アルファベットオブジェをアレンジ!吊るして飾る雑貨をDIY

アルファベットオブジェを飾る
300円ショップ3COINS(スリコ)のアルファベットオブジェを使って、庭や部屋に吊るして飾れる雑貨を作りました。好きな文字を使って、自分だけのオリジナル雑貨を作ってみてはいかがですか?

広告

STEP1. アルファベットを用意

スリコアルファベットオブジェ
以前置き型のアルファベットオブジェを作った時に使ったアルファベットがまだたくさん残っていたので、今度は吊るし型の雑貨を作ります。3COINSのアルファベットオブジェは一文字ずつ売られているものに比べ、小さく薄く軽い。なので吊り下げるにはちょうどいいかも。
一度使ってしまった文字はもうないので、OPENの「E」と「N」は他の文字をアレンジしてなんとか形を作りました。EはB、NはH、名残あり。

アレンジして自分好みのアルファベットオブジェを作ろう!
一文字から販売しているため、好きな文字を組み合わせられ、自分好みのオブジェを作ることができるアルファベットオブジェ。そのまま飾っておくのも良いですが、ひと手間加えたら更にかわいく、自分だけのオリジナル雑貨を作ることができます。

STEP2. 錐で穴をあける

穴あけ
上から文字を縦に繋いでいくので、繋ぐ部分に錐を使って穴をあけます。真っ直ぐに繋ぐ場合は文字の真ん中に、ちょっと傾いた感じにしたければ一文字ずつ左右にずらした場所に穴をあけます。一番下の文字は上だけあけます。

STEP3. 塗装

塗装
ずっしりと重厚感のあるアイアン風に仕上げようかとも思っていたのですが、ナチュラルな雰囲気を出したかったので、アンティークメディウムを使って古びた感じを表現しました。ベースはアクリル絵の具の白を使用。アクリル絵の具は100円ショップでも販売されています。

塗るだけで使い古されたアンティーク風に!アンティークメディウムの使い方
汚れやくすみが良い味を出し、古びた雰囲気が素敵なアンティーク品。ミルクペイントやダイソーから販売されている「アンティークメディウム」を使えば、誰でも簡単に、そんなアンティーク感を出すことができますよ。

STEP4. 繋げる

繋ぐ
先ほどあけた穴に二重リングを通します。二重リングは内径のサイズがいろいろとあるので、文字と文字との間のスペースをどれぐらいあけたいかによってお好みのものを選びます。私は間に2個ずつ通し、二重リングだけ目立ってしまわないように上から白で色付けしました。

STEP5. 完成

アルファベットオブジェ
全部の文字を二重リングで繋げたら完成!一番上の文字の上にも二重リングを通し、その上にS字フックをつけて吊り下げられるようにしてあります。これで、どこにでも飾れるようになりました。

庭の雰囲気に合わせた雑貨をDIY

庭のアルファベットオブジェ
木製で水に弱いので今は雨に濡れない場所に飾ってあります。
さりげないけれど、玄関や庭に飾ってあるだけでパッと明るくなるような気がします。単語や色を変えれば、その雰囲気に合った雑貨が作れそうですね。庭に飾りたい場合は、しっかりと防腐剤を塗ってから飾ってください。

使用した材料
  • アルファベットオブジェ
  • アクリル絵の具(白)
  • アンティークメディウム
  • 二重リング
広告
トップへ戻る