セリアのチェーンでブリキ鉢をハンギングプランターに変えてみました

スポンサーリンク

手作りハンギング鉢
下に長く垂れ下がる植物を育てる場合、天井など高い場所から吊るして育てると、まるでお洒落なオブジェのように見栄え良く飾ることができますね。家にハンギング用の鉢がなくても大丈夫!今ある鉢を使い、ハンギングプランターを作ることができますよ。

スポンサーリンク

使用したもの

ブリキ鉢
使える鉢はブリキ鉢プラスチック鉢など、自分で穴があけられる素材の鉢。家に余っている鉢があればそちらで構いません。テラコッタは穴があけられない上に、重たいので吊るすと危険です。

 
インテリアチェーン
そして鎖部分にはセリアのインテリアチェーンを使用しました。小さな雑貨を吊り下げてインテリアのアクセントに使うもののようです。色はブロンズで長さは1mでした。

材料はこの2つのみ。家に鉢があればチェーンだけ買えばできますね。では早速作ってみましょう!

1. 鉢に穴をあける

穴あけ
今回は小さめのブリキ鉢を使って作ります。このブリキ鉢に錐を使って3ヶ所に穴をあけます。ブリキはそれほど硬くないので、錐を使えば簡単に穴をあけることができますよ。鎖が通るような、少し大きめの穴をあけておいて下さい。

 
穴あけ
3ヶ所の穴は等間隔になるようあけます。極端に穴の位置がずれると吊り下げた時に鉢が傾いてしまうのでご注意を。

2. チェーンを3本に分ける

鎖外す
次は1mあるチェーンを3分割していきます。全く同じ長さになるよう分けるのですが、手ではびくともしないので、ペンチを使って鎖の繋ぎ目部分をひねって外します。ペンチ1本では硬くて動かせなかったので、2本あると良いと思いますよ。

 
3分割
鎖16個分ずつで3分割しました。全く同じ長さのもの3本です。余りの鎖が出たらそちらも必要となるので残しておいてくださいね。

3. 鉢に通す

鉢に通す
先ほどあけた穴にチェーンを通します。穴に通したら再びペンチを使って、元通りになるようしっかりと繋ぎ目を閉じておきます。ゆるいと外れてしまう可能性があるのでしっかりと固定しましょう。

4. チェーンを3つまとめる

チェーンまとめる
ここで鎖の余った部分を使用。穴に通しただけだと3本それぞれが離れた状態ですので、余った鎖の中に3つのチェーンを通して1つにまとめます。

5. 完成!

ハンギング鉢完成
どこにでもあるような普通の鉢が、吊るして使えるハンギングプランターへと早変わり!家に鉢が余っていれば、100円で安く簡単に作ることができますよ!

ハンギングは天井から吊るして使うことができるため、置く場所を取らないですし、スペースのない狭い所でも活躍してくれることでしょう。

ハンギングで植物を飾ろう!

吊るす植物
売られている時に「多肉植物」としか表記がなかったので、ピーチネックレスグリーンネックレスと勘違いして買ってしまいました……。両者はそっくりで、葉の形が丸いか細長いかの違いぐらいです。

間違えはしたもののピーチネックレスも可愛いので結果オーライ!現在は作ったハンギングに植えて楽しんでいますよ。長く伸びて豪華に垂れ下がってくるのが今から楽しみです!

関連商品

使用した材料
  • ブリキ鉢
  • インテリアチェーン
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました