庭に咲いたビオラで作ろう!高級感のあるアンティークな植物標本

スポンサーリンク

植物標本DIY
庭にたくさんのビオラが咲いたので、部屋に飾れるよう押し花にして、アンティークな植物標本風なインテリア雑貨を作りました。ビオラと数百円だけで自分だけのオリジナル雑貨を作ることができますよ。

ビオラの植物標本

ビオラ植物標本
部屋をアンティークに大改造している最中なので、それに合わせて色々と手作りで雑貨を作っています。丹精込めて育てている庭のビオラを残しておきたいと言う思いもあり、先日にも写真立てを使ったビオラの植物標本を作りました。今回はそれの第2段です!

身近な自然をインテリアに! 庭に咲いたビオラで植物標本を作ろう!
我が家では冬から春にかけ、何十種類ものビオラを育てています。そんな可愛く咲き誇るビオラたちですが、枯れてしまう前に少しでも残しておければと思い、押し花にして部屋に飾れる植物標本のような雑貨を作ってみました。

1. トレーを塗装

塗装
標本の土台に使ったのはセリアのインテリア用のトレー。もともとかわいいデザインなのですが、アンティークな標本風にするためにニスで色を塗ります。

2. 合皮シートを貼る

合皮を貼る
アンティークなものを作る場合、いつもは赤いベルベット調の布を使用することが多いのだけど、今回はセリアで合皮シートを見つけたのでそちらを使うことにしました。裏がシールになっていて、手軽に貼ることができる優れもの。

3. 押し花を作る

アイロン押し花作り
ここで標本素材となる押し花を作ります。押し花の詳しい作り方はこのブログで何度もご紹介しているので割愛させていただきますが、庭に咲いているビオラを摘んできて、ティッシュを乗せてアイロンをかけて作るだけで簡単にできます。

 
ビオラの押し花
水分が抜ければ押し花の出来上がり!押し花にするにはいくつか方法がありますが、シワシワになることなく色も綺麗なまま短い時間で作ることができるので、アイロンを使った作り方はお勧めの方法です。

ちなみに押し花は花弁がぐちゃぐちゃになってしまったり欠けてしまったりして使えなく物もあるので、多めに作っておいてその中から綺麗なものを選ぶのが良いでしょう。

かわいさを永久に保存!アイロンを使った美しい押し花の作り方
小さい頃、道端に咲いたクローバーや庭の花を摘んで、押し花を作った経験がある方も多いと思います。そうやって私たちは植物に触れることを自然に覚えてきました。大人になった今、改めて押し花を作ってみると楽しいですよ。生花とは違う美しさにウットリ。

4. 押し花を配置 → 固定

押し花を配置
作った押し花をトレーの上に配置。以前作ったものはランダムに並べましたが、今回は規則正しく整列させました。配置が決まったら接着剤でトレーに直接貼り付けます。

5. ラベルを貼る

ラベル貼り
パソコンで作ったビオラの名前が書いたラベルを花の下に1つずつ並べて貼ります。ラベルを作るのが難しければ100円ショップでアンティークなラベルシールなどを探して、手書きで書いても良いかと思いますよ。

6. パーツ取り付け

パーツ取り付け
100円ショップのアクセサリーパーツをトレーの四隅に付け、ちょっとおしゃれに演出してみました。

7. 完成!

植物標本完成
はい、これだけでできあがり!100円ショップの材料と庭に咲いたビオラだけで、アンティーク風なインテリア雑貨の完成です。普通なら枯れてしまうビオラの花を残しておくこともできるので一石二鳥ですね!

小さなDIYから始めよう!

植物雑貨DIY
植物標本と押し花にはまっており、最近毎日のようにコツコツと作っていました。おかげでアンティークな雑貨が色々と増えて満足しています。1つ1つは小さなものでも、いくつか並べて飾ると雰囲気が出ます。庭作りもそうですが、コツコツと小さなことの積み重ねが大切なのですね。

使用した材料
  • ビオラの花
  • 合皮シート
  • 着色ニス
  • ラベル
  • アクセサリーパーツ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました