鵜飼の鮎の量を占う岐阜市きっての早咲きの桜、「鵜飼桜」で春を感じよう!

鵜飼桜
もうすぐ、日本中が幻想の魔法にかかる春がやってきます。楽しみですね、桜の季節。どこまでも続くソメイヨシノの並木道。とても美しいですが、その前に早咲きの桜を楽しんでみてはいかがですか?樹齢100年と言われる鵜飼桜です。

広告

桜がある場所は岐阜護国神社境内

岐阜護国神社
鵜飼桜があるのは、岐阜市の中心部近くに位置する岐阜護国神社の境内。岐阜市のシンボルである金華山の麓にある、緑に包まれた神社です。岐阜・中濃・東濃各地区出身の英霊37,800余柱を祀っています。

いち早く満開を楽しめる!

鵜飼桜満開
岐阜護国神社境内の一角にあるエドヒガンザクラの鵜飼桜。エドヒガンザクラは名前の通り、彼岸頃から花が咲き始める早咲きの桜です。そのため鵜飼桜は、岐阜市内で一番早く開花するのですよ。ソメイヨシノより一週間ほど早く、満開を楽しむことができます。気候にもよりますが、毎年だいたい3月の末には満開になっています。

鵜飼桜の名前の由来

桜の花
鵜飼桜と言う名前の鵜飼と言うのはもちろん岐阜の伝統行事である「鵜飼」のこと。その年の花数の多さによって鵜飼で獲れる鮎の吉凶を占っていたことから、鵜飼桜と呼ばれるようになったそうです。ここは清流長良川も近く、古くから岐阜の伝統と歴史と共に桜が咲いていたことが分かります。

春の訪れを実感

エドヒガン桜
幹周り約2.5m、高さ約8mの大木のため、満開になった姿は圧倒的な美しさがありますよ。何より、1年ぶりに見る桜の姿に心躍ります。日本人で良かった!と心底思います。

あっと言う間だけど色々あり、いつの間にかまた桜の季節になったのだなと改めて時の流れを感じました。桜は美しくも儚く、嬉しさと同時に切なくもなる花ですね。

岐阜と言えば日本五大桜の淡墨桜が有名

淡墨桜
ところで、鵜飼桜と同じエドヒガンザクラで岐阜で最も有名なのは、間違いなく淡墨桜です。と言うより、岐阜だけでなく全国の中でも有名ですね。

エドヒガンザクラは非常に長寿と言われており、その中でも淡墨桜は樹齢1,500年を越える超古木。写真では伝わりにくいけれど、初めて自分の目で見た時は「すごい……」としか言葉が出てこないほど圧倒されてしまいました。とにかく大きかったです。

1,500年前と言うと西暦500年頃か…。古墳時代頃でしょうか?鵜飼桜と比べると仙人レベルだろうけど、今でも毎年立派に花を咲かせているなんて信じられません。生命の強さ・美しさを感じられるので、岐阜でのお花見はこちらもお勧めします。

日中友好庭園も自然がいっぱい!

日中友好庭園
話を戻し、鵜飼桜がある岐阜護国神社の周辺は観光スポットがたくさんあります。護国神社から歩いてすぐの場所にある日中友好庭園と言う広い公園にも、たくさんの植物が植えられていますよ。春だと、桜やこぶしの花を楽しめます。

ついでに岐阜観光もいかが?

岐阜公園の桜
更に少し歩くと、金華山へ上がるロープウェー乗り場がある岐阜公園もありますよ。こちらも自然が多く、市民の憩いの場として人気がある公園です。周辺には岐阜城、リス村、名和昆虫博物館、岐阜市歴史博物館などの施設が点在しているので、お花見と観光をどちらも楽しむことができますよ。

鵜飼桜

住所 : 岐阜県岐阜市鏡岩393
例年の見頃:3月下旬〜4月上旬
駐車場 : 周辺に有り(無料)
関連URL : 鵜飼桜

広告
トップへ戻る