塗ったところがたちまち黒板に!魔法のような黒板ペイントの使い方

黒板ペイントDIY
カフェ風インテリアやナチュラルガーデンなどに人気のある黒板雑貨。手描きのメッセージボードとして利用でき、ちょっとしたところに使うだけでおしゃれ感がぐっと増します。そんな黒板を簡単に作れる塗料があるのをご存知ですか?

広告

ダイソーの黒板ペイントを使用

黒板ペイント
最初は各塗料メーカーから発売されていましたが、現在は100円ショップでも販売されており、気軽に試してみることができます。私が購入したのはダイソーの黒板ペイントの緑。黒や青などもあります。セリアでも販売されていますよ。

黒板にチェンジできる素材は、室内壁、石膏ボード、モルタル、コンクリート、木部、ビニールクロス、アクリル、ガラス、金属、布などだそうです。ほぼ何でもと言うことか。なるほど、有能。

STEP1. 塗る面の汚れをとる

やすりがけ
今回は使い方の紹介なので、余っていた端材を使いました。以前矢印サインプレートを作ろうとカットまでしたけれど余ってしまったもの。これを改めてサインプレートに!

まずは、塗りたい材料の汚れや錆び、油分などを落とします。塗れている場合はしっかりと乾燥させてください。木材の場合はやすりがけをしておくと、表面が滑らかになってチョークで書きやすくなります。

STEP2. 黒板ペイントを塗る

1度塗り
普通の絵の具やペンキと同じように、全面にムラのないように黒板ペイントを塗っていきます。一部だけ塗りたい場合は、マスキングテープで周辺を覆ってはみ出ないようにしましょう。

STEP3. 重ね塗りをする

2度塗り
一度塗ってから、4時間程度は乾燥させます。(ドライヤーを使えば時短に。)完全に乾ききったら上から重ね塗りしてください。私は2度塗りにしましたが、さらにしっかりと塗りたい方はその上から重ね塗りをします。この場合説明書きには、「さらに上塗り塗装する場合は最低24時間は乾燥させてください」と書いてあるので、最低でも一日以上置いた方が良いかと。

また、今回は面積が小さかったので刷毛を使いましたが、広い面積を塗る場合はローラーを使った方がムラになりません。

STEP4. 完成!

2度塗り完成
あら簡単!これだけで黒板の完成!ただの木材が黒板に大変身!パパッと塗るだけなので、雑貨からインテリアにいたるまで使い道が広そうですね。アイデア次第で様々なものができそうな魔法のような塗料。黒板ペイントを使って、室内壁を一面黒板にしている方もいるようです。


黒板ペイント完成
本物の黒板のように、チョークでしっかりと書くことができました。ペンキなどと違い、失敗しても消してやり直せるし、他のメッセージに変えることもできると言うメリットもあります。なにより、手書き風なところがかわいい!

黒板ペイントを使ってDIY!

黒板ペイントDIY
便利な時代になったものだと感心してしまいました。こんなものでも100円ショップで買えてしまうのだから。DIYにはもってこいの時代だな、うん。今度はこの黒板ペイントを使用して、何か雑貨を作ってみよう。

広告
トップへ戻る