庭の花で作る植物雑貨。ビオラのドライフラワーでリースを手作り!

スポンサーリンク

ビオラドライリース
庭のパンジービオラが最盛期を迎えています。この美しさを少しでも残しておきたいと思い、シリカゲルを使ってドライフラワーにしました。ドライフラワーは生花と違い長持ちするので、リースにして部屋のインテリアに飾っています。

スポンサーリンク

100円ショップのリース土台

リース土台
リースの土台はワイヤーなどで作ることもできますが、既存のリース土台が無難。100円ショップで販売されています。

サイズもいろいろあるので、花の数や飾る場所の雰囲気に合わせて選んでくださいね。私はいつも、種類が多いセリアで購入しています。

1. ドライフラワーを作る

ビオラドライフラワー
リース作りにはドライフラワーが必要です。作り方は簡単で、庭のパンジーやビオラを摘んで密閉容器に入れ、シリカゲルを被せて一週間ほど時間を置くだけ。

リースの大きさにもよりますが、花でみっちりと覆われたリースを作ろうと思うと思った以上に花が必要となるので、多めに作っておいた方が良いと思います。

詳しい作り方は下記の記事でご紹介しているので、そちらをご覧下さい。

シリカゲルを使ったパンジー・ビオラのドライフラワーの作り方
冬から春にかけて人気の高いパンジーやビオラの花。大切に育てた花は、ドライフラワーにすれば可愛い姿を長く残しておくことができます。簡単にできるので、たくさん作ってインテリアに取り入れても良いかも。雑貨作りの材料としても使えますよ。

2. グルーガンで花を取り付ける

グルーガン
花の部分だけをドライフラワーにしているため土台に挿していくことができないので、取り付け方法はグルーガンで。

 
花取り付け
棒状のプラスチックを溶かして接着させるグルーガンは、ボンドに比べて接着するまでの時間がとても早いです。こういったリースや雑貨作りでは欠かせないマストアイテムですね。

火傷に気を付けながら、一つずつリースに取り付けていきましょう。

3. バランスを見ながら進める

花取り付け
色合いや大きさ、形など、全体のバランスを見ながらどんどん取り付けていきます。私は紫や青系の花を多く使い、色を統一させました。

4. 全体に花を取り付ける

ビオラリース
隣同士あまり隙間ができないよう、花で覆われるように土台に一周取り付けます。

5. 隙間を埋める

隙間を埋める
表面だけでなく、内側や外側なども花を取り付けると、土台が見えなくなり豪華なリースができあがりますよ。全体に花が取り付けられたら、土台が見えてしまっている隙間を埋めていきました。

6. 他の花も混ぜる

花かんざしあじさい
パンジーやビオラだけでも良いのですが、以前花かんざしやアジサイのドライフラワーも作ったので少し混ぜてみました。

いろんな春の花を作っても可愛いと思いますし、グリーン(葉っぱ)を混ぜてもまた全然違った雰囲気のものができるでしょうね。

7. 完成

ドライフラワーリース完成
シックでアンティーク風なビオラのドライフラワーリースの出来上がり!シリカゲルで作るドライフラワーは色味も綺麗に残るので、パンジーやビオラの優しい色合いがとても綺麗に出ていて気に入っています。

もちろん普通の形のビオラだけでもできますが、ボリュームたっぷりのフリル系のものや八重咲きのものなどを使うと、立体感が出て華やかなリースになりますよ!

ドライフラワーは生花と違い、とても脆く繊細で花弁が外れたり破れたりしやすいので、作業する際は優しく丁寧に扱うよう心がけてくださいね。

四季折々のリースを作ろう

手作りリース
リース作りはお金がかからず簡単にできるので、庭に咲いた季節ごとの旬の花を使って、今までにもたくさんリースを作ってきました。庭だけでなく、家の中でも植物を楽しんでいますよ。

身近に自然を感じ、紅茶でも飲みながら穏やかに生活するのが私のモットーなのです…。

【手作りリース】 季節の植物を使ったナチュラルリースを作ろう!
庭に咲いた花や植物を使ってお部屋のインテリアを作りませんか?季節の旬の植物を使ったリースを飾れば、いつでも身近に自然を感じることができ、お部屋に彩りをプラスできます。どんな植物を使ったリースがおすすめなのかまとめてみました。

関連商品

使用した材料
  • ドライフラワー
  • リース土台
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました