塗装

スポンサーリンク
ハウツー

専用の塗料を使わずに、無機質なコンクリート風に塗装する方法

インダストリアルなインテリアでも人気な無機質なコンクリート素材。クールでカッコいいイメージがありますが、実際に一からコンクリートを施工するのは難しく手間がかかります。そこでフェイクのコンクリートがお勧め。塗料だけでコンクリート風に見せることができます。
ハウツー

塗るだけで珪藻土風の質感にチェンジ!ダイソーの珪藻土塗料の使い方

ダイソーからちょっと特殊な塗料「珪藻土塗料」が販売されていたので使ってみました。これを使えば珪藻土のようなざらっとした質感を表現できますよ。同じシリーズの漆喰塗料と使い分けて、リメイクやDIYに使ってみると味のあるものが作れるかもしれません。
エクステリアDIY

古くなったエクステリアやガーデン雑貨を塗装してリメイクしよう!

雨や風に直接当たる室外のエクステリアやガーデン用品は、どうしても時間と共に劣化していきます。そのままにすると見栄えも悪く腐ってしまうので、自分で塗装して美しく蘇らせました。塗装することで、雰囲気を変えることはもちろん、長持ちさせることもできますよ。
ガーデン雑貨DIY

プラスチック鉢をアクリル絵の具で味のある鉢にリメイクする方法

せっかく庭で花を育てるのであれば、植木鉢にもこだわりたいですよね。可愛い植木鉢はたくさん販売されていますけれど、よくあるプラスチック製のものでも塗装次第ではおしゃれなものに変えることができます。プラ鉢をアクリル絵の具でリメイクしてみました。
ガーデン雑貨DIY

キャンドゥのフェンスをアンティークなアイアン風フェンスにリメイク!

100円ショップキャンドゥで、おしゃれなフェンスを見つけたので購入しました。ヨーロピアンな形で気に入ったのですが、プラスチック製なのでどうも庭の雰囲気と合わない。と言うことで、錆びたアイアン風の塗装を施し、ナチュラルな庭に合う雰囲気にリメイクしてみましたよ。
ガーデン雑貨DIY

スリコのドリンクボトルホルダーをシャビー塗装!花台にアレンジ!

ペットボトルや缶などを入れて持ち運べるドリンクボトルホルダー。形が可愛かったので、庭で花を入れて飾る台として使うことにしました。シャビー風に塗装すれば、ナチュラルガーデンにもジャンクガーデンにも似合う花台になりますよ!
小物・雑貨DIY

ダイソーのLEDランタンを古びたゴールド塗装でアンティーク風に!

ダイソーで購入した白色のLEDのランタンを、ゴールドの古びたアンティーク風なランタンへリメイクしました。塗装の仕方次第で物の雰囲気を180度変えることができ、部屋や庭に合った自分好みの小物へと生まれ変わらせることができますよ。
ハウツー

【プラ鉢リメイク】 プラスチックをアンティーク風に塗装する方法

安価に買えるプラスチックの鉢は人気ですが、どうも安っぽくて庭に合わないと思う方もいるのではないでしょうか。そんな時はレッツリメイク!プラスチックでも塗り方次第ではじかず理想の鉢に作り変えることができますよ。プラバケツをアンティーク風に塗装しました。
ハウツー

アンティークメディウムとクラッキングメディウムでシャビー塗装をする方法

ホームセンターやダイソーで販売されているアンティークメディウムとクラッキングメディウムを使えば、新しいものを古びた雑貨へと変身させることができます。両方の塗料を使ったシャビーな塗装方法をブリキ鉢を使ってご紹介します。
ハウツー

100円ショップの塗料だけでシャビー(アンティーク)風に塗装する方法

長年使い込まれた家具や雑貨。アンティークで古びた雰囲気のあるものはとても人気がありますね。アンティーク風を塗装で再現することは意外と簡単に出来るのですが、今回は100円ショップの塗料だけを使った塗装方法をご紹介します。
ハウツー

絵の具で簡単にアンティークを表現!錆びた鉄風に塗装する方法

使い古されて錆びてしまった鉄製の雑貨。アンティークな雰囲気のある雑貨はガーデングッズとしても人気ですね。こういったものは、絵の具などを使って表現することができます。身近なものを、鉄錆風に変えてみてはいかがですか?
ガーデン雑貨DIY

【リメイク鉢】 ダイソーの素焼きの鉢をレンガ調にリメイク!

リメイク鉢やリメイク缶は自由なアイディアで多種多様なものが作れます。様々な方法がありますが、今回は粘土を使ったレンガ調の鉢を作ってみることにしました。ナチュラル系にも男前系にも似合うレンガ鉢の作り方です。
ハウツー

【エイジング加工】 石灰を使ってザラザラ質感の古びた塗装をする方法

表面がデコボコしていてザラザラした質感の小物や雑貨。漆喰風で室内の壁でも見かけることのある塗装方法です。こういったテクスチャを作るのは意外と簡単で、専門の塗料がなくても石灰で作ることができますよ。実際に素焼きの鉢を使って塗装してみました。
ハウツー

100円の鉢が高級な木製に変身!【木目風塗装 Part 2】

100円ショップで買ったプラスチック製の鉢を塗装して、ちょっと高級で光沢のある、マホガニーな木製風の鉢に変えてみました。木目塗装の方法を覚えれば、身近なものを簡単に木製風のものに変えることができるのです。
ハウツー

身近なものを重厚感のある木目調にチェンジ【木目風塗装 Part 1】

当ブログでは、アイアン風やブリキ風、アンティーク風など、様々な塗装方法をご紹介してきました。今回は木目風塗装についてです。プラスチック製のガーデニンググッズや鉢などに利用できる塗装方法です。
知識・思ったこと

似ているようで全然違う!ステインとニスの違いについて

木材の着色に使われるステインやニス。しかしいざ色を塗ろうと思った時、どちらを使えば良いのか、どう違うのか悩んだことはありませんか?見た目は似ていても特性は全く違うので、それぞれの用途に応じた使い方をしなければなりません。
ハウツー

ペイントだけで、プラスチックを使い込まれたブリキ風に塗装する方法

ガーデン雑貨でも定番のブリキ。経年変化によって新品の頃とは違った味が出るのも魅力。この雑貨をブリキにしたい!と思う時に使える、使い込まれたブリキ風な塗装方法をご紹介します。
ハウツー

アクリル絵の具を使った、クラシカルなゴールドアンティーク塗装の方法

ナチュラルガーデンにゴールドのものはあまり置くことはありませんが、私はアンティークが好きなので、インテリア雑貨にはよくゴールド塗装を施します。きれいな金色も良いですが使い古して錆びた感じも味があり、アンティーク感が素敵ですよね。
ハウツー

漆喰塗料と絵の具で質感を表現 【アイアン風塗装 Part 2】

重厚感が魅力的なアイアン(鉄製)雑貨。インテリアにもガーデニングにもアイアン雑貨はよく使われ、一つあるだけでアンティークでおしゃれになります。家に飾ってある小物を、アイアン風にチェンジしてみませんか?
ハウツー

鉄の質感をアクリル絵の具で表現 【アイアン風塗装 Part 1】

ナチュラルテイストからジャンクテイストまで、どんな庭や部屋にも合わせられるクラシックなアイアン雑貨。専門のアイアン塗料を使わずにアクリル絵の具を使って、鉄の質感を表現してみました。
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました