ダイソーのステンシルシートを使ってオリジナルステンシルを自作する方法

スポンサーリンク

自作ステンシル
ステンシルを使えば、プロのようにおしゃれな文字や絵柄を簡単に入れることができます。100円ショップなどで既存の素材も販売されていますが、自作すれば他とは違ったオリジナルの絵柄を作ることができますよ。誰でもできるステンシルの作り方です。

スポンサーリンク

ステンシルとは

ステンシルとは
ご存知の方も多いでしょうが、ステンシルは切り抜かれた文字や絵柄に沿って塗料を落とし、あらゆる物に簡単に装飾を施すことができる加工方法のことです。

手で模様を描き込もうとするとなかなか難しいですけど、ステンシルを使えばきれいな絵がちゃちゃっと描き込めるとあって人気がありますね。

ダイソーのステンシル用シートを使います

ステンシル材料
ステンシルを作るにはクリアファイルを使うことが多いのですが、厚みがあって硬いため、切るのに力が必要で初めての方には難しかったりします。また、紙を使うこともあるけれど、何回も使うと塗料を含んでどうしても破れたりボロボロになったりしてしまいます。

ダイソーからステンシルを作る専用のシートが販売されており、分厚くなく切りやすいですし、何度も使うこともできるので、これを使うと作りやすいかと思います。

そして切り抜くためのカッターですが、普通のカッターではなく細かい部分も切り抜けるようなデザインナイフの方が、ステンシル作りには断然使いやすいです。こちらもダイソーでも販売されていました。

1. パソコンでデータを作る

データ作り
もちろん手描きのものをなぞってステンシルを作っても良いのですけれど、上手に描けないわ……と言う方は、ネットの素材屋さんなどのデータを使っても良いと思います。イラストレーターなどで描いたり加工しても良いですね。

ちなみに私は、素材屋さんのバラの絵とチェリーガーデンのロゴをイラストレーターで組み合わせています。

2. 印刷

絵柄作り
パソコンで作ったデータをプリンターで印刷。下絵になるだけのものなので、紙はA4普通紙でOK。

3. ステンシルシートに貼り付ける

ステンシルシート
ステンシル用シートの下に印刷した下絵を重ね、マスキングテープで留めて固定。切り抜いている時に紙が動くと絵柄がずれてしまうので、外れないようにしっかりと留めておきましょう。

4. 絵柄に沿って切り抜く

ステンシル切抜き
下にカッターマットなどを敷き、デザインナイフで切り抜いていきます。ステンシルシートは透明で下絵がしっかりと見えるので、それに沿って上から切り抜いていくだけ。

 
切り抜き
細かな部分やカーブした部分は切り抜くのが難しいですが、デザインナイフを使ってゆっくり丁寧に作業すれば、ちゃんと切り抜くことができますよ。
文字や模様が小さく複雑になるほど難易度が上がるので、最初は大きく角ばった文字などから練習してみても良いかもしれませんね。

5. 切り抜き完成

ステンシル切抜き
葉っぱが細かく量が多かったので意外と大変でしたが、なんとか完了しました。文字を含め全ての絵柄を切り抜いたら、マスキングテープを外して下絵を剥がします。

 
文字切抜き
ちなみに「a」「d」「O」「Q」「R」など、中が空洞になっている文字は注意が必要です。そのまま切ってしまうと中がごそっと一緒に抜けてしまってシルエットのような文字になってしまうので、間に線を一本入れて文字を分解したりするなどして、中が抜けてしまうのを回避しましょう。

6. ステンシルシートを貼る

シート貼り付け
カットできたステンシルシートを絵柄を入れたいものに貼り付けます。今回は白色に着色した素焼きの鉢を使いました。平らなものの方がやりやすいですが、鉢のようにカーブしたものでも大丈夫ですよ。

7. 着色

ステンシル色付け
スポンジやブラシなどを使い、絵の具や水性塗料などをポンポンと叩くように落としていきます。私はダイソーのステンシル用スポンジを使っていますが、持ち手が付いておりとても使いやすく愛用しています。

 
ステンシル色付け
塗料を乗せる時のポイントは、余分な塗料は紙で拭って落とし、かすれるぐらい少なめの量で少しずつ乗せていくことです。ベタベタと塗るのではなく、少しずつ叩いて置いてくる感じでしょうか。一度にたくさんの塗料を塗ると、切り抜いた部分からはみ出してしまいます。

 
ステンシル乾かす
全部塗り終えたら、すぐにシートを外すと擦ったり滲んでしまうことがあるので、乾くまで少しそのままで待ちます。乾いたらマスキングテープを外してシートを剥がしましょう。

8. 修正

ステンシル修正
完全に綺麗にできている場合は良いのですけど、特に鉢のようなカーブしたものの場合はピッタリとしていないため滲んでいる場合が多いので、そういった場合は下の色を被せたりして修正します。色がちゃんと乗っていなかった部分があれば、そちらもステンシルで使った色と同じ色で付け足します。

9. 完成

リメイク鉢完成
既存のステンシルシートでも可愛い絵柄のものはたくさんありますが、やり方は簡単なので、オリジナルのデザインで作れる自作ステンシルはおすすめです。ステンシルを使って、オリジナリティー溢れるグッズを作ってみるのも良いですね。

楽しく作ろうステンシル!

ステンシル鉢作り方
私はガーデン雑貨をDIYすることが多く、様々なものを作る時にステンシルは大活躍しています。一つ作っておけば何度も使えるのも便利。もちろん、お家のインテリア雑貨や洋服などにも使えますよ。

皆さんもぜひ、ステンシルを使ったオリジナルアイテム作りにチャレンジしてみてくださいね!細かい作業で大変だけど、作るのは楽しく、完成した時の達成感があります。

自作ステンシルで矢印型ガーデンサインピックを手作り!
自分好みの文字や模様などを自由自在に施すことができるステンシル。自作したステンシルを使って、ガーデン用のサインピックを手作りしました。これを使えばかわいい文字を書くのだって簡単にできるのです!
【リメイク鉢】 自作ステンシルを使ってオリジナル鉢を作ろう!
植物を育てるのに、素焼きの鉢(テラコッタ)を使う方も多いと思います。ダイソーでも販売されており安価で手軽に使えますが、せっかくならば自分だけのオリジナル鉢にして使いませんか?自作のステンシルを使ったリメイク鉢の作り方をご紹介!

関連商品

使用した材料
  • ステンシルシート
  • デザインナイフ
  • ステンシル絵柄
  • 水性塗料
  • マスキングテープ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました