YouTubeを始めました!チャンネル登録お願いします!

セリアのガーデンフェンスがおしゃれに変身!デコパージュでリメイク

スポンサーリンク

デコパージュフェンス
紙に描かれた模様を切り貼りして、服飾品や雑貨に好きな絵柄を移すことをデコパージュと言います。今回はこのデコパージュを使って、木製のミニフェンスをアレンジしてみました。真っ白だったフェンスが花柄へと早変わり!

スポンサーリンク

セリアのウッドガーデンフェンス

セリアフェンス
セリアで買った、100円のウッドガーデンフェンス。小さめのものですが、木製なのでナチュラル感があっていいですね!白で無地なのでシンプルでそのままでも使いやすいフェンスです。

デコパージュする際は、バックが濃い色だと絵柄が見えなくなってしまいます。白や淡い色がお勧めで、こちらのフェンスはもともと白色だったので、塗装はなしでそのままデコパージュしていこうと思います。

デコパージュに必要なもの

デコパージュ材料
デコパージュするための道具を揃えました。

ダイソーなどでデコパージュペーパーが販売されていますが、ペーパーナプキンでも代用可能。いろんな絵柄がありますしどこでも入手することができるので、私はよくペーパーナプキンを使いますよ。

ペーパーを貼るためのデコパージュ液と保護するトップコートはダイソーでも販売されています。

あとは、はさみなどが必要となります。

オリジナル小物DIY!ペーパーナプキンを使ったデコパージュの方法
真っ白だった無地の瓶を、デコパージュで花柄の瓶にアレンジしました。これだけで随分とイメージが変わりますね!実はこれ、ペーパーナプキンを使っているんですよ。お好きな柄のペーパーナプキンを使えば、誰でも簡単にオリジナルアイテムを作ることができます。

1. 必要な絵柄をカット

ペーパーナプキンカット
材料が揃ったところでデコパージュ開始!

今回使う花柄のペーパーナプキンから、絵柄の入った使う部分だけをはさみで切り取りました。

2. デザインを考える

デザイン
切り抜いた紙をフェンスに乗せてみて、バランスなどを考え全体のデザインを決めていきます。

私は花の部分だけを切り抜いて使っているけれど、フェンスの板の形に合わせて四角くカットし、そのまま貼り付けて使うこともできますよ。

3. ペーパーナプキンを剥がす

ペーパーナプキンめくる
ペーパーナプキンは薄い紙を何層かに重ねて作られているので、その紙を全て剥がして絵柄の紙だけにします。デコパージュをするにはこのような薄い紙が必要になります。

後から気付いたのですけど、切り抜く前に剥がしておけば1回で済みましたね……。

4. デコパージュ液を塗って貼る

ペーパーナプキン貼り付け
専用のデコパージュ液を使って切り抜いた絵柄を貼り付けます。

この時、紙の方にデコパージュ液を塗ってしまうと、紙が薄いため非常に破れやすいです。

なので、貼り付ける素材の方にデコパージュ液を塗り、上から軽く乗せる感じで紙を置いて貼った方がきれいに貼れますよ。真ん中から伸ばす感じで貼り付けると空気も入りません。

5. 全ての絵柄を貼る

絵柄貼り付け
最初に考えたデザイン通りに、同じ要領で全ての絵柄を貼り付けます。絵柄が重なったりしても大丈夫ですよ。

6. 貼った上からデコパージュ液を塗る

デコパージュ液を塗る
全体に絵柄を貼ることができたら、今度は絵柄の上からデコパージュ液を塗っていきます。

7. 仕上げ液(トップコート)を塗る

トップコートを塗る
デコパージュ液が乾くのを待ち、乾いたところで仕上げ液(トップコート)を塗ります。塗っている時は白い液体ですが、乾くと透明になるのでご安心を。

光沢仕上げのものを使えば、ツヤのある仕上がりになりますよ。

8. 文字のシールを貼って完成

文字シールを貼る
あいた部分には文字のシールを貼ってみました。こちらは持っているデコパージュペーパーで良い素材が見つからなかったため、ウォールステッカーを使っています。

ウォールステッカーやインテリアシールは粘着力が弱いため、使う場合は接着剤で貼り付けないと剥がれてくることがあります。

庭の小洒落たアクセントに!

デコフェンス完成
派手な絵柄なので、植物の中にあるとちょっとくどいかしら……と思っていたのですけど、実際に挿してみると、フェンスが小さなものなので違和感なく飾れていますよ。

あまりたくさんあると派手になり過ぎると思いますが、1枚ならアクセントになってちょうど良いのではないでしょうか。

絵柄次第でナチュラルなものもジャンクっぽいものも作れそうですね。

デコパージュで作るガーデンアイテム

デコパージュスコップ熊手
今回作ったフェンスの他にも、植木鉢やスコップなどのガーデンツールもデコパージュでアレンジしましたよ。全て同じ絵柄のペーパーナプキンを使っているので統一感もあります。

と言うことで、次回はスコップと熊手のリメイクです。

シンプルで何気ないアイテムでも、アレンジ次第でオリジナルな雑貨になりますね。トップコートで保護すれば庭でも使えるので、ガーデン雑貨にもぜひお試しあれ!

デコパージュでリメイク鉢作り!素焼き鉢をおしゃれにアレンジ
美しい花や緑で溢れた庭を作ろうと日々奮闘していますが、その植物を植える植木鉢にもこだわっています。今回は、何の変哲もないどこにでもある素焼き鉢(テラコッタ)を、デコパージュでリメイクしましたよ。世界に一つだけのオリジナル鉢の作り方です。

関連商品

使用した材料
  • ウッドガーデンフェンス
  • はさみ
  • ペーパーナプキン
  • デコパージュ液
  • 仕上げ液(トップコート)
  • 文字ウォールステッカー
  • 接着剤
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました