ガーデニングをもっと楽しく!一年草・多年草・宿根草の違いについて

初めての庭づくり
DIYでエクステリアや雑貨を作っても、やはり庭の主役となるのは可憐なる植物たち。庭を鮮やかに彩ってくれる花々にはそれぞれ違った特徴があります。ここでは一年草・多年草・宿根草の違いについてご紹介していきます。

広告

一年草・多年草・宿根草とは?

アプローチ花壇
【一年草】
一年草とは、種をまいてからその年のうちに開花し、同じくその年のうちに枯れてしまう植物のこと。一年以内に開花から枯れるところまでいきます。枯れた後はこぼれ種で増えたり種をまけばまた開花しますが、何もしなければもう咲くことはありません。

【多年草】
一年草とは違い、一度植えると何年もの長い間生き続ける草花のこと。冬でも枯れずに花をつけてくれます。土の中の根も地上の葉も枯れません。

【宿根草】
宿根草も多年草と同じく、同じ株から何年もの間花を咲かせます。では多年草との違いはと言うと、暑さや寒さなど環境がその植物にとって不適になると、地上部が枯れてしまうと言うこと。多年草は地上部も枯れません。しかし土の中の根は生きているので、次の開花時期になると再び成育して花を咲かせてくれるのです。

一年草・多年草・宿根草の特徴

ハンギングバスケット
【一年草】
一年で枯れてしまうのであれば、多年草を買った方がお得で手間がかからないじゃないかと思われるかもしれません。しかし一年草は一年しか生きられないため、生きている間に体の全エネルギーを使って咲き誇ります。そのため花色が鮮やかで花姿も大きなものが多いのが特徴。季節ごとに違った花を植えたい方にもおすすめです。四季折々の花を植えたい花壇にも向いていますね。

【多年草】
せっかくのきれいな花だから、一年で枯れてしまうのはもったいないと言う方には多年草がおすすめ。植え替えなどもなく、ガーデニング初心者でも育てやすい花が多いのが特徴です。一年目は株が小さく花付きも良くないですが、2年目から徐々に株が大きくなり花も多く咲くようになります。今すぐに豪華に花を咲かせたい方には不向きかもしれません。

【宿根草】
その植物に合った気候や条件になると花を咲かすので、まさに季節を告げる草花です。地上部は枯れているので心配になりますが、次の年にも花を咲かせると格段に嬉しいですよ。

日本では一年草になるもの

海外では多年草でも、日本の夏が暑すぎたり冬が寒すぎたりしてその季節を越すことができない花は、日本では一年草扱いになります。海外の環境には適していても、日本では花を咲かせる条件に合わない場合もあるのです。

一年草の草花

パンジー
一年草の代表とも言える植物と言えば、パンジーとビオラ。ガーデニング定番の冬の花。実は寒い地域だと夏を越せるので多年草になりますが、日本では暑い夏が苦手な花のため一年草になります。カラーバリエーション豊富で枯れにくく育てやすい丈夫な花。

その他にもヒマワリ、アサガオ、ナデシコ、インパチェンス、バーベナ、ニチニチソウ、コスモス、ペチュニア、マリーゴールド、スイートピーなどがあります。

ガーデニング初心者におすすめ!育てやすいビオラやパンジーの基本
ガーデニング定番の冬の花とも言えるビオラやパンジー。花が少なく殺伐とした冬の庭を鮮やかに彩ってくれる救世主。開花時期が長く丈夫なため、ガーデニングが初めての方でも育てやすい人気の花ですよ。

多年草(宿根草)の草花

ゼラニウム
植えっぱなしでも枯れずに季節ごとに花を咲かせる宿根草は、丈夫なので初心者の方でも育てやすいものが多いですよ。ゼラニウムなどが宿根草の中でも人気の花ですね。

その他にもクリスマスローズ、スイセン、クレマチス、マーガレット、カーネーション、ガーベラ、デルフィニウム、スノードロップ、ムスカリなどがあります。

窓辺に飾りたい花No.1!鮮やかなゼラニウムでヨーロッパ風に
花が生活の一部となっているヨーロッパでは、窓辺に花を飾って楽しむ習慣があります。花の種類は様々ですが、その中でも代表的な花と言えばゼラニウムです。あなたのご自宅の窓辺にもゼラニウムを植え、ヨーロッパ風に鮮やかに飾ってみませんか?

それぞれの特性を知って育てよう!

日本のナチュラルガーデン
ガーデニングを始めるためには、まずは少なからずそれぞれの植物の特性を知っておかなければなりません。終わってしまえば一年草はもう花は咲かないのに、来年も咲くと思ってずっとそのままにしておいてもいけませんからね。
花壇を全て多年草にしてしまうと、季節が変わっても何も変わらない花壇になってしまうので、それぞれの花を植える場所もちゃんと考えなければなりません。

いずれにせよ、一年草でも多年草でも宿根草でも変わらない美しさ。自分に合った花を選び、大切に育てましょう!

広告
トップへ戻る