【ジェリーボール】 ダイソーのジェルポリマーとセリアのプラントビーズを比較

スポンサーリンク

ジェリーボール比較
土の代わりに植物を育てることができるジェリーボール。ビー玉のように透明でキラキラ美しく、カラフルなボールが植物を引き立ててくれます。涼しげなインテリアとしてもピッタリ!ダイソーとセリアから販売されているジェリーボールを比較してみました。

スポンサーリンク

ジェリーボールって?

観葉植物を育てる
そもそもジェリーボールとは、土を使わずに育てるハイドロカルチャー(水栽培)の資材として、室内用の植物に使用するものです。

土を使わないため清潔で、虫などの心配をすることなく育てられる資材なのです。

ジェリーボールと書いていますが呼び名は統一されておらず、アクアボールバブルジェリーなどと様々な呼び名がありますよ。

キラキラ美しいダイソーのジェルポリマーで観葉植物を育てる方法
近年人気の、土の代わりに人工的な資材を使って植物を育てるハイドロカルチャー。ハイドロボールが一般的ですが、ビー玉のようなジェリーボールと言う資材でも育てることができますよ。ダイソーのジェリーボール、ジェルポリマーの使い方をご紹介します。

ダイソーのジェルポリマー

ダイソージェルポリマー
ダイソーのものは、ジェルポリマーと言う商品名で販売されています。色は写真の青、緑、赤の3色と、透明のものもあり全部で4色でした。

 
ダイソージェルポリマー使い方
瓶型の容器に入って売られており、内容量は300gとたっぷり。栄養素入りで、ジェル状の培養土として使うことができます。(ただし栄養素は半年ほどでなくなります。)

 
ダイソージェルポリマー青
青は透明との2色入り。緑も透明との2色入り。赤はオレンジ、白、透明との4色入り。透明は透明のみの1色入りです。サイズは統一され、全て同じサイズです。

セリアのプラントビーズ

プラントビーズ
セリアのものは、プラントビーズと言う商品名で販売されています。ネットでは他の色も見かけましたが、私が確認したのは水色の1色でした。

 
セリアプラントビーズ
チャックの付いた袋に入って売られており、内容量は175gとダイソーよりは少なめ。栄養素が入っていないため、保水材としての役割しかありません。自分で液肥を入れて使います。

 
セリアプラントビーズ
色は青と緑と透明の3色入りでした。ダイソーのものと同じくサイズは統一され均一です。一つ一つのボールの大きさはダイソーのものより大きめ。

ジェルポリマーとプラントビーズどちらがおすすめ?

水やり栄養
内容量が多く栄養素も入っている点から、植物を育てるのであれば、私個人的にはダイソーのジェルポリマーの方がおすすめ。4色あってカラーバリエーションもありますし。

 
比較
ただセリアのプラントビーズも色合いが美しく爽やかなので、水の中に入れて飾りとして使ったり、切り花を挿しておくだけなら問題ないと思います。

ジェリーボールの使い方

ジェリーボール使い方
ジェルポリマーにしろプラントビーズにしろ使い方は同じです。

1. ジェリーボールはたっぷりと水を含んでいるので、ザルに移して余分な水を切ります。
2. ポットから出したら土を落とし、根についている土もしっかり水で洗います。
3. 透明のガラス瓶を用意し、ジェリーボールを入れます。
4. ギュッと挿すように植物を植え込みます。

水分が減ってくるとボールが縮んで小さくなるので、水に付けてあげると再び膨らんで元通りになりますよ。逆に放っておくと水分が抜けて小さくなり、カピカピの乾いた状態になってしまうので、水分補給を忘れないようにしなければなりません。

水さえあれば何度でも繰り返し使うことができますよ。

両方使って植えてみました。

観葉植物植え付け
上記の方法でジェルポリマーとプラントビーズで植えつけてみました。いかがでしょうか。左がダイソーのジェルポリマー、右がセリアのプラントビーズです。セリアの方には植え付け後に液肥を与えてあります。

同じ青色を使いましたが色が少し違いますね。セリアの方が3色入っているので賑やかに見えます。

いずれにせよ、どちらも煌いてとても美しい。見た目は甲乙付けがたいですね。

まとめ

植物インテリア
実験的にダイソーとセリアの両商品を使って観葉植物を植えてみましたが、植物には栄養素がないと育たず枯れてしまいますので、肥料などをやる手間を省きたいのであればダイソーのジェルポリマーの方が良いと思います。

いくつか並べて飾るだけでもとても可愛いインテリアになるので、ぜひジェリーボールを使ったハイドロカルチャーを楽しんでくださいね!

関連商品

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました