100均でも買える!ハイドロカルチャー(ハイドロボール)で植物を育てる

スポンサーリンク

100均ハイドロカルチャー
お部屋のインテリアに、観葉植物を育てている人も多いのではないでしょうか。室内のグリーンは癒しにもなります。我が家でも今までは土で育てていたのですが、土の管理等手間をかけず清潔に育てたかったので、ハイドロカルチャーに変えてみました。

スポンサーリンク

ハイドロカルチャーって?

ハイドロカルチャー
そもそもハイドロカルチャーとは何かと言うと、水栽培のことです。

と言っても、ヒヤシンスなどの球根でよく見る水だけで育てる栽培方法のことではなく、ハイドロボール(ハイドロコーン)と言う人工の土を使った栽培のことを主にハイドロカルチャーと言います。(水を含んだカラフルなジェリーボールを使うこともハイドロカルチャーと言う場合もあります。)

ダイソーの観葉植物をハイドロカルチャー(ジェルポリマー)で育てる
家の中でも緑を楽しみたいと観葉植物を育てているのですが、室内で土を使って育てるとなると、虫や衛生面で心配になります。そこで土を使わないハイドロカルチャー(水耕栽培)で育てることに。見た目にも美しいダイソーのジェルポリマーを使用しました。

ハイドロボールは人工の土と言いましたが、正確には粘土を高温で焼いたもののこと。とても軽い素材で細かな穴がたくさんあいているため、酸素をたくさん根に送ることができ植物にも優しいそうです。

メリット

【1】清潔
ハイドロボールは土と違い無菌無臭。虫が寄ってきたり湧いたりしないため、常に清潔に保つことができます。

【2】水やりが簡単
また、植物にとって欠かせない水やりですが、土だと毎日やらなければならないと言う手間や、慣れるまでは水不足なのか加湿気味なのか分かりづらいと言うことがありますね。

ハイドロボールだと水がなくなってから足せば良いので分かりやすく、毎日やる手間もありません。頻度が少なくて済むため忙しい人でも育てやすいですよ。

【3】インテリア性がある
普通植物を植える場合は、底穴があるものでなければなりません。水が溜まって蒸れてしまうからです。しかしハイドロボールは底穴がないものが使えるので、ガラス瓶などおしゃれな容器を使うことができます。容器を選びません。

【4】何度も繰り返し使える
ハイドロボールは一度使い終わっても、洗えば何度でも繰り返し使うことができます。土だと一度使ったらそのままでは使えないので、土よりエコな素材ですね。

デメリット

【1】根腐れすることがある
土の中にいる微生物がハイドロボールにはいないため、あまりにも加湿気味にしてしまうと、分解する力がなく根腐れしてしまうことがあります。見た目も良いので透明の容器を使うと、水分の量が分かりやすいですよ。

【2】1~2年で洗浄、植え替えが必要
これはハイドロボールに限らず普通の土を使う場合もですが、中に老廃物が溜まったり根がギュウギュウに詰まったりしてしまうので、定期的な洗浄や植え替えは必須となります。

【3】土ほど大きくは育たない
ハイドロボールは植物の成長が抑制されるので、土ほど大きくは育たないと言われています。部屋の中でインテリア程度に楽しむなら向いています。

用意するもの

ハイドロカルチャーを始めるために必要なものをご紹介いたします。

ハイドロボール

ハイドロボール
ハイドロボール、またはハイドロコーンなどと呼ばれており、ホームセンターや園芸店で販売されていますよ。粒のサイズが何種類かあるようなので、育てる植物に合ったものをどうぞ。

私が購入したハイドロボールはセリアのものです。ハイドロボールで育てるのは初めてだったので、とりあえず100円ショップの材料で始めてみました。

観葉植物とガラス瓶

観葉植物とジャム瓶
今や100円ショップでも観葉植物が買える時代。ダイソーにはたくさんの観葉植物が売られています。100円のものと300円のものがあり、100円のものを購入してきました。(名前が分からず…。)

ガラス瓶は何でも良いため、ジャムや食品が入った瓶を再利用するのも良いのではないでしょうか。

ミリオンA(根腐れ防止材)

ミリオンA
底穴がない鉢を使う場合やハイドロカルチャーなどには根腐れ防止剤が必要です。老廃物が溜まって根腐れするのを防ぐ役割がありますよ。ダイソーでも販売されているゼオライトも同じ効果があります。

1. ハイドロボールを洗う

ハイドロボールを洗う
以上のものを揃えたら、植え付ける準備を始めましょう!ハイドロボールをそのまま使うと水が濁ってしまうことがあるので、使う前によく洗います。

2. 根を水洗い

根を洗う
観葉植物はビニールポットから出し、土を落としてから根を水で洗います。根を傷めないよう、優しくほぐしながら洗いましょう。完全に土が取れるまでしっかり洗いました。

3. ミリオンAを敷く

ミリオンA敷き詰める
瓶の底にミリオンA(根腐れ防腐剤)を敷き詰めます。底が隠れる程度入れれば大丈夫です。

4. ハイドロボールを半分ほど入れる

ハイドロボール半分入れる
全部入れてしまうと植え付けられなくなるので、最初は瓶の半分程度までハイドロボールを入れておきます。

5. 観葉植物を植える

観葉植物入れる
ここでハイドロボールの上に観葉植物を置き、向きや深さなどを調整。ハイドロボールの中に根が入り込むよう、ピンセットなどで押し込むと良いですね。

6. ハイドロボールを入れる

ハイドロボール入れる
残りのハイドロボールを瓶の上まで入れます。向きや形などが崩れたら修正しておきます。

7. 水やり

水を入れる
写真が分かりにくくなってしまいましたが、水は鉢の下4分の1~5分の1程度まで入れます。この水は時間が経つとハイドロボールが吸収してなくなります。

水がなくなってからも十分に蓄えているため、このタイミングでやると加湿になってしまうので注意。水がなくなってから1~2日経った時にあげるのがベストだと言われていますよ。この時、湿っていても構いません。

8. 完成!

ハイドロボール完成
ハイドロボールでの植え付けが完了しました。土を使うのとほとんど同じでとても簡単です。材料さえ揃えばすぐにでも始めることができますね。

室内に土を置くことに抵抗がある人でも、これなら安心して始められることでしょう。

100円ショップで始めるハイドロカルチャー

液肥
植え付けた後は、2週間~1ヶ月に1回ほど液肥を与えます。ハイドロカルチャー用の液肥も販売されていますよ。

材料は全て100円ショップのもので揃いますし、ハイドロカルチャーってなんだか難しそう……なんて思っていた人も、手軽に始められると言うことがお分かり頂けたでしょうか。

ガラス瓶で育てられるので、お洒落で可愛いインテリアにもピッタリですよ!

追記

ハイドロボール
初めてハイドロボールを使ったため、水やりのタイミングを見誤り、一つ目の観葉植物は3ヶ月で根腐れして枯らしてしまいました。

残念でしたがそちらは諦め、現在は新たにカポックを育てています。2ヶ月ほど経ちますが今のところ順調に育っているので、このまま成長してくれることを願っています。

関連商品

使用した材料
  • ハイドロボール
  • 観葉植物
  • ガラス瓶
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました