100円ショップ キャンドゥのリサイクル材を使った古い土の再生方法

スポンサーリンク

キャンドゥリサイクル材
植物に一度使った土をもう一度使うことは、栄養やゴミの点から難しく、捨ててしまっている方も多いと思います。ですが土のリサイクル材を使えば、古くなった土をリサイクルでき、簡単に蘇らせることができますよ。キャンドゥのリサイクル材の使い方です。

キャンドゥのリサイクル材

キャンドゥリサイクル材
リサイクル材はホームセンターでもたくさんの種類が販売されていますが、まさか100円ショップでも購入できるなんて思いもよりませんでした。調べてみたら、ダイソーでも販売されているようですね。

用量は1.5Lと少ないので、花壇など大きな範囲には足りず使うのであればいくつも必要になってしまいますが、鉢植え数個程度ならばこれで十分だと思います。逆にホームセンターの用量の多いものだと余ってしまいますしね。

1. 古い土をふるいにかける

ふるいにかける
使い方もとても簡単。それほど手間をかけることなく古い土を再生できますよ。

まずは、今まで使っていた古い土に混ざった枯葉やゴミなどを取り除かなければならないので、一度全ての土をふるいにかけます。一度使った土だと葉や根っこなどが残っている場合が多いので、ふるいで土だけを残します。

2. 土を広げる

土を広げる
ビニールシートや新聞紙を広げ、その上一面に土を広げます。土で汚くなってしまうので、捨てられるものの方が良いでしょう。

3. 水をかけて乾燥

水をかけて乾燥
全体的に水をかけ、日光に当てて乾燥させます。これはいらないものを取り除いて乾燥させることによって、消毒効果があるのだと思います。完全に乾けばOKですが、私は3日ほど乾かしておきました。

4. リサイクル材を混ぜる

リサイクル材混合
ここでキャンドゥのリサイクル材登場。古くなった土:8に対し、リサイクル材:2の割合で混ぜます。よく混ぜ込むことで古い土が改良されるので、しっかりと混ぜ合わせました。

また、古くなった土が少ない場合は培養土を混ぜ合わせます。古くなった土:5に対し、リサイクル材:2、培養土:3の割合で混ぜ合わせます。

再生完了!

古い土の再生方法
リサイクル材を古い土に混ぜ合わせただけで、簡単に有効土壌に再生リサイクル完了です!古い土の中の失われてしまった養分も、リサイクル材を混ぜ合わせることによってしっかりと補充できますよ。一袋で一回分ではなく小さな鉢ならば何個分にも使えるので、毎回新しい土を買うよりも断然経済的だと思います。

再生用土で花を育てています!

リサイクル完了
この再生した土を使ってアメリカンブルーを育てていますが、何の問題もなく枯れずに元気に成長していますよ。株が細く50円という特価だったのですが、今では花をいっぱい咲かせてくれています。

リサイクル材で花壇を作りました

土のリサイクル材

ちなみに、花壇などの広範囲の土を再生する場合はもっとたくさん入った大きなものが必要になってきます。以前まくだけで蘇る土のリサイクル材を使って花壇作りに挑戦したので、ぜひそちらもご覧下さい。

【花壇作り】 土のリサイクル材を使って古い土を再生する方法
一度植物を育てた後の古くなった土。古い土は栄養が少なくなったり害虫などが混ざっていたりするため、使えないと思っている方も多いと思います。しかしそんな痩せた土を再生できるリサイクル材があるのをご存知ですか?土のリサイクル材で花壇作りに挑戦しました。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました