家のトレードマークに!シンボルツリーにおすすめの樹木

スポンサーリンク

シンボルツリー
庭や玄関にシンボルツリーを植えることでその家のトレードマークにもなり、花や紅葉など、観賞を楽しむこともできます。草花とは違った存在感があり、庭作りには欠かせない存在。家の顔となる木だからこそ、樹形や種類にこだわって選びたいものですね。

スポンサーリンク

シンボルツリーとは?

シンボルツリーとは
シンボルツリーとはその名の通り、家のシンボルとなる木のことです。観賞価値の高い樹木を1本植えるだけで、庭に華やぎが生まれ、季節を感じることができ、庭全体が引き締まってまとまった設計になりますよ。

シンボルツリーは何も大きくなくても良いのです。狭い庭でも樹形を選んだり鉢植えにするなどの工夫をすれば、十分植えることができますよ。

シンボルツリーはなぜ植えるのか?

シンボルツリーの役割は、前述の通り、家のシンボル的存在、トレードマークの意味があります。また、花や実、紅葉などの鑑賞を楽しめる存在としての役割もあります。

もちろんその意味もあるのですが、その他にも、草花や他の植物と合わせてデザインしてみたり、玄関など人目が気になる場所に植えれば、目隠しとして使うこともできます。フェンスなどを設置する程でもなく家を囲ってしまうのは嫌だと言う人は、庭木を使って目線をカットしてみるのも良いでしょう。

その他にも、日よけや防風などの役割もありますよ。

樹木の種類

樹木と一言で言っても色々な種類があります。

まずは、秋になると葉を落とす落葉樹、年中葉を落とすことなくいつも緑の常緑樹の2種類。落葉樹は芽吹きや紅葉など、四季を通して変化を楽しめる一方、冬になると何もなくなってしまいます。
常緑樹は年中葉があるので目隠しには最適ですが、変化に乏しいと言うデメリットもあります。

また、平たい楕円形の葉で大きく広がる樹形が特徴の広葉樹、針のように尖った形の葉で背が高いものが多い針葉樹

そして、3mを越えるような樹高が高い高木、大人の身長よりも低い低木などの種類もあります。大きなものであれば2階建ての屋根まで届くようなものもあれば、ツツジのような、一見樹木ではないものも樹木に含まれますよ。

それ以外にも、実がなる木、ならない木、日陰に強い木、弱い木など数え切れないほどの種類があるので、それらを知って、自分の庭に合うものを選んでみると良いと思います。

以降、おすすめのシンボルツリーをご紹介!

ハナミズキ

ハナミズキ

  • 科名:ミズキ科
  • 樹高:2~5m
  • 分類:落葉高木
  • 開花期:4~5月

北米を代表する花木で、アメリカでは大変ポピュラーな木です。日本では一青窈さんの美しいハナミズキの歌でも有名ですね。花色は白とピンクがあります。

桜が終わった頃に花を咲かせ、秋には赤い実を付け葉の紅葉も楽しめますよ。一年中通して季節を感じられる庭木で、シンボルツリーとしてだけでなく、公園や街路樹などとして植えられることも多い樹木です。

我が家のシンボルツリー・ハナミズキ(花水木)が満開に!
別名アメリカヤマボウシとも呼ばれるハナミズキ。一青窈さんの美しいハナミズキの歌を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。桜が散り少しもの悲しいこの季節ですが、我が家ではハナミズキが庭を彩っています。

オリーブ

オリーブ

  • 科名:モクセイ科
  • 樹高:5~7m
  • 分類:常緑高木
  • 開花期:5~6月

細く先端が尖った銀葉が美しいオリーブの木は、地中海のイメージもあり、洋風の庭にぴったりのシンボルツリー。ナチュラルな庭にもよく合い、おしゃれな雰囲気から、女性に人気のある樹木ですよ。

丈夫で手間がかからず育てやすいことから、ガーデニング初心者にもおすすめ。9~11月頃に果実が収穫でき、オリーブオイルなどとして使うことができます。

ユーカリ

ユーカリ

  • 科名:フトモモ科
  • 樹高:5~30m
  • 分類:常緑高木
  • 開花期:2~5月

オーストラリア原産の常緑高木。近年、シンボルツリーとして人気があります。ユーカリの種類はとても多く、種類によっては30mになるものもあります。人気があるのはポポラスとグニーと言う種類で、ハートっぽい平たく丸い銀葉が特徴的。

高木で成長するととても背が高くなるので植える場所には気をつけなければなりませんが、1本あるだけで存在感抜群!葉はリースやスワッグの材料としても使えますよ。

ライラック

ライラック

  • 科名:モクセイ科
  • 樹高:1~3m
  • 分類:落葉低木
  • 開花期:4~6月

フランス語でリラとも呼ばれるヨーロッパ原産の樹木。それほど大きくならないコンパクトな樹形で、日本では4~5月頃に枝先に穂のように花を咲かせます。

花には甘い香りがあるので香水やアロマオイルにも使われることが多く、世界中で愛されていますよ。見た目にも香りにも癒される、そんな花木がライラックなのです。

グリーンゲイブルズを夢見て・庭のライラックの花が咲きました
赤毛のアンの大ファンである私。庭にライラックを植えたのは、アンの家グリーンゲイブルズに憧れているから。4月下旬、今年もかわいらしい花が咲きました。甘い花の香りがチェリーガーデンに漂います。

ジューンベリー

ジューンベリー赤い実

  • 科名:バラ科
  • 樹高:3~8m
  • 分類:落葉高木
  • 開花期:4~5月

枝が細く割とスッキリとした樹形で、形や見た目がとても自然体なためナチュラルガーデンにはピッタリで、手付かずの自然な庭を演出することができますよ。ガーデニングブームでナチュラルガーデンが注目され、爆発的に人気に火が付いた樹木です。

名前の通り、6月頃に赤い実を付けることからジューンベリーと呼ばれていますが、それだけでなく、春に咲く白い花も秋の紅葉も楽しめますよ。

赤い実が可愛いシンボルツリーにピッタリなジューンベリーを買いました
赤い実が付く果樹ですが、シンボルツリーの庭木としても人気が高いジューンベリー。手間がかからず丈夫で耐寒性もあるため、庭に取り入れている方も多い有名な樹木ですね。長い間欲しくて、ようやく入手することができました。

スモークツリー

スモークツリー

  • 科名:ウルシ科
  • 樹高:2~5m
  • 分類:落葉高木
  • 開花期:5~7月

枝を覆うほどのたくさんの花を咲かせると、まるでモクモクと煙がくすぶっているように見えることからスモークツリーと言う名が付いており、和名を煙の木とも言います。暑さや寒さにも強く成長も早いため、それほど手間をかけずとも育てられることから人気がある花木ですね。

落葉樹なので冬には葉が落ちますが、秋には紅葉も楽しめ、年間を通して観賞価値が高い樹木のためシンボルツリーとしておすすめです。

スモークツリーでナチュラル雑貨を手作り!インテリアに取り入れよう!
初夏にフワフワとした綿のような花を咲かせるスモークツリー。ドライフラワーにしやすいため、アレンジして植物雑貨を作るのに向いていますよ。手作りでオリジナル雑貨を作り、お部屋に飾ってみてはいかがでしょう!

ミモザ

ミモザとは

  • 科名:マメ科
  • 樹高:5~10m
  • 分類:常緑高木
  • 開花期:3~4月

ミモザと言えば何と言っても、春先に咲く明るく鮮やかで香りが良く美しい黄色い花。パッと映える色で庭のシンボル的存在としてピッタリで、リースやスワッグなどアレンジして家に飾る方も多い植物なのです。

花は春先にしか咲きませんが、銀葉も美しく、常緑樹なので葉が散ることなく年中緑を楽しめる特徴もあります。

鮮やかな黄色い春のリース・ミモザだけを使ったリースを手作り
春の訪れと共に鮮やかな黄色い花を咲かせるミモザ。ドライフラワーや切花、鉢物としてとても人気の高い花です。今回はそんなミモザを使った、とても簡単にできるリースの作り方をご紹介します。玄関や壁に飾って春のインテリアを楽しもう!
束ねて掛けるだけ!鮮やかでおしゃれなミモザのスワッグで壁を飾ろう!
鮮やかな黄色いミモザの花が咲くと、春の訪れを感じます。とてもかわいらしい花なので枝を束ねて壁掛けとして飾るだけで、パッと目を引くインテリアの出来上がり!簡単にできる春色のミモザスワッグの作り方をご紹介します。

アジサイ

アジサイ

  • 科名:ユキノシタ科
  • 樹高:1~2m
  • 分類:落葉低木
  • 開花期:6~7月

日本が原産ののため日本の気候ともよくマッチしており、古くから長い間日本人に親しまれてきたアジサイ。日本の梅雨の時期にはアジサイはなくてはならない存在ですね。花ではなく低木で樹木に分類されます。

品種がとても多くユニークな形のものもたくさんあります。手間がかからず丈夫で、半日陰でもしっかりと花を付けてくれます。色鮮やかで雨のジトジトした嫌な気分も吹っ飛ばしてくれるかも。

パーティーや結婚式にもおすすめ!あじさいボールを作って飾ろう!
リースやスワッグとは一味違い、真ん丸でコロンとした形が可愛いフラワーボールをご存知ですか?可愛い花が詰まったボールは、パーティーや結婚式の装飾にもおすすめ!これからの季節にピッタリのアジサイを使って作ってみました。

まとめ

今回ご紹介したのはおすすめのシンボルツリーの一部で、他にも樹形も特性も様々な数多くの種類があります。
一度植えれば何十年と長い間家のシンボルとなるので、ぜひこれぞ!と言う樹木を見つけてくださいね。

家を建てた時や結婚、出産などの人生の節目の記念樹として植えてみても、記憶に残りいつまでも木と共に成長していける気がして良いかもしれませんよ。

関連商品

スポンサーリンク
庭の花
スポンサーリンク



スポンサーリンク
ガーデンDIY図鑑
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました