YouTubeを始めました!チャンネル登録お願いします!

ギフトにおすすめ!石鹸でできたシャボンフラワー(ソープフラワー)

スポンサーリンク

シャボンフラワー
石鹸でできたシャボンフラワーをご存知でしょうか。美しいだけでなくほのかな香りも楽しめ、部屋のインテリアにピッタリなお花です。先日プレゼントで頂き、我が家でも飾って楽しんでいますよ。本稿ではそんなシャボンフラワーについてまとめました。

スポンサーリンク

シャボンフラワーとは?

ソープフラワー
冒頭でご紹介した通りシャボンフラワーは石鹸でできているお花のことで、ソープフラワーなどとも呼ばれています。

もちろん本物の花ではなく造花ですが、一見すると本物の花と遜色ないほど美しい見た目となっています。

石鹸でできているためほのかな香りも楽しめ、今人気の造花ですね。プリザーブドフラワードライフラワーとはまた一味違った美しさがありますよ。

本物の花のように精巧

精巧な作り
シャボンフラワーはアジサイやヒマワリなどの花もありますが、圧倒的にバラが多いのではないでしょうか。箱や容器にぎっしり詰めて販売されているのをよく見かけますね。

どの花もとてもリアルな作りのものが多く、本物と見間違えてしまうほど繊細に作られています。

 
リアルな花弁
取り出す時に引っ張ってちぎれてしまった花を見ると、葉脈もきっちり再現されていました。

メリット

保存方法
本物の花に敵うものはないでしょうけど、このシャボンフラワーにもたくさんの良いところがあります。

世話要らずで手間がかからない

成果だと水やりや枯れた花を取り除くなどの作業が必要ですが、シャボンフラワーだと何もしなくてもきれいな状態を保てます。

花弁や葉が落ちない

これは生花だけれはなくドライフラワーでもよくあることで、ポロポロと花弁や葉が落ち掃除しなければならないことが多いですよね。シャボンフラワーは付加をかけない限りそういったことがないので、掃除の手間がかかりません。

長期間楽しめる

生花だとどうしても美しい時間は短く、切り花で飾ってもすぐに枯れてしまいます。その点シャボンフラワーは色の劣化などはあるものの、枯れることなくずっと楽しめます。

香りが良い

石鹸素材でできているため、ほのかなソープの香りを楽しみながら美しい花も観賞できます。

最近やアレルギーがない

ひと昔前は、入院している方へのお見舞いでお花を持っていく方が多かったですが、現在は禁止になっている病院が多いですね。

それは、植物に付いた細菌が原因で感染症になるリスクが高まることや、アレルギーがある場合があるからです。

シャボンフラワーなら造花なのでそんな心配もなく、お見舞いに持っていくことができます。本物でなくても、花は癒しや元気を与えてくれますよ。

リーズナブルに買える

同じくギフトで人気のプリザーブドフラワーは特殊な加工をしているため高めの値段設定ですが、シャボンフラワーはそれに比べてリーズナブルで、手軽に購入することができますよ。

保存方法

メリット
直射日光、蛍光灯が直に長時間当たる場所にあると変色してしまうこともあるので、置き場所には気をつけなければなりません。

また、高温多湿、水気に弱いので、お風呂場や洗面所、キッチン、室外などに置くと痛んでしまう可能性があります。

時間とともにだんだんと色が抜けることはありますが、引っ張ったり付加を掛けなければ、形が崩れたりすることは滅多にありません。

石鹸として使用できるの?

観賞用造花
中には石鹸として使えるものもあるそうですが、ほとんどのものは石鹸でできているとは言え観賞用のため、洗濯、洗顔などを目的に作られていません。

注意書きをよく読み、観賞用のものは石鹸として利用しないようにしましょう。

シャボンフラワーによく似たもので、バラの形をした入浴剤もあります。お風呂に浮かべたい場合はそちらをご利用ください。

ギフトに人気

ギフト
箱に詰まったものからブーケの形になったものまで種類豊富にあり、華やかで美しく誰にでも贈りやすいため、ギフトとして最適なアイテムだと思います。

母の日や誕生日プレゼント、結婚祝いなど、シャボンフラワーを贈ってみてはいかがでしょう。きっと素敵なプレゼントになるでしょう!

関連商品

チャンネル名「チェリーガーデン」

YouTube配信もしていますので、よろしければチャンネル登録お願いします。

DIYの様子や、70本ほど植えているバラの姿、移り行く四季折々のチェリーガーデンの風景などを動画にまとめています。

▶YouTubeチャンネル「チェリーガーデン」

【庭DIY】何もない庭をDIYで大改造!5年間のDIYまとめ
スポンサーリンク
知識・思ったこと
スポンサーリンク



スポンサーリンク
ガーデンDIY図鑑
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました