ブログタイトルを「ガーデンDIY図鑑」に変更しました
スポンサーリンク

ダイソーで販売されている発泡スチロールカッターの使い方

発泡スチロールカッター使い方
お子さんの工作やDIYで発泡スチロールを使う場合、小さくカットしたりくり抜いたりして使いたい場合もあるかと思います。そんな時に使える工具が発泡スチロールカッター。ダイソーで100円で販売されていたので、実際に買って使ってみました。

ダイソーの発泡スチロールカッター

ダイソー発泡スチロールカッター
発泡スチロールカッターは、ペンのように真っ直ぐなもの、置き型のものなど、メーカーによって様々なタイプなものがあります。値段もピンキリで高いものだと2万以上のものもあるそうですよ。簡単な仕組みなので自作している方も結構いるんだとか。

ダイソーの発泡スチロールカッターはコの字のような形のもので、先端にニクロム線が付いており、これが熱くなり発泡スチロールをカットすると言う仕組みです。

発泡スチロールもダイソーで

発泡スチロール
ちなみに、発泡スチロールも同じくダイソーで販売されていました。形、厚みが違うものがいくつか販売されており、丸いもの、三角のものなどもありましたよ。ただし、ホームセンターで販売されているような大きな板や大きな入れ物などはありませんでした。

予備のニクロム線付き

予備のニクロム線
発泡スチロールカッターを開封してみると、なんと予備のニクロム線まで付いていました。こちらは20cm。100円商品で何度か交換して使うことができるのはありがたい限り…。

必要なのは単2電池1本

単2電池
このカッターを動かすには単2の電池が必要です。(※電池は別売、さすがにね。)電池を入れるだけで準備完了。誰でも簡単に使うことが出来ますよ。

押すとオン!離すとオフ!

押すとスイッチオン
この工具は電池の上の部分を押すとオン、離すとオフと言う仕組みになっています。つまり、押している間だけ熱が発生してカットすることができ、指を離すと熱が出ず切れない状態になるのです。原始的なスイッチだけどこれならスイッチの切り忘れはありませんね。

使い方

発泡スチロールカッター使い方
本体のスイッチを押しながら発泡スチロールに直接当てて、切りたい方向へ動かしていけばカットすることが出来ますよ。どうしてもガタガタになってしまう場合は、本体を引くように動かしていくと綺麗にカットすることが出来ます。

 
発泡スチロールカッターでDIY
これを使えば、記号やアルファベットなどの形、丸などの曲線も、思い通りに切ることが出来るのです。

注意点

発泡スチロールカッター使い方
熱を持っているので、スイッチオン時は素手などで触ってはいけません。また、紙やビニールなどを切るのも溶けて危ないのでNGです。ニクロム線交換時は、ケガがないよう一旦電池を抜いてから作業します。

どんな工具でもそうですが何よりも安全第一!使用方法をよく読み、焦らず安全な使い方でDIYを楽しみましょう!

カッターと発泡スチロールカッター断面比較

カッターとの断面比較
文具のカッターでも発泡スチロールを切ることは可能なのだけど、切り口がガタガタになってしまうことが多いです。カットした部分のゴミも舞うわ舞うわで掃除が大変でした。

対して発泡スチロールカッターは熱で溶かしているため、断面がとても滑らかになります。文具のカッターのようにザクザクと切っているわけではないため、余分なゴミが出ることもありません。

使用後は電池を抜いて保管

電池を抜いて保管
お子さんが間違って触ってしまったり間違って誤作動しないようにするためにも、使用後は必ず電池を抜いて保管します。

使ってみた感想

発泡スチロールカッターDIY
使ってみて私的に使いにくかったことは、ニクロム線の幅が2.5cmなので太いものが切れなかったこと。いくつか切ろうと思っていたものは断念せざるを得ませんでした。

もう1つは、ニクロム線の部分が簡単に取り外せるようになっていないため、どうしても板の縁から入っていかなければならなかったこと。板の真ん中に穴をあけたい場合や文字をくり抜いた板を作りたい場合などは、この工具だけではなかなか難しいかも。

まあしかし薄い板であれば問題なく切ることが出来ますしくり抜くことも簡単に出来ます。スーッと入っていく感触はとても気持ちの良いものですしね。切り口も綺麗です。

 
用途によっては使いにくいところもありますが、これで100円ですもの、文句は言えません。最近発泡スチロールを使うDIYをよくしているので、何かと重宝はしていますよ。太い発泡スチロールを切る用のカッターは、今度自作でもしてみようかしら…。

関連商品

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました