YouTubeを始めました!チャンネル登録お願いします!

レンガやタイルを敷くには下地が命!出来栄えを変える下地の作り方

スポンサーリンク

レンガ下地作り
庭にレンガやタイルをDIYで敷くことは、そんなに難しいことではありません。ただし、敷く前に下地作りをしっかりしておかないと失敗に繋がります。下地作りは地味な作業だけど、完成を左右する重要な工程です。レンガやタイルを敷くには下地が命

スポンサーリンク

まずは整地から

整地
土地を平らに均すことを整地と言います。

基本的に庭は平らではなくでこぼこになっていることが多いため、そのままレンガやタイルを敷こうと思うと、水平ではなくでこぼことした仕上がりなってしまいます。なので、一旦土地を整えることから始めなければなりません。

レンガやタイルに限らず、小屋を建てたり芝生を敷いたりする場合も、まずは整地から始めることになります。

重要な下地作り

下地つくり
整地ができたら下地作りをします。これは、上から敷く素材が沈み込んだりずれたりすることがないよう、土台を作る作業のこと。

もしも地面に直接レンガなどを敷いてしまうと、通る度に少しずつレンガが動き、ガタガタになってしまうかもしれません。

また、時間が経つと雨などによって土地が沈下していくため、レンガが埋まったり傾いたりしてしまうこともあるでしょう。

レンガやタイルを敷くのは難しいことではないけれど、下地作りが意外と大変で手間がかかる作業です。それでも、敷いたレンガやタイルを長期間保たせたいのであれば、下地作りは絶対に必要なのです。

下地作りの手順

それでは、下地作りの手順を解説します。今回は、レンガを敷くための下地作りとしてご紹介しますが、タイルなどもほぼ同じ手順でできますよ。

1. 用意するもの

必要なもの
穴を掘るためのシャベルと、下地作りに使う砕石(砕石)防草シートは必須アイテム。

あとは、軍手水平器、土を均すための木材(トンボ)なども必要になります。

2. 地面を掘り下げる

地面掘り下げ
レンガを敷く場所を決めたら、鍬やシャベルを使い、土を耕し地面を掘り下げます。掘る作業は意外と大変なので、軍手を必ずご着用ください。

 
堀る
掘る深さは、レンガの厚み+5cm程度。今回はレンガが5cmの厚みだったので、+5cmで10cm掘りました。ちなみに、タイルでも同じようにタイルの厚み+5cmでできますよ。

3. 石などを取り除く

石を取り除く
掘っていると大きな石が出てくることも多いと思います。これは平らに均していく工程で邪魔になるので、掘る過程で邪魔になるものはできるだけ取り除いていきます。

4. 防草シートを敷く

防草シート
砕石や砂を敷く前に、掘り下げた穴の中に防草シートを敷きます。なくても大丈夫ですが、敷くことで雑草対策になります。

完全に生えないわけではないけれど、雑草はレンガやタイルの目地(隙間)からでもどんどん生えてくるので、ある程度は抑制できると思いますよ。

5. 砕石を敷く

砕石
大きな岩石を砕いたものを砕石と言います。これは一つ一つの石がゴツゴツしていて角があるため、敷くことで地盤が締まってしっかりとした基盤になります。人が踏んだり通る場所には使った方が良いでしょう。

これを防草シートの上に3cmほど敷き詰めます。たくさん敷いた方が安定度は増しますが、掘るのも運ぶのも大変なので3cm程度で良いと思います。これでもかなり安定します。

6. 砂を敷く

砂を敷く
砕石だけではゴツゴツしているので、平滑にして均すために上に砂を2cmほど敷きます。砂も砕石もホームセンターで180円~200円ぐらいで販売されていますよ。

しっかりと踏み固めて、木材(広範囲であればトンボ)などを使い均一になるよう均しておきます。

7. 水平を取る

水平を取る
全体的に均せたら、砂の上に水平器を置いて、水平が取れているか確認します。

傾いているところがあれば、砂を足して水平になるよう調整します。1ヶ所ではなく、いろんなところで測りながら調整してくださいね。

水平が取れたら下地作りは完了ですので、ここでようやくレンガやタイルを敷くことができます。

8. レンガを敷く

レンガ敷き
しっかりと土台ができたところで、砂の上にレンガを一枚ずつ敷きましょう。こちらも水平を取りながら敷いていきます。

今回は下地作りのご紹介と言うことで、詳しいレンガの敷き方は割愛させていただきます。詳細は過去の記事をご覧下さいませ。

DIYで夢の庭を!女性1人でも初めてでもできるレンガの敷き方
いつもの庭に少しレンガを取り入れるだけで、洋風の雰囲気が出てぐっとおしゃれ感が増します。しかし実際にレンガを敷こうと思っても、難しそうで諦めてしまっていませんか? ―― いえいえ、コツさえ覚えれば意外とレンガを敷くのは簡単。1人で出来るレンガの敷き方をご紹介します。

下地作りで出来栄えや持ち具合が変わる

レンガ
整地する場所が広ければ広いほど、掘るのも水平を取るのも大変ですが、下地をしっかりしないと出来栄えだけでなく、数ヵ月後、数年後の持ち具合が全く違いますよ。

これから庭にレンガやタイルを敷こうと思っている方は、敷くだけでなく、ぜひ下地作りから頑張ってください!

DIYで作るレンガの庭

レンガの道
以前、チェリーガーデンにレンガの小道を敷いた時にも、同じ方法で整地して下地を作っています。下地作りができれば、DIYでできることの幅も広がることでしょう!

美しく造られた庭は憧れますよね。私も地上の楽園のような植物のパラダイスを目指して日々奮闘中です。

関連商品

チャンネル名「チェリーガーデン」

YouTube配信もしていますので、よろしければチャンネル登録お願いします。

DIYの様子や、70本ほど植えているバラの姿、移り行く四季折々のチェリーガーデンの風景などを動画にまとめています。

▶YouTubeチャンネル「チェリーガーデン」

【庭DIY】何もない庭をDIYで大改造!5年間のDIYまとめ
スポンサーリンク
エクステリアDIY
スポンサーリンク



スポンサーリンク
ガーデンDIY図鑑
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました