併せてご覧下さい。

岐阜県屈指の桜の名所・百十郎桜と呼ばれる「新境川堤の桜並木」
日本中が柔らかなピンク色に染まる季節がやってきました。待ちに待ったお花見シーズン。岐阜県各務原市の新境川は、「さくらの名所100選」にも選ばれている岐阜県きっての桜の名所ですよ。川を覆うように両岸に咲く桜が言葉にできないほど美しい!

墨俣一夜城の桜

住所 : 岐阜県大垣市墨俣町墨俣
例年の見頃:3月下旬〜4月上旬
駐車場 : 有り(有料)
関連URL : すのまた桜まつり

広告
トップへ戻る