【2021春の庭】 ビオラよく頑張った!&バラが咲き始めました

スポンサーリンク

春の庭
毎日でも庭で過ごしたい心地の良い季節になりましたね。ガーデニングにはうってつけのシーズンです。我が庭チェリーガーデンでもたくさんの花が咲いているので、当記事でご紹介したいと思います。ようやくちらほらとバラも咲き始めましたよ。

スポンサーリンク

小道沿いの花壇

小道沿い花壇
草花を植える花壇が少なかったので、今年の春先にレンガの小道に沿って花壇を作りました。植えた頃はまだまだ小さかった苗たちも、今では見事に咲き誇っています。

【花壇DIY】 庭のレンガの小道に沿って花壇を作りました
庭の入り口から家まで続くレンガの小道。この小道に沿って、新たに四季折々の草花を植えるための花壇を作りました。レンガや芝生との仕切りはなしで、イングリッシュガーデン風です。花いっぱいの道になりました。

ネモフィラビオラリナリアなどは最盛期で、小道を覆うほどに成長。もうすぐ終わってしまうのがもったいないほどの美しさです。もう少し暑くなってきたら、次は夏の花に交代していかなければなりませんね。

花の季節到来!春の花壇に植えたい、育てやすいおすすめの花
寒い冬が終わり、暖かく心地良い季節になりました。春には花を咲かせる植物も多く、ガーデニングに最適なシーズンですね。色とりどりの春の花を使って花壇を作れば、季節を感じられる癒し空間になること間違いなし!おすすめの春の植物をご紹介します。

半年咲いてくれたパンジー&ビオラの花

パンジービオラ
チェリーガーデンでは毎年、秋頃からたくさんの品種のパンジービオラを育てています。アンティーク色、フリル咲き、極小輪など、ノーマルな形や色ではないものが好きで、変わったものがあるとついつい買い過ぎてしまうほど……。

人気種から変り種まで…パンジー・ビオラの世界【チェリーガーデンコレクション】
寂しくなりがちな冬の庭を彩る花と言えばパンジーとビオラ。丈夫で開花期間が長く、初心者でも育てやすい花です。我が家の庭(チェリーガーデン)でもたくさんのパンジーとビオラを育てていますよ。

 
種から育てたビオラ
種からも育てており、半年の時間をかけて大きく大きく成長してくれました。育てたビオラはハンギングにしたり寄せ植えに使ったり、大活躍でしたよ。

種から育てたビオラが大きくなりました!成長過程とビオラのアレンジ
大好きなビオラの花を、今年も種からたくさん育てました。種から手塩にかけて育てると、花が咲いた時の喜びも一入ですよ!苗を買って育てるのでは経験できない喜びです。大きくなったビオラは寄せ植えやハンギングにして、ガーデニングを楽しんでいます。
ビオラだけを使った豪華な真ん丸ハンギングバスケットの作り方
公園やお店で飾ってあるような豪華なビオラのハンギング。ハンギングバスケットに普通に植えるだけではこんもりにはならないので、ダイソーのハンギングバスケットを使って真ん丸でボリュームたっぷりになる作り方をご紹介いたしましょう。

 
春のビオラ
冬の殺風景な庭を華やかに飾ってくれていたパンジーやビオラとも、そろそろお別れの時期が近づいています。大好きな花なので名残惜しいですが、また来年ですね。来年もたくさん育てられたらいいなあ。

バラが咲き始めました!

咲き始めたバラ
パンジーやビオラとの別れは寂しいものだけど、代わりにバラが咲き始めたのでウキウキしています!この季節のために1年間頑張ってきたようなものですからね。

フェンスのフッタカーシュリンローズとスパニッシュビューティー

スパニッシュビューティー
濃いローズ色をしたフッタカーシュリンローズと薄いピンクのスパニッシュビューティー。満開になるとフェンスいっぱいに咲き誇ります。

壁面のパレード

パレード
壁面にはパレードが誘引してありますよ。毎年非常に花付きが良いので楽しみです。太陽がよく当たる上の方から徐々に咲いてきました。

センチメンタル

センチメンタル
赤と白の紅白の絞りが印象に残るセンチメンタル。パッと目を引く鮮やかなバラ。現在1輪咲きました。

ロイヤルサンセット

ロイヤルサンセット
こちらもまだ1輪。我が家では唯一のオレンジ系のバラです。フェンスの外側にちょこんと顔を出していましたよ。大輪で目立ちます。

しのぶれど

しのぶれど
清楚で上品な雰囲気がある青系のバラ。落ち着いた大人のバラと言ったところでしょうか。毎年よく咲いてくれます。

ブルームーンストーン

ブールームーンストーン
まだ咲き始めですが、昨年買ったばかりなので咲くのを楽しみしています。花弁の外側が白っぽく、内側に紫が入る河本バラ園のバラです。

シュシュ

シュシュ
こちらも河本バラ園のバラ。花弁がクシュクシュとして、髪を留めるシュシュのような形です。河本バラ園のバラはどれも女性っぽくてとても繊細ですね。

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

ルージュピエール
真っ赤で情熱的な色合いが印象的。我が家ではなぜかあまり花数が多くないので、今年こそはと期待しているバラでもあります。

マチルダ

マチルダ
今年1番最初に咲いたのはマチルダでした。ウェーブがかった花弁と薄いピンク色が、優しくふんわりとした雰囲気を出しています。初心者にもお勧めのバラ。

花霞

花霞
今1番咲いている種類ですね。花霞か春霞かいつも分からなくなるのですけど、多分花霞だと思います。

ソフィーズ パーペチュアル

ソフィーズパーぺチュアル
チャイナ系なのでオールローズだけど四季咲きのバラ。横張りのものが欲しくて購入したものです。ピンクと濃いピンクのグラデーションが美しい!

ブルーフォーユー

ブルーフォーユー
写真ではピンクっぽいけど、綺麗な紫色をしています。一枝にたくさんの花を咲かせてブーケのようになるので、とても華やかな品種ですよ。

他の花もまたご紹介します!

春の植物
バラは他にもいろんな品種を育てていますが、まだ咲いていないものも多いので、満開になったらまた記事にしようと思います。あと少し、楽しみで仕方ありません。ワクワク!この季節のためだけに生きているような……。

ビオラやバラ以外にも現在育てている春の花について書こうと思ったのだけど、長くなりそうだったので、また今後ご紹介したいと思いますね!

関連商品

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました