スポンサーリンク

冬の庭を彩る花、パンジー・ビオラの種類 【チェリーガーデンコレクション】

ビオラパンジーの種類
丈夫で育てやすく、冬の寒さにも負けない強さを持ったパンジーとビオラ。その上種類も多く色数も豊富なため、ガーデニング初心者の方にもお勧めの花です。たくさんの品種がある中から、我が家のチェリーガーデンで育てている種類を少しご紹介します。

我が家のパンジーとビオラ

チェリーガーデンビオラ
以前にもご紹介していますが、我が家では毎年、秋頃からたくさんのパンジーとビオラを育てています。買うだけでなく種からも育てていますよ。寒い冬はどうしても庭が殺風景になりがちなので、パンジーやビオラが庭を彩る救世主となってくれますね。

ちなみに、花径5cm以上をパンジー4cm以下をビオラと呼んでおり、違いは大きさのみ。最近では複雑に交配されたものもあるので、定義が曖昧な部分もあるのだとか。

どちらにせよ、モコモコとまるで春かのように咲いてくれるため、パンジーもビオラもとても美しく、冬には欠かせない花なのです。

失敗しないビオラの育て方・昨年収穫した種からビオラを育ててみました
手間も労力もかかるのでいつもは苗を購入して育てていますが、毎年たくさんビオラを育てているので、せっかくならば種から育てようと初心者ながらに挑戦してみました。発芽率は50%。12月に無事きれいな花を咲かせてくれました。ビオラの生育ストーリーです。
人気種から変り種まで…パンジー・ビオラの世界【チェリーガーデンコレクション】
寂しくなりがちな冬の庭を彩る花と言えばパンジーとビオラ。丈夫で開花期間が長く、初心者でも育てやすい花です。我が家の庭(チェリーガーデン)でもたくさんのパンジーとビオラを育てていますよ。

グランビオラ

グランビオラ
今までにあまりない、シックで落ち着いた花色が特徴的なグランビオラ。華やかで個性的な花色がグランビオラの最大の魅力です。1株1株それぞれに違う色合いで、いくつ買っても楽しめますよ。

見れば見るほど引き込まれるアンティークな色は、大人のビオラと言ったところでしょうか。おしゃれな雰囲気のあるビオラです。

フロステッドチョコレート

フロステッドチョコレート
アンティークな色合いにパッと目を引く内側の黄色が特徴的なフロステッドチョコレート(略してフロチョコ)。素敵な色合いですね。生産量が少ないそうで、園芸店でもなかなか販売されていない品種の1つです。

時期によって少し色が抜けるように変化していきますが、それはそれでまた美しく、冬のシーズンを通して何度も楽しめるビオラですよ。

庭人ビオラ・流れ星

流れ星
鹿児島(霧島)の花苗生産者である庭人さんのシリーズ、流れ星。庭人さんの苗は、健康な苗、連続開花、花壇でのパフォーマンスを追求するために、露地にこだわって育苗されているそうです。

流れ星はとても特徴的な縞模様の絞り咲きで、名前の通り星が流れているような模様になっています。美しいブルー系の色合いも目を引く鮮やかさですね。

乙女ごころ

乙女ごころ
流れ星と同じく庭人さんのビオラ、乙女ごころ。このビオラは、三重県鈴鹿市にある桐生ふぁ~むで育種された品種から庭人さんが採取し、作られたものだそうです。

独特のパステルカラーが可愛らしく、購入した時はもう少し濃いピンク色でした。現在は少し薄くなり、白に近いピンク色に変化してきています。

なごみももか・しんしん

なごみももか・しんしん
早生種でたくさんの花をつけるビオラ、ももかシリーズ。しんしんの他に、かんかん、らんらん、りんりんなどがありますよ。しんしんは淡いパステルカラーのユニークなビオラで、横張りが良くコンパクトに仕上がります。

我が家のしんしんは最初は淡いピンク色の花弁をしていたのですが、だんだん色が変わってきて現在は薄い青色のような色をしています。アンティークな色合いでとても美しく気に入っています。

パピヨンワールド

パピヨンワールド
高知県の育種家である植田さんが作られた、うえたビオラのパピヨンワールド。小さめの花を咲かせる品種で、繊細な色合いが特徴的。花色はいくつか種類があります。

こんな素敵な色があるんだと驚くほど美しく、まるで蝶が舞っているような雰囲気があります。耳長の花形もとても可愛らしく愛着が湧くビオラですよ。

平塚弘子作品集・はな紡ぎ

はな紡ぎ
園芸研究家である平塚弘子さんが育種されたビオラシリーズの1つ、はな紡ぎ。独特の色合いの花弁がとても美しいビオラです。

平塚弘子さんはたくさんのパンジー・ビオラの研究・交配を手がけていらっしゃる方で、他にも個性的な種類を生み出されています。いくつか並べて植えてみるととても美しいことでしょう。

ハロウィン・ビオラ

ハロウィンビオラ
名前の通り、ハロウィンの時期に購入したハロウィン・ビオラ。パンジーやビオラが出始めた時期ですね。

チューリップの童謡にあるように、花と言えばピンクや黄色のカラフルで可愛い色を連想しますが、意外と黒や濃い色の花もたくさんあります。そして渋くてかっこよく、私は黒い花を見るとついつい買ってしまいます。

この花は漆黒の黒でまさに魔女のハロウィン。黒い花は引き締まって見えるので、寄せ植えでも活躍してくれますよ。

わらく

わらく
ムラカミシードの小輪のパンジー、わらくシリーズ。ビオラと大差ないほどの小ぶりな大きさで、ビオラのようにたくさんの花を咲かせる品種。とても花付きが良いのが特徴です。

1つ1つ色幅はあるものの、この柄が入ったような美しい色合いがとても気に入って購入しました。わらくシリーズは黄色系から青系まで、豊富なカラーバリエーションがあるそうです。

ビッツ・ハートカクテル

ハートカクテル
淡い紫、ピンク、赤が混ざり合うような、繊細なアンティークカラーに一目惚れして購入したビオラ。もともと高いビオラではありませんが、近くの花屋さんで70円ほどまで安くなっていて大量に購入しました。

多花性のビオラのため、秋から春までの間、次から次へとたくさんの花を付けてくれますよ。庭を盛り上げてくれること間違いなしの中輪ビオラです。私はハンギングバスケットに植えて楽しんでいます。上品で大人っぽい雰囲気の花壇にも似合うことでしょう。

ハリーの冒険

ハリーの冒険
見元園芸オリジナルビオラの1つ「ハリーの冒険」。このシリーズは「ピンクコアラ」「小悪魔プワリ」「ガゼルのかけっこ」など、動物をモチーフにした名前とイラストがかわいいシリーズです。それぞれ違った特徴があるので、全部集めたくなる魅力がありますよ。

ハリーの冒険は薄紫のうさぎの耳のような花弁があり、まるでうさぎのような形をしたビオラです。紫色が爽やかでとても可愛らしいですね。

ミステリアスシリーズ・ラブグリーン

ラブグリーン
ゲブラナガトヨさんのオリジナル品種、ミステリアスシリーズのラブグリーン。ミステリアスシリーズと言えばマリアなどが人気ですね。

ラブグリーンは黄色と緑が混ざったようなアンティークな色合いがとてもミステリアスで、花付きも良く、1株でこんもりと育ってくれます。このシリーズはどれも引き込まれるような独特な色合いが特徴で、毎年必ず育てたくなる品種です。

他にもたくさん!

わらく
ご紹介した以外にも、寄せ植えで使ったもの、名前を忘れてしまったものなど、まだまだたくさんのパンジー・ビオラがありますよ。パンジーとビオラは数え切れないほどの種類があるので、一生をかけてコンプリートしたいものです…。

ハンギングバスケットもお勧め!

ビオラハンギング
私はビオラでハンギングを作るのが好きで、今年もいくつも作って庭に飾ってあります。真ん丸なものを作ろうと思うと数がいるので少々お金はかかりますけど、1つ作れば庭のアクセントになりインパクトも大。豪華で華やかさがありますよ。あまりスペースが取れないと言う方には、壁掛けのハンギングもお勧めです。

パンジー・ビオラガーデンを作ろう!

ビオラの種類
年々増え続けるパンジーとビオラ。毎年新しいものが出る度に育てたくなり、ついついたくさん買ってしまい増え続けています。そしてきっとこれからも……。

今やパンジーやビオラに見えないほど豪華絢爛な形のものもたくさんあり、色数も数え切れないほど豊富ですね。パンジーやビオラを育てることは、寒くて辛い冬の楽しみの1つとなっています。

種類が多過ぎて全ては育てられないけれど、これだけあるんですもの。きっと自分の庭に合った花もたくさん見つかるはず!園芸店によって置いているブランドも違うので、ぜひ色々と回ってお気に入りを見つけてみてくださいね!

人気種から変り種まで…パンジー・ビオラの世界【チェリーガーデンコレクション】
寂しくなりがちな冬の庭を彩る花と言えばパンジーとビオラ。丈夫で開花期間が長く、初心者でも育てやすい花です。我が家の庭(チェリーガーデン)でもたくさんのパンジーとビオラを育てていますよ。

関連商品

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました