ダイソーのツリーベースで作る、木の実ぎっしりのミニクリスマスツリー

スポンサーリンク

木の実クリスマスツリー手作り
12月に入り、いつの間にか街がクリスマス色に染まってきました。可愛らしいクリスマスグッズを目にすることも多くなる今日この頃ですが、今年のクリスマスはオリジナル手作りアイテムで盛り上げてみませんか?木の実たっぷりのナチュラルなクリスマスツリーの作り方です。

スポンサーリンク

ダイソーのツリーベース

ダイソークリスマスツリー土台
クリスマスツリーを作るにあたって土台として使ったのは、ダイソーで販売されていたツリーベース。こういうものが売っていなかったら発泡スチロールを自分で円錐状にカットして使おうと思っていたので、手間が省けて非常にありがたい。探せば何でもあるのね、100均。

素材も100円ショップのもの

木の実素材
ツリーの材料として使ったのも、同じく100円ショップの素材がメインです。あとは拾ってきたものなど。松ぼっくりや木の実など、普段から使えそうなものはたくさん集めてあるので、これらの素材を使って作ります。ちなみに、ツリーにぐるりと1周木の実を取り付けようと思うと、殊の外たくさんの材料が必要になりますよ。

1. 素材を小さく分解

素材分解
木の実や葉っぱを1つ1つ細かく取り付けていくので、大きなものや固まっているものなどは、最初に分解したり小さくカットしておくと取り付けるのに便利。

2. グルーガンで取り付け開始

グルーガン
ツリーに素材を取り付けるにはグルーガンが必要です。グルーガンとは、熱で樹脂を溶かして接着させることが出来る工具で、ダイソーでも販売されていますよ。リース作りやハンドメイドには欠かせない工具です。これを使い、材料を土台に取り付けていきます。

土台が発泡スチロールで出来ているので、材料に針金などが付いていれば挿して取り付けることも可能。

3. 全面にぎっしり付ける

木の実を付ける
色合いや配置を考えながら全面に材料を取り付けました。下の方は大きめの材料を使い上に行くほど小さめの材料を使うと、全体のバランスが良くまとまりますよ。全体的にあまり隙間が出来ないようにぎっしりと付けると良いですが、ちょっとの隙間は後で修正するのであまり気にせず作業します。

4. 隙間を埋める

隙間を埋める
発泡スチロールが見えているとみっともないので、ここで空いている隙間を修正。今度は小さな実や葉っぱなど、隙間に入るような小さな材料をグルーガンを使って入れていき、隙間を埋めるように取り付けます。

5. 完成!

クリスマスツリー完成
木の実などの材料でぎっしりと埋まったら、ミニクリスマスツリーの完成!色数多くカラフルなのも賑やかで良いですが、色を制限すると統一感があって大人っぽいものが出来上がります。私は茶色と赤がメインのツリーに仕上げました。

手作りクリスマスで飾ろう!

手作りクリスマス雑貨
毎年クリスマスシーズンになると100円ショップでもたくさんの手作り素材が販売されるようになるので、色々と自分なりにクリスマスグッズを手作りして楽しんでいます。あなたも手作り雑貨でクリスマスの飾り付けをしてみませんか?きっと、心温まるクリスマスになることでしょう!

自然素材を使って作る、簡単でシンプルなクリスマスリース
子供の頃、クリスマスが来るのを指折り数え、ワクワクして待っていたのを覚えていますか?大人になっても四季を感じ、季節イベントを心から楽しみたいですよね。忙しい人にお勧めの、簡単に出来るクリスマスリースの作り方をご紹介します。
赤い実が可愛い!シンプルでナチュラルなサンキライのリースの作り方
クリスマスにピッタリの冬の赤い実と言えばサンキライ。とても可愛らしく、ドライフラワーやアレンジメントで大活躍の植物です。リース作りにも欠かせないサンキライは、パパッと付けるだけでナチュラルな雰囲気になりますよ。
使用した材料
  • ツリーベース
  • 木の実各種
  • グルーガン
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました