【ドライフラワーの飾り方】 スワッグを天井から吊り下げて飾る方法

スポンサーリンク

天井から吊るすスワッグ
色とりどりの季節の花々を使って作るおしゃれなスワッグ。今までたくさんのスワッグを作り飾ってきました。数も増えてきたので、ボリュームたっぷりに天井から吊るして雑貨屋さんのようなディスプレイにしてみましたよ。お部屋に彩りをプラス!

スワッグとは

スワッグ
花束のようにドライフラワーなどの植物を束ねて逆さ向きに吊るし、壁飾りにして季節の花を楽しむものをスワッグと言います。作り方はとてもシンプルで、材料さえあれば誰でも簡単に作ることができるインテリア雑貨です。

ナチュラルな雰囲気がお部屋に合わせやすく、気軽に季節の植物を取り入れられるので人気があります。寂しくなりがちな壁や天井などのアクセントとしても活躍してくれますよ!

庭の花で作ろう!ドライフラワー作りに向いているおすすめの花
生花のような華やかさには欠けるものの、アンティークな雰囲気や生花より長く楽しめることから、インテリアとしても人気の高いドライフラワー。庭で咲いた花や購入した切花を使って自分で作ることも簡単ですよ!枯れる前にドライフラワーに!

スワッグの作り方

スワッグ作り方
スワッグの作り方はとても簡単!リースなどを作るよりも手間をかけることなく作ることができますよ。

1. 自分の好きな花を選びます。

2. 下の方の葉を取り除き、長さを調整。

3. 向きやバランスを考えて全ての植物を1つに束ねます。

4. 完成。

スワッグを吊るす方法

たくさんのスワッグを天井から吊るして飾りたい場合、1つ1つ画鋲や釘で留めると穴が多くなってしまいます。なので先に天井にメッシュパネルなどを固定しておくと、引っ掛けるだけなので穴をあけることなくたくさんスワッグを掛けることができます。

1. 100円ショップのメッシュパネルを使用

100均メッシュパネル
使ったのは100円ショップのメッシュパネル。ダイソーで200円の62cm×40cmのものを使用しました。しっかりと固定はしますが天井に取り付けるものなので、できるだけ軽いものの方が安全ですね。

2. 洋灯吊金具で引っ掛ける

メッシュパネル固定
先っぽがフックのようになった洋灯吊金具を天井に打ち込みます。私は抜けてこなかったのでそのまま取り付けましたが、壁や天井は石膏ボードで出来ていることが多いのでネジはしっかりと留められない場合もあります。そういった場合はアンカーなどを使用してしっかりと固定しましょう。

3. スワッグを吊るす

スワッグを吊るす
スワッグに麻ひもなどを付け、メッシュパネルにS字フックで掛けます。わざわざ穴をあけることなく引っ掛けるだけなので、天井を傷付けることなくたくさんのスワッグを飾ることができますよ。もちろんそれ以外の雑貨なども掛けることができます。

その他の飾り方

ドライフラワーガーランド
スワッグやドライフラワーをいっぱい並べて飾るとお店のようで可愛いですね!我が家では天井だけではなく、壁にもガーランド風に飾ってあります。その他にも、リースにしたりドライハンガーに掛けたりピクニックバスケットに詰めたり、家の中でもたくさんの植物を飾って生活していますよ。

インテリアに取り入れよう!おしゃれなドライフラワーの飾り方
生花とは違い、季節に関係なく飾ることの出来るドライフラワー。水やりなどの手間もなく、一歩上のインテリアを目指すことが出来ますよ。飾るだけでお部屋のアクセントにもなるドライフラワーを、あなたの家にも取り入れてみませんか?
ダイソーのハンギングフック(ドライフラワーハンガー)でシックに飾ろう
シックで落ち着いた風合いのドライフラワー。生花の生き生きした花とは違った独特な魅力があります。素朴で温かみのあるドライフラワーをインテリアに使って、部屋をおしゃれに優しく彩ってみませんか?

植物雑貨をインテリアに取り入れよう!

手作り雑貨
ドライフラワーは簡単に手作りすることができますし、それを使って様々な雑貨を作るのも楽しいものです。スワッグやリースは購入しようと思うと意外と高いことが多いので、お部屋に飾りが欲しい時は手作りしてみてはいかがでしょうか。1つあるだけでも部屋の雰囲気ががらりと変わりますよ!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました