ブログタイトルを「ガーデンDIY図鑑」に変更しました
スポンサーリンク

香りと見た目に癒される、石膏を使ったアロマストーンの作り方

アロマストーン作り方
石膏にアロマを染み込ませて香りを楽しむアロマストーン。ただの丸い形でも良いのですが、せっかくならばかわいい形にしてインテリアとして飾ってみませんか?100円ショップで材料が揃うので、初めての方でも気軽に作ることができますよ。

100円ショップの石膏

石膏
土台の材料となる石膏は、アロマクラフトの材料として、セリアでもダイソーでも購入することができます。石膏の変わりに石粉粘土を使って代用することも可能です。

シリコンモールド

シリコンモールド
アロマストーンやアロマワックスなどで使えるダイソーのシリコンモールド。天使の形の他にも、スノーマンや木馬などのかわいい形のものがありましたよ。
シリコン製のものだと柔らかいので、固まってから外しやすいです。

1. 石膏と水を混ぜる

石膏を作る
まずは石膏と水を調合。割り箸などを使ってしっかりとかき混ぜます。容器は何でも良いのですが、使い捨てられる物が便利かと。

水の量は100gに対して30mg。このシリコンモールドの場合は石膏が10gほどしか必要ないので水は3gの計算になるのだけど、それでは少なすぎてパサパサだったので、調整して少しずつつけ足します。滑らかになるまで水を入れ、あとは3~4分ほど攪拌します。

2. 水彩絵の具で着色

色を付ける
白色度が高い石膏だけど、そのままでは味気ないので色をつけます。よく混ぜた石膏の中に水彩絵の具を2、3滴垂らすと、みるみるうちに色がついた石膏になりますよ。ほんの少し垂らすだけでも色はつくので、絵の具の量はご自身で調整してください。

3. 流し込み

枠に流し込む
攪拌時間が短いと粘性がないので、適度な粘性が出るまで3~4分しっかりと攪拌します。粘性が出てきたところでいよいよシリコンモールドへの流し込み。
型の隅から静かに流し込み、気泡が出来ないように素早く入れます。

4. 空気を抜く

気泡を抜く
空気が入り込むと気泡になり、形が崩れてしまうので流し込んだあとで空気を抜きます。シリコンモールドを軽く上下にトントンとたたき、平らになるようにしましょう。あまり激しくやると石膏が漏れたりこぼれたりするので注意。

5. 放置 → 型から外す

型から外す
流し込んでから30~40分ほどで固まりますが、念のため1時間ほど置くようにしています。石膏の温度が下がったところが目安。
シリコンなので外しやすいけれど石膏は割れることがあるので、外すときは気をつけて作業してください。細い部分は欠けやすいので注意が必要です。

6. アロマオイルを垂らす

アロマをつける
これだけでもかわいいけれど、アロマストーンなのでアロマを垂らすこともお忘れなく。固まった石膏の裏側に3滴ほどアロマを垂らして香り付けしましょう。

7. ちょっとしたアレンジも

完成
お好みで、リボンやデコレーションなどをちょっと加えて完成です!とても良い香りがするので、玄関などに飾っておくと良いかもしれませんね。電気や火を使わずに、気軽に香りを楽しむことができますよ。

並べて飾ってインテリアに!

アロマストーンとアロマワックス
ロウを使って作るアロマワックスバー同様、見た目もかわいいのでプレゼントにも喜ばれること間違いなし!いくつか並べて飾っておくだけでも、素敵なインテリアになりますね!

キャンドルを使って作る、カラフルでSNS栄えするアロマワックスバー
結婚式のギフトや、友達へのプレゼントとして今女性に大人気の「アロマワックスバー」(アロマワックスサシャ)。キャンドルを溶かし、板状にして装飾した雑貨です。100円ショップのキャンドルを使って作ってみました。
ふわっといい香り!100円ショップの材料で作るアロマワックスバー
火を使わずに飾って楽しむ板状のキャンドル「アロマワックスバー」(アロマワックスサシャ)。いい香りとかわいらしい見た目から、今人気急上昇中の雑貨です。実はこれ、100円ショップの材料や家にあるものを使って、簡単に作ることができるんですよ!
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました