スポンサーリンク

春のインテリアにおすすめ!ミモザのおしゃれなアレンジ方法と飾り方

ミモザ飾り方
毎年黄色いミモザが咲くのを見ると、暖かい春がすぐそこまで来ているのを実感します。四季折々の花を見ると時の流れを感じますね。ドライフラワーとしても人気の高いミモザを使って、部屋に彩りをプラス!

ミモザって?

ミモザとは
3月8日はミモザの日。イタリアではミモザの花を身近な女性に感謝の気持ちを込めて贈る日だそうです。なんて素敵なんでしょう。日本にもぜひ取り入れてほしいものです。イタリアに限らずヨーロッパでは特に人気が高い花で、ミモザまつりなども開催しているようですよ。

そんなミモザの花。青い空に映えるこれでもか!と言うほど鮮やかな黄色い花が特徴的です。このミモザはマメ科の常緑高木で、所謂アカシアのことを言います。本来ミモザとはオジギソウのことを総称して言い、葉や花の形などがオジギソウと似ていることからいつからかミモザと呼ばれるようになったそうです。

もうすぐ訪れる春をいち早く告げるミモザ。アレンジ方法や飾り方をご紹介します。

リース

ミモザリース
ミモザを使ったアレンジと言って最初に思いつくのがリースと言う方が多いのではないでしょうか。ミモザのリースは春の定番ですね。

フワフワの黄色い花はとても可愛らしく、丸いリースとして飾ればお部屋のディスプレイにピッタリ!玄関の扉などに掛けて春の訪れを楽しんでみてはいかがでしょう。

作り方もとても簡単で、リース土台にワイヤー等を使って取り付けていくだけ。ミモザの数が少なければ小さめの土台を使っても小ぶりで可愛いものができますよ。

鮮やかな黄色い春のリース・ミモザだけを使ったリースを手作り
春の訪れと共に鮮やかな黄色い花を咲かせるミモザ。ドライフラワーや切花、鉢物としてとても人気の高い花です。今回はそんなミモザを使った、とても簡単にできるリースの作り方をご紹介します。玄関や壁に飾って春のインテリアを楽しもう!

スワッグ

ミモザスワッグ
スワッグとは、花束のように好きな花を束ねて飾る壁飾りのこと。要らない下葉を少し取り除いて束ねるだけなので、リースやハーバリウムよりも簡単に作ることができます。ミモザの枝が数本あれば誰でもパパッと短時間で作れるのが魅力的。鮮やかな黄色い花は、お部屋に春らしさと元気を運んでくれますよ。

ミモザだけを使って作るスワッグもシンプルで可愛らしいですが、ユーカリやラベンダーのドライフラワーを混ぜて作っても豪華でインパクト大!

スワッグではないですけど、結婚式のブーケにも鮮やかでナチュラルな雰囲気のミモザは人気がありますよ。春に挙げる結婚式にはぜひ使いたい花ですね。

束ねて掛けるだけ!鮮やかでおしゃれなミモザのスワッグで壁を飾ろう!
鮮やかな黄色いミモザの花が咲くと、春の訪れを感じます。とてもかわいらしい花なので枝を束ねて壁掛けとして飾るだけで、パッと目を引くインテリアの出来上がり!簡単にできる春色のミモザスワッグの作り方をご紹介します。

ハーバリウム

ミモザハーバリウム
鮮やかな黄色いミモザの花は、オイルの中でキラキラと煌くハーバリウムにもピッタリなんです!瓶に入れてオイルに浸すだけなので難しいものではありませんし、100円ショップでもオイルや長いピンセットなどを購入することができるので手軽に作ることができますよ。

特にミモザが少量しか手に入らなかった場合、リースやスワッグにするには足りないので、ハーバリウムとして楽しんでみても良いかもしれませんね。
ハーバリウムは自分用のインテリアとしてだけでなく、家族やお友達への贈り物としても人気がありますよ。

瓶の中に春を詰めよう!ミモザと花かんざしを使ったハーバリウム
春を運んでくる黄色い花、ミモザ。ミモザをドライフラワーにすれば、リースやスワッグはもちろんハーバリウムを作ることもできますよ。ミモザと好きな花を詰め込んで、春いっぱいのハーバリウムを作ってみてはいかがでしょう。

ボトルフラワー

ボトルフラワー
ボトルフラワーとはボトル(瓶)の中に花を閉じ込めたもののことで、他のアレンジ方法よりもとにかく手間がかからないアレンジ方法です。小さな瓶にミモザを入れて飾るだけで完成です!ハーバリウムのようにオイルなども必要ありません。

簡単なのにおしゃれで、ちょっとしたインテリア雑貨として飾っておくことができます。ミモザと合わせていろんな花を飾ってみても華やかで楽しいですよ!

ラベルやタグなどを付けてアレンジすれば、植物標本っぽい雰囲気にもなります。ハーバリウムと同じくもちろんギフトにもおすすめ!

花瓶に生ける

花瓶に挿す
インパクトたっぷりの黄色い花は、花瓶に水を入れて挿しておくだけでも絵になります。何本もまとめて飾れば、元気がもらえそうなほど鮮やかで目立つ存在になること間違いなし!

ミモザはナチュラルな雰囲気が人気なので、木のぬくもりのある自然な家などに似合いそうですね。白いインテリアにもピッタリ!

瓶に挿す

瓶に生ける
100円ショップなどの小瓶に、小さく切ったミモザのドライフラワーを挿していくつも並べておくだけでも可愛いですよ。ミモザはドライフラワーが作りやすい植物なので、瓶に挿しておくだけでも簡単にドライフラワーが作れます。

セリアなどに可愛い瓶がたくさん販売されているので、可愛い瓶を探してお部屋に飾ってみてはいかがでしょう。長い枝があれば一輪挿しにしてもシンプルでおしゃれですね。

オリジナル雑貨を作る

ミモザ雑貨DIY
他にもアレンジ方法は様々。板に張って壁に掛けられるようにしたり、レジンでアクセサリーなどを作ったり、自分だけのオリジナルな雑貨を作ってみるのも楽しいと思います。他の花と組み合わせて春の訪れを感じてみるのも素敵ですね!

ミモザをインテリアに取り入れよう!ミモザのオリジナル雑貨を手作り!
ドライフラワーとしても人気の黄色い花が可愛いミモザ。桜が咲くより少し前に花をつけるので、ひと足先に春気分を味わえる花ですね。ブーケやスワッグを作る方も多いと思いますが、今回はミモザを使った雑貨を作ってみました。部屋に飾ってお家に春を取り入れよう!

まとめ

ミモザの雑貨
ミモザは花を切ってすぐは鮮やかな黄色ですが、だんだんと変色し、1年ぐらいすると茶色くなることが多いです。ですので永久的なインテリアに!とはいかないですが、私は毎年ミモザが咲くのを楽しみにしており、1年ごとにリースやスワッグなどを作り直して飾っています。ミモザを見ると、作らねば!と体が反応します…。

可愛い花で使いやすいので、ぜひ皆さんも色々なアレンジに挑戦してみてくださいね!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました