吊るして待つだけ!自然乾燥でバラのドライフラワーを作る方法

スポンサーリンク

自然乾燥ドライフラワー
美しいバラを生花で楽しんだ後は、ドライフラワーにしてインテリアなどで楽しむことをお勧めします。バラはドライフラワーにしやすい花で、自宅で簡単に作ることができますよ。本稿では、道具要らずな自然乾燥(ハンギング法)で作る方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ドライフラワーを作る方法

ドライフラワー作り方
ドライフラワーを作るには、主に2種類の方法があります。

自然乾燥

1つ目は、今回ご紹介する自然乾燥で作る方法。とても簡単な方法で、吊るして時間を置いて乾燥させるだけ。

メリットは、手間がかからず簡単にできるのと、茎の部分から長く作れるので、切り花などをそのままドライフラワーにすることができると言うことです。

ただし、色や形がそのまま残りにくいと言うデメリットもあります。

シリカゲル

2つ目は、シリカゲル(乾燥剤)を使って作る方法。食品用のものもありますが、ドライフラワー専用のものを使います。

メリットは、生花の美しい色や形に近い状態で残すことができること。

デメリットは、シリカゲルに花を埋めて作るので、長い茎をそのまま入れるのは向いておらず、花の部分だけのドライフラワーになってしまうことです。

セリアのシリカゲルを使った、失敗しないドライフラワーの作り方
庭に咲いた花や贈り物の花など、大切な思い出の花をドライフラワーにして残してみてはいかがですか?シリカゲルを使えば、鮮やかで美しいままドライフラワーにすることができますよ。セリアのシリカゲルを使って庭のバラのドライフラワーを作りました。
色も形もそのままに。シリカゲルを使ったバラのドライフラワーの作り方
庭で満開に咲き誇るバラもとても美しいですが、バラはドライフラワーにも向いており、乾燥させても美しいままの姿を保つことができます。シャビーな雰囲気がインテリアにも人気があり、部屋に飾るだけでおしゃれに。室内で美しいバラを楽しむことができますよ。

どちらの作り方も一長一短あるので、飾り方や好みに合わせてお好きな作り方でお作りください。では、自然乾燥で作るドライフラワーの作り方です。

1. バラの花をカット

花をカット
バラの花をカットします。庭に咲いているバラ、花束でもらったバラなど、どんなバラでも作ることができます。

花は開き切ったものよりも、咲き始めて間もなくの方が、ドライフラワーになった時に花弁が取れにくいですよ。茎も長めに残しておくと、出来上がってから壁や天井に飾りやすいと思います。

2. 麻ひもで束ねる

花を束ねる
葉っぱは乾燥するとくしゃくしゃとなりやすいので、要らない葉があれば全て取り除き、数本のバラを麻ひもで一つにまとめます。麻ひもは長めに残し、吊るしやすくしておきました。

一本ずつ別々に吊るした方がより乾燥しやすいですが、何本かを束ねても作ることが可能です。本数があまり多過ぎると、乾燥するのに時間がかかります。

3. 吊るして時間を置く

吊るす
直射日光が当たらない風通しの良い場所に吊るします。私は、日陰になる軒下に吊るしておきましたよ。物干し竿などがあれば吊るしやすいですね。

雨に当てると失敗してしまうので、室内のクーラーが当たる場所などでも良いかと思います。

吊るした後は、一週間から10日ほど日にちを置きます。その間は何も気にせず完全放置でOK!逆に、あまり気にして触り過ぎると、花弁が外れたり花が傷んだりしてしまいます。

4. 完成!

ドライフラワー完成
水分が完全に抜けてカサカサの乾燥した状態になれば完成です!

生花の時と同じ花とは思えないほど、だいぶ色が変わっていますね。ピンクのバラも茶色のバラも、どちらとも色が濃くなりました。花の大きさも半分ぐらいまで縮み、花びらはくしゃくしゃとしています。

ドライフラワーならではのアンティークな感じが味があり、インテリアにピッタリな雰囲気だと思います。私は好きでいくつも作っていますが、もうちょっと生花の可愛さを残したいという方は、シリカゲルで作る方法もお勧めします。

たくさん作ってブーケに!

ドライフラワーのブーケ
庭のバラがたくさん咲いた時は、まずは切り花として花瓶に入れて飾り、その後ドライフラワーにして残します。たくさん作ればブーケやスワッグにして飾ることもできますよ。

ただし、ドライフラワーは生花よりも長く楽しめますが、永久ではなく、時間と共に色褪せて茶色くなり、花弁が落ちたりして形も悪くなります。だいたい1年ほどで作り直しています。

直射日光は避けて飾った方が、より長く楽しめることでしょう。

ドライフラワーをインテリアに飾ろう

天井から吊るすスワッグ
我が家では、作ったドライフラワーでスワッグやブーケなどの植物雑貨をたくさん作り、室内を彩るインテリアとして飾っていますよ。バラ以外にも、いろんな植物でドライフラワーが作れます。

お金と手間をかけることなく庭のバラでできるのでぜひ皆様にも挑戦して頂きたいのですが、作りすぎると我が家のように、飾る場所がなくなって困ってしまうかもしれませんのでほどほどにに……。

庭の花で作ろう!ドライフラワー作りに向いているおすすめの花
生花のような華やかさには欠けるものの、アンティークな雰囲気や生花より長く楽しめることから、インテリアとしても人気の高いドライフラワー。庭で咲いた花や購入した切花を使って自分で作ることも簡単ですよ!枯れる前にドライフラワーに!
【ドライフラワーの飾り方】 スワッグを天井から吊り下げて飾る方法
色とりどりの季節の花々を使って作るおしゃれなスワッグ。今までたくさんのスワッグを作り飾ってきました。数も増えてきたので、ボリュームたっぷりに天井から吊るして雑貨屋さんのようなディスプレイにしてみましたよ。お部屋に彩りをプラス!

関連商品

使用した材料
  • 麻ひも
  • バラ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました