【冬のバラのお手入れ】 休眠期に行う剪定と誘引作業が無事終わりました!

スポンサーリンク

バラ剪定
毎日寒くて庭に出るのも億劫になる1月、2月。しかし寒い寒いとばかり言ってられません。バラが休眠期に入るこの時期には、剪定植え替えなど、バラにとって重要な作業が意外とあるのです。寒かったですが美しいバラを咲かせたい一心で、今年も冬のお手入れをなんとか終わらせることができました。

スポンサーリンク

バラの休眠期のお手入れ


気温が低くなる1月~2月頃の冬の時期、バラは活動をやめ、休眠期に入ります。休眠期は寒さから身を守るため、葉を落として一旦成長を止め、春の開花に備えてじっと待ちます。

活動をストップしているこの時期だからこそ、強い剪定や移植などをしてもダメージが少なく枯れてしまうことがないので、やらなければならないことがたくさんあるのです。花が咲いていない時期でも、美しい花を咲かせるために冬のお手入れは欠かせませんよ。

休眠期にやること

バラ強剪定

剪定

伸びた枝をカットしたり、古くなったり枯れた枝を取り除く作業を剪定と言います。いらない枝をカットすることで、新しい芽をつきやすくします。

形を整えないと枝が伸び伸びになってしまい、無駄に背が高くなったり枝が多過ぎたりして、花つきが悪くなってしまいます。

そのために剪定をするのですが、冬の時期の剪定はおもいきりが大事で、全体の2分の1~3分の1を残してばっさりとカットしてしまいます。強めに剪定しておくことで、春にたくさんの花を咲かせることができるのですよ。

誘引

つるバラの場合は、剪定だけでなく誘引もしなければなりません。

昨年誘引してある場合は一度解いていらない枝をカットして再び戻すのが理想ですが、時間がない方は誘引したままで、枝先や枯れた枝、古い枝をカットしても大丈夫です。

誘引する際は春に咲いている姿を思い描いて太い枝から誘引していき、枝が水平斜め上向きになるように配置します。上に向かって真っ直ぐ誘引してしまうと、花付きが悪くなります。

植え替え

違う鉢への植え替えや、庭の違う場所に移植したい場合も、休眠期にやらなければなりません。

普段は太陽を浴びて光合成し、栄養を取って成長しているので、植え替え時に根を触ると枯れてしまうことがあります。しかし休眠期は活動をやめているので、土を掘り起こしているうちに多少根を切っても、枯れてしまうリスクも少なくなります。

成長に合わせて鉢替えをするなら休眠期にやっておきましょう。

肥料

1月~2月に施す肥料のことを寒肥(かんごえ)と言います。一年の始まりの肥料として、剪定が終わったら十分に与えてあげましょう。

チェリーガーデン、1月下旬剪定、誘引

剪定作業
さて、一年に一回の剪定、誘引作業。我が家のチェリーガーデンには現在80本ほどのバラがあるため、毎年なかなか重い腰が上がらないところですが……1月下旬の暖かい日に一日かけて作業しました。

まだまだ私の知識では上手くできないのと本数が多いので、知り合いのバラのプロの方にお願いして、手伝いながら作業しました。
分からないことは聞き、ダメ出しを受け(笑)、講習会(生徒:私と主人のみ)まで開いて頂き、懇切丁寧に細かなことまでご教示いただきながら剪定、誘引を進めました。

パレード誘引

壁面剪定前
壁面に誘引してあるパレード。花付きが良くて春には壁一面にとても綺麗に咲き誇りますが、伸び過ぎて収拾がつかなくなっていました。

 

壁面剪定後
昨年は上に向かって誘引してしまっていたのですけど、今年は流れるように水平に誘引できました。
家の外壁にはネジを打ちたくないので、雨どいや木などを駆使して誘引させます。2階のフラワーボックスにワイヤーを引っ掛けて下に引っ張り、そこへ枝を巻きつけて形を作ってありますよ。

フェンスのつるバラ誘引

フェンス剪定前
フェンス沿いには、スパニッシュビューティーやピエールドゥロンサール、フッタカーシュリンローズなどのつるバラが植えてあり、作ったボーダーフェンスだけでは高さがなかったので、昨年ハイフェンスを購入して高さを出しました。

アイアンフェンスで見栄え良く!バラ用のクラシックハイフェンスを購入
ずっと欲しかったつるバラを巻き付けるためのフェンスを、先日ネットで購入しました。高さがあるフェンスなので、高い位置までバラを誘引することが出来ます。春になるのがいつもより待ち遠しくなりました。

 

フェンス剪定後
こちらもたくさんのバラがあり枝が混み合ってしまっていましたが、かなり枝を少なくして、再度誘引をし直しました。フェンスなどへの誘引はネジを留めたり絡ませることができるので、壁面なんかよりは簡単ですね。

アイスバーグのアーチ

アーチ剪定前
チェリーガーデンで一番花付きの良いアイスバーグ。玄関アプローチにあるアーチに誘引してあり、春には真っ白な花が純白の雪のように咲き誇りますよ。
我が家のシンボル的存在だけどこちらも放置だったので、アーチからピョンピョンと枝が飛び出して大変なことに。もはやお化け屋敷……。

 

アーチ剪定後
巻き直せるところは一度外して巻き直し、枝もかなり短くなりスッキリと仕上がりました。玄関ポーチへのニュードーンへ続くように誘引してあるので、花が咲くのがとても楽しみです。

パーゴラの誘引

パーゴラ剪定前
家の窓の前には花壇を作ってあり、そちらにはバリエガータディボローニャ、セプタード・アイル、セバスチャン クナイプなど植えたので、誘引するためにパーゴラを作りました。

 

パーゴラ剪定後
パーゴラは柱にしか這わせることができないので、花壇の奥に、ホームセンターの資材売場で見つけたワイヤーメッシュを白く塗装して立てて、誘引するのに使いました。これで柱だけでなく、横方向にもバラがいっぱいになってくれるでしょう。

玄関の花壇

玄関花壇剪定前
レッドレオナルドダビンチやホーム&ガーデンが彩る玄関前の花壇。真っ赤なレッドレオナルドダビンチはとても鮮やかでインパクトがあり、気に入っています。

 

玄関花壇剪定後
ポストやトレリスを利用し、立体的になるよう誘引しました。後ろ側がタイルでネジや釘で留めることができないので、この部分に木製のフェンスを作り、来年からは誘引しやすくしようと思っています。

春が楽しみ!

春のバラ
来て下さったプロの方に教えて頂き、なんとか終えることができました。良い感じで仕上がり満足しています。

花が咲いている時期も咲いていない時期も、他の花と違ってバラはかなり手間がかかります。特に冬の作業は寒くて大変ですが、苦労した分だけきっと、春に綺麗な花をいっぱい咲かせてくれるはず!
今年も春になるのが楽しみです。ローズドリームパラダイスを夢見てまだまだ奮闘します!

関連商品

スポンサーリンク
庭の花
スポンサーリンク



スポンサーリンク
ガーデンDIY図鑑
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました