バラの花園を夢見て…ネットで買ったローズアーチを設置しました!

スポンサーリンク

アーチ購入
私の庭チェリーガーデンには、玄関アプローチに1つアーチがあるのですが、庭には1つも設置していなかったので、バラの時期に備えて遂にアーチを購入しました。念願のアーチで気分も上がります。組み立ても簡単、女性1人でも簡単に設置でき、庭の雰囲気がぐっと良くなりましたよ。

スポンサーリンク

庭の入り口にアーチが欲しい!

レンガの道
以前庭にレンガで小道を作ったので、そちらに合わせてアーチが欲しいと長い間思い描いていました。しかし、アーチは高いだろうなあ、設置も大変だろうなあと思いなかなか思い腰が上がらず、長年放置していました。

最近になって楽天ポイントも溜まっていたので、そう言えばと思いアーチを検索したところ、意外と安く買えるものも多く意を決して購入することに!

私が買ったのはアイアン製(スチール)のアーチで、お値段なんと3,800円!幅が1m14cm、高さが2m10cmで、十分大きくてバラを誘引するのに問題なさそうだったので、こちらを購入しました。さすがにネットは安いですね!ホームセンターでこの価格は見たことありません。

1から全て1人で作ります!憧れだったレンガの小道をDIY
「庭にレンガの小道が欲しい。」そう、それは私の長年の夢でした。しかしエクステリア関連は、外構屋さんに頼もうと思うとなかなか高額で、簡単なことではありません。…だったら作れば良いのでは?そう思い、夢を叶えるためにレンガの小道をDIYしました。

ローズアーチが届きました!

ローズアーチ
注文から数日後、念願のアーチが届きました。届いた箱が意外とコンパクトだったので、大きなアーチとは想像できず驚きました。
商品重量は5.4kgでずっしりとはしていますが、それほど重いものではないので女性でも持ち運び可能ですよ。

入っていた部品

ローズアーチ中身
箱をあけるとアーチとなる部品が入っています。

側面となるストレートフレームが6枚、上部になるカーブフレームが3枚、埋め込みベースが4本。パーツも少なくてパッと見ただけでどこの部品か分かるほど、大変シンプルな作りになっていました。これなら簡単に組み立てられそうだと一安心。

アーチ組み立て

1. カーブ部分の組み立て

アーチ組み立て
このアーチの部品は、パーツの片側が細くなっており、隣のパーツにはめ込んで連結させるだけなので工具などは必要ありません。面倒なネジ止めなどもありませんよ。

まずは上部となる3枚のフレームをはめこんで、カーブの形を作ります。中央の1枚だけ少し形が違うので、注意が必要ですね。

2. ストレート部分の組み立て

アーチ組み立て
側面となるストレートフレームを、左右それぞれ3枚ずつはめ込みます。少しはめこみにくい場合があれば、ゴムハンマーなどで叩くとピッタリと入ってくれますよ。

3. 上部と側面のパーツをはめ込む

アーチ組み立て完成
先ほど作った上部のカーブの部分と、側面のストレートの部分をはめ込んでアーチの形を作ります。大きなものなので支えがあった方が作りやすいので、2人以上で作業すると良いでしょう。

4. 埋め込みベースの取り付け

脚取り付け
このアーチは土に埋め込んで設置するタイプのものなので、そのためのベースをそれぞれの脚4本に取り付けます。先が細くなっており、この部分が土に埋まって固定できます。

組み立ては以上!物は大きいけれど組み立てはとても簡単で、10分もあれば組み立てられると思いますよ。

金槌で土に埋める

埋め込み
あとは埋め込みベースに付いているペグを、ゴムハンマーで叩いて地面に埋め込んでしっかりと固定。土が固くてなかなか入らず苦戦しましたが、なんとかほぼ1人で設置することができました!

設置する際、上下や左右に傾きがないか遠くから見ながら、微調整して固定しておくと良いと思います。私もできた!と思ったら傾いており、調整しながら真っ直ぐにしていきましたよ。

ペグを埋めるだけではどうしてもグラグラになってしまうことがあります。そういった場合は、モルタルでしっかりと固定したり、補強用の棒を入れたりして、しっかりと固定して下さい。台風などで倒れる危険性があります。

バラの成長が楽しみです!

バラのアーチ
庭の入り口に設置したので、これからはアーチをくぐって庭に入ることになります。まるで秘密の花園へのゲートのようで、ワクワクしてしまいます。

このアーチにはピエールドゥロンサールを誘引しようと思っているので、まだまだ大きくなるには時間がかかりそうですが、立派なバラのアーチになってくれるのが今から楽しみ!バラのアーチがうまくできたら、またアーチを増やしたくなりそう……。

関連商品

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました