春爛漫!春の花とパンジー・ビオラを使ったミニブーケで部屋に彩りを!

ビオラブーケ作り方
春になり、庭のパンジーやビオラたちがモコモコに咲いてきたので、小さなブーケを作ってみました。作り方は単純だけど、飾るだけで部屋を春色に彩ってくれる素敵なインテリアになりますよ。花のある生活を!

広告

チェリーガーデンのパンジービオラコレクション

チェリーガーデンビオラコレクション
私はビオラが大好きで、我が家の庭・チェリーガーデンでは何種類ものビオラを育てています。種から育てているものもいくつかありますよ。春が終わればビオラも終わりを迎えるので今から寂しさでいっぱい…。長い冬の間ありがとう、と感謝。

と言うことで、ビオラのシーズンが終わってしまう前にたっぷりと堪能せねばなりません。春になり花数が増えるこの時期は、色々とアレンジするのにも向いています。

人気種から変り種まで…パンジー・ビオラの世界【チェリーガーデンコレクション】
寂しくなりがちな冬の庭を彩る花と言えばパンジーとビオラ。丈夫で開花期間が長く、初心者でも育てやすい花です。我が家の庭(チェリーガーデン)でもたくさんのパンジーとビオラを育てていますよ。
失敗しないビオラの育て方・昨年収穫した種からビオラを育ててみました
手間も労力もかかるのでいつもは苗を購入して育てていますが、毎年たくさんビオラを育てているので、せっかくならば種から育てようと初心者ながらに挑戦してみました。発芽率は50%。12月に無事きれいな花を咲かせてくれました。ビオラの生育ストーリーです。

1. ビオラを摘む

ビオラを摘む
ブーケを作るために庭で咲いているビオラをたくさん摘みます。真ん丸でモコモコなブーケを作るためには数が多い方が良いと思います。ミニ花束で良ければ少なくても良いかも。

せっかく咲いている花を摘むのがもったいないと言う方は、少し痛んでしまった花やちぎれて落ちた花などを利用すると良いでしょう。毎日花がら摘みをする感じで。使う前に、摘んだ花に虫や卵などが付いていないかチェックします。

2. 1つにまとめる

ビオラを束ねる
摘んだ花をギュウギュウに隙間なく埋めるように丸く束ね、輪ゴムやワイヤーなどで1つにまとめます。できるだけ花で隠れる位置に輪ゴムを持ってくると、見栄えも良くなりますよ。

3. 形を修正

形を修正
真ん丸になるように、束ねた花の1本1本の位置を修正します。しっかりと束ねてあると、少し引っ張っただけでもちぎれたりすることがあるので注意が必要です。丁寧に少しずつ位置をずらしながら真ん丸を作っていきます。

4. 完成

真ん丸ビオラ
手順はこれだけ。たくさんの花を摘んで丸く束ねたら、ミニブーケの完成!10分もあればできるのではないでしょうか。そしてこれをいくつか作ってみました。

5. グラスに挿して飾る

グラスに飾る
出来上がったブーケは、水に浸けて飾っておけば3日、4日は楽しむことができますよ。

私はフルーツジュースが大好きでkarinのフルーツジュースをよく買うのですが、そちらの円錐型のグラスがかわいくていつも捨てずに持って帰っていました。ブーケを飾るにはちょうど良い形と大きさだったので、そのグラスを利用して飾っています。かわいい瓶やコップなどを利用すれば、より素敵に映えるかも!

春満開インテリア

ビオラインテリア
ビオラやパンジーだけでなく、ノースポールやブルーデージー、ベルフラワーなども使っています。まさに、春爛漫のブーケ!淡い色のもので合わせたり、同系色でまとめたりすると、統一感が出て美しい仕上がりになりますよ。

小さなブーケだけどちょっと食卓などに置くだけで、パッと華やかな空間になります。室内でも花を楽しめ、インテリアとしてもかわいらしくてお勧め!

水に浮かべるだけでも美しい!

水に浮かぶビオラ
ブーケを作らなくても、100円ショップの金魚鉢などに水を張り、水面に敷き詰めるように花を浮かせるだけでも絵になります。カラフルでSNS映えも間違いなし。ビオラだけでなく季節ごとに違った花で挑戦したい!

広告
トップへ戻る