かご(バスケット)をプランターに!ナチュラルな寄せ植えを飾ろう!

童話やおとぎ話に出てくるようなかわいらしい持ち手のついたかご。自然素材を使ったこういったかごを使えば、ナチュラルな雰囲気の寄せ植えを作ることができます。たくさん花を詰めて、絵本の世界のような庭を作ってみませんか?

カッティングボードをリメイク!花や小物を入れて使える持ち手付きボックスへ

100円ショップでも買える木製のカッティングボード(まな板)は、ナチュラルな見た目と応用が利く使いやすさから、DIYでリメイクするのが流行っています。私も皆さんの作品を参考に、収納や庭で使えるボックスを作ってみました。

DIY初心者でも簡単にできる、カントリー風木製花台の作り方

庭の寄せ植えが増えてきたため、置いて飾れる花台が欲しくなったので手作りすることにしました。図工の時間に作るような簡単なものなので、DIY初心者の方でも数時間で作ることができますよ。室内用の机としても利用できます。

普通の鉢に飽きたらコレ!ダイソーの枡を使って作る椅子型プランター

テラコッタ、プラ鉢、ブリキ鉢、陶器鉢…。様々な種類がある鉢の中でも、特に個性的な味を出してくれる椅子型プランター。ちょこんと花を入れて置くだけで、庭や玄関をかわいく飾ってくれます。椅子型プランターの作り方をご紹介!

花より目立つ花台!?ウッドデッキパネルを使った椅子型花台をDIY

花を置くための花台が欲しい。しかしありふれた台では面白くない!せっかく作るのならば、かわいく目立つ花台を作ることにしました。子供が座れるようなサイズの、小さな椅子型花台をDIY!室内のインテリアとしても使用できます。

庭づくりの強い味方!万能なガーデンシェルフ(3段ラック)の作り方

庭を美しく飾ろうと思うと、どうしても欲しくなってくるのが花や雑貨を置くための台。今もいくつかあるのですが、春になって新たな花が増えてきたのでそろそろ新調することに。木材を使ってガーデンシェルフを手作りしました。

今年1番乗りのバラが咲きました!【バラのお手入れと管理の方法】

4月下旬になり暖かな日が多くなりました。バラの季節にはちょっと早いですが、我が家のせっかちな1本が、早くも1輪の花を付けていました。ウェーブがかった花びらが可愛いエンジェルフェイスです。満開が今から待ち遠しい!

我が家のシンボルツリー・ハナミズキ(花水木)が満開に!

別名アメリカヤマボウシとも呼ばれるハナミズキ。一青窈さんの美しいハナミズキの歌を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。桜が散り少しもの悲しいこの季節ですが、我が家ではハナミズキが庭を彩っています。

グリーンゲイブルズを夢見て・庭のライラックの花が咲きました

赤毛のアンの大ファンである私。庭にライラックを植えたのは、アンの家グリーンゲイブルズに憧れているから。4月下旬、今年もかわいらしい花が咲きました。甘い花の香りがチェリーガーデンに漂います。

庭に飾りたいアンティークなブリキの寄せ植えとブリキ雑貨のすすめ

最近の私のマイブームはブリキの寄せ植え。ブリキ鉢はジャンク系の観葉植物や多肉に似合うイメージがあるかもしれませんが、色とりどりのかわいい花を飾ってもとても素敵に仕上がりますよ。たくさんの花をブリキ鉢に飾り、庭に飾っています。

端材がたくさんあったので、アンティークなプランター掛けを作りました

今までのDIYで溜まってしまった端材たち。捨ててしまうにはもったいないし多くても置き場に困るので、活用してちょこちょこ色々な物を作っています。そこで今回も端材DIYに挑戦!ちょっとアンティークなプランター掛けを作ってみました。

四季折々の花と緑がいっぱい!春の「138タワーパーク」に行ってきました

2つのアーチを持つタワーが目印の、木曽三川公園の1つ「138タワーパーク」。無料で入れる広大な敷地を持つ公園で、市民の憩いの場として人気があります。四季折々の花を楽しめる公園と言うことで、花を見に行ってきました。

山の中に続く千本の桜のトンネル「寺尾ヶ原千本桜公園の桜」

岐阜県関市武芸川町の、標高220mの寺尾峠を越える県道に続く桜並木。寺尾ヶ原千本桜として有名な桜の名所となっています。満開時には道を覆うように両側から咲く桜が、見事なピンク色のトンネルを作り上げますよ。

春に庭で育てたい花 『チェリーガーデン春の花コレクション』

春は花の季節。 寒い冬を越え、様々な植物たちが芽吹く季節です。冬の間は寂しかった庭も、春になり、色とりどりの花が咲き始めました。春に育てたい花や育てやすい花、我が家の庭チェリーガーデンの春の花コレクションをご紹介します。

満開の桜を独り占め!贅沢な気分を味わえる「神戸町輪中堤の桜並木」

この季節、桜の名所へお出かけすることも多いかと思いますが、美しさと引き換えに我慢しなければならないのが人の多さ、騒がしさ。今回は、混雑するお花見はもう疲れたわ、と言う方には絶好の静かなお花見スポット、神戸町の桜並木をご紹介!

川岸を色彩豊かに彩る「揖斐川町桂川沿いのはなもも街道」

桜と同じく温かな春の訪れを告げる花、はなもも。岐阜県揖斐川町の桂川沿いでは、毎年4月上旬に約2,000本ものハナモモが開花します。川岸を赤やピンクの柔らかな色に染め、美しい風景を見ることができました。

山と渓谷ののどかなお花見スポット!「霞間ヶ渓(かまがたに)の桜」

岐阜県西濃地方にある池田山の麓にある渓谷「霞間ヶ渓」。桜の名所として有名で、毎年3月下旬~4月上旬頃に見頃を迎えます。桜の種類が多く、一斉に何種類もの桜が咲く様子を楽しむことができますよ。

150品種16万球の春の絶景「木曽三川公園センターチューリップ祭」

岐阜県海津市にある「木曽三川公園センター」の一大イベントと言えば、毎年春に行われるチューリップ祭です。園内に色とりどりのチューリップが一面に咲き誇る光景は、まさに絶景ですよ!

岐阜県屈指の桜の名所・百十郎桜と呼ばれる「新境川堤の桜並木」

日本中が柔らかなピンク色に染まる季節がやってきました。待ちに待ったお花見シーズン。岐阜県各務原市の新境川は、「さくらの名所100選」にも選ばれている岐阜県きっての桜の名所ですよ。川を覆うように両岸に咲く桜が言葉にできないほど美しい!

お城をバックに桜を愛でる「墨俣一夜城・犀川(さいかわ)堤の桜」

美しい桜はどこで見ても美しさに変わりはありませんが、お城と組み合わさるといつにも増して最強の絶景になると思いませんか?この組み合わせ、日本ならではの最強コンビです。そんな絶景を楽しめる墨俣一夜城の犀川堤の桜を見に行ってきました。

トップへ戻る