塗装一覧

似ているようで全然違う!ステインとニスの違いについて

木材の着色に使われるステインやニス。しかしいざ色を塗ろうと思った時、どちらを使えば良いのか、どう違うのか悩んだことはありませんか?見た目は似ていても特性は全く違うので、それぞれの用途に応じた使い方をしなければなりません。

ペイントだけで、プラスチックを使い込まれたブリキ風に塗装する方法

ガーデン雑貨でも定番のブリキ。経年変化によって新品の頃とは違った味が出るのも魅力。この雑貨をブリキにしたい!と思う時に使える、使い込まれたブリキ風な塗装方法をご紹介します。

アクリル絵の具を使った、クラシカルなゴールドアンティーク塗装の方法

ナチュラルガーデンにゴールドのものはあまり置くことはありませんが、私はアンティークが好きなので、インテリア雑貨にはよくゴールド塗装を施します。きれいな金色も良いですが使い古して錆びた感じも味があり、アンティーク感が素敵ですよね。

漆喰塗料と絵の具で質感を表現 【アイアン風塗装 Part 2】

重厚感が魅力的なアイアン(鉄製)雑貨。インテリアにもガーデニングにもアイアン雑貨はよく使われ、一つあるだけでアンティークでおしゃれになります。家に飾ってある小物を、アイアン風にチェンジしてみませんか?

鉄の質感をアクリル絵の具で表現 【アイアン風塗装 Part 1】

ナチュラルテイストからジャンクテイストまで、どんな庭や部屋にも合わせられるクラシックなアイアン雑貨。専門のアイアン塗料を使わずにアクリル絵の具を使って、鉄の質感を表現してみました。

塗るだけで漆喰の質感を表現できる漆喰プラスターの使い方

塗り跡を残すことでナチュラルな雰囲気に変わる漆喰。室内の壁を漆喰にしている方も多いのではないでしょうか。独特な質感に憧れます。塗るだけで、そんな漆喰風を簡単に表現できる塗料があるのをご存知ですか?

何で色を塗れば良い?DIYで必要な塗料の種類と用途について

DIYをしていると、必ず色を塗る場面に直面することがあります。庭のフェンスであったり部屋に飾る雑貨であったり用途は様々だけど、塗料を使うことは多いはず。さぁ、いざ色を塗ろう!と思った時、一体どの塗料を使えば良いのか迷ったことはありませんか?

アクリル絵の具を使ったアンティーク風(シャビー風)塗装の方法

使い古されて汚れてしまったアンティークなものたち。しかしその汚れやくすみが味を出し、自然な風合いがナチュラルな庭や部屋によく似合います。アンティーク風な加工ができる塗料が多種多様に販売されていますが、特殊な塗料がなくても、アクリル絵の具だけでそれに近いものを作ることができますよ。

塗ったところがたちまち黒板に!魔法のような黒板ペイントの使い方

カフェ風インテリアやナチュラルガーデンなどに人気のある黒板雑貨。手描きのメッセージボードとして利用でき、ちょっとしたところに使うだけでおしゃれ感がぐっと増します。そんな黒板を簡単に作れる塗料があるのをご存知ですか?

塗るだけでひび割れたアンティーク風に!クラッキングメディウムの使い方

長い間使い込まれ、塗装がはがれてひび割れてしまったような家具や雑貨。そんな古びた感じが良い味を出しているシャビーでアンティーク風なものは、塗り方一つで作り出すことができるんですよ。

塗るだけで使い古されたアンティーク風に!アンティークメディウムの使い方

汚れやくすみが良い味を出し、古びた雰囲気が素敵なアンティーク品。ミルクペイントやダイソーから販売されている「アンティークメディウム」を使えば、誰でも簡単に、そんなアンティーク感を出すことができますよ。

広告
トップへ戻る